J1第4節・ガンバ大阪vベガルタ仙台

高校野球を見ていた1時間半後に、サッカーのJリーグを見るのは貴重な経験だ。決まりごとが多くてプレーごとに合い間のある野球と違って、基本的にプレーが流れっぱなしのサッカーはよそ見もメモ書きもできないから、ここしばらく野球漬けの私の目と頭にはいたく新鮮なものに映った。高校野球終了後、甲子園球場から阪神電車で梅田に出て、JRに乗り換えて茨木駅へ。さらにバスで万博記念競技場に到着し、前半20分過ぎからアウェイゴール裏でこの試合を観戦した。

最近はサッカーの試合を見るときバックスタンドに陣取ることが多いので、ゴールの真後ろからのフィールドビジョンがこれまた斬新だった。スタンドに着いたときには、すでに仙台サポーターたちがベガルタの応援歌を歌っていた。久しぶりに聴くベガルタの応援歌が気になってしまって、しばらくの間グランドでのプレーを集中して眺めることができなかった。PLの応援でも東海大相模でも、それほど気にならずに高校野球の試合を観察できるのは、その応援に慣れていてある程度の耐性が身についているからなのだろう。そして半年ぶりに聴くベガルタサポーターの歌声には、やはり心を惹きつけるものがあるのだと感じた。

試合は前半を0-0で折り返したが、後半開始早々に仙台が#10のPKで先制した。その後は一進一退の攻防が続いたが、後半30分過ぎにG大阪も#7のPKで同点に追いついた。これで勢いづいたG大阪は後半40分、右サイドからのクロスに#14が合わせて2-1と勝ち越した。このままタイムアップかとも思われたが、終了間際の仙台のCKに対してG大阪DFが痛恨のハンド。これがまたしてもPKとなり、再び仙台#10がゴールに沈めて2-2の同点に追いつき試合終了となった。仙台は先に点を取ったあとの1-0の段階で早く2点目を取りたかったが、左からのクロスに#9(?)が合わせたシュートは惜しくもクロスバーに阻まれた。ガンバの得点は2点とも右サイドから崩したものだった。

全体を見渡しにくいゴール裏から見ていても、ゆっくりしていてミスが多いJ2に慣れた目には、正直なところJ1はすべてが速いと感じた。とにかくトラップやパスなどの技術が正確で、瞬く間にダイレクトのパスがつながる。そしてタイミングを見て逆サイドに待つフリーの選手にボールが展開される。これが同じ競技なのかと思うほど、ゴールからゴールまでが短く感じた。先制していながら2点目を早い段階で奪えなかった仙台は、実質的に負け試合だったのかもしれないが、終了間際のハンドに救われたといえよう。それにしても、この試合を見るかぎりでは、G大阪の最近の不調がうそのようにも思われた。

e0092251_22241960.jpg

[PR]
by akira-takeuchi | 2010-03-29 22:24 | サッカー
<< セリーグ公式戦・阪神v読売2回戦 J2第2節・ファジアーノ岡山v... >>