J2第50節・ファジアーノ岡山vヴァンフォーレ甲府は欠場

今日は朝から寒い一日で、しっかり着込んで出かけようと思っていた。しかし午後2時からテレビで中継されていた鹿島vG大阪を見て、出かける気力はすべてなくなってしまった。鹿島が自由自在にボールを散らすあのサッカーをお茶の間で見たあとで、寒いなか現場でJ2につきあえるほど私は忍耐強くはない。わざわざスタジアムまで出向いても、気温も寒けりゃ、試合の内容もお寒い始末、そしてその先に見えてくるであろう結果も・・・。修行僧でもないかぎり、15ドル(1300円)も支払って寒風吹きすさぶなかで90分間耐えることなど不可能だろう。

正直なところ、私はここのところの過密日程が祟っており、体力的にも精神的にも参っていた。そんなわけで、今日の午後は自宅でゆっくりすることにした。サッカーファンとしては非常に不本意であるが、ファジアーノ岡山の今季地元最終戦に現場で立ちあうことができなくて申し訳なく思っている。今日の試合に関しては、来場者に記念品(メモリアルカード)を配るなど、それなりの営業努力はしたようだから、ある程度(1万人)の観衆が集まったことを願いたい。

ファジアーノ岡山が今年一年で成功したことといえば、ある程度の集客にめどがついたことだけ。試合会場の運営、選手獲得や育成などの長期的なチームの運営(経営ともいえる)、そして監督と選手の人材不足、練習場の確保など、問題は山積しているのが現状だ。この現状を直視し、来年は今年を下回る成績(J2に昇格するチームがあればの話だが)にならないようにすることが最低限の目標だろう(まだ今年も最下位が確定したわけではないが)。少なくとも私が見るかぎり、今年は15ドルを払って見るに値する試合は皆無といってよかった。

最後に、先週見てきたマクシミールスタジアムの写真を載せておくことにする。

 スタジアム脇にあるモニュメント
e0092251_1935764.jpg


 メインスタンドと北側ゴール裏スタンド
e0092251_1941872.jpg

[PR]
by akira-takeuchi | 2009-11-28 19:07 | サッカー
<< 2009年度ファジアーノ岡山報告会 2010年度サッカー審判更新講習会 >>