J2徳島v札幌の印象(後半)

後半も一進一退の攻防が続き、札幌の前線からのプレスがよくて徳島は攻撃を組み立てられない。そして迎えた後半30分すぎ、札幌の#11が抜け出してゴール。その後徳島も反撃したがどうしてもゴールを割ることができず、試合はそのまま1-0で終了かと思ったが、ロスタイム終了間際、徳島は左サイドでFKをもらい、それが混戦になったところを押し込んで同点に追い付いた(得点者不明)。その後の札幌のキックオフもないままタイムアップの笛。なんとも劇的な終わり方の一戦となった。
終了は15:49、やはり強風の鳴門にて。
[PR]
by akira-takeuchi | 2005-04-30 16:26 | サッカー
<< 全州ワールドカップスタジアム J2徳島v札幌の印象(前半) >>