2011年度サッカー3、4級審判更新講習会

サッカー部に所属していた頃に部費で取得させてもらった4級審判の更新講習があったので、今年も自費で参加して受けてきた。ファウルのうち、手の反則使用(ホールディング)とそれが警告に当たる場合などについて、県のサッカー協会が編集した映像を見ながら判断の見解を聞いた。協会の講師いわく、ルールブック上は相手競技者を抑える行為はその行為があった段階で、不用意でなくても無謀でなくても過剰な力で犯されなくても、相手チームには直接FKを与えることになっている、とか。だから今年は手で相手選手を抑える反則を昨年までより厳しく取っていると言われることもあるが、ルール解釈が変わったわけではなくてルールブックに従っているだけであると言っていた。まぁ・・・、審判をやっていると反則を取らなくて流してもいいようなホールディングの場面に出くわすことも多いし、実際に見た映像でもアドバンテージを取って試合を続行しているものもいくつかあったので、反則を取るかどうかの判断は難しいものがあると思うが。

ほかの案件としては、ペナルティキックのときのフェイントについて競技規則が改正されたとの説明があった。PKの助走中のフェイントは認められるが、助走を完了した後、つまり蹴るときの軸足が地面についた後にフェイントをすると警告対象になるのだとか。別の案件としては負傷した競技者が出た場合に担架を呼ぶことがあるが、このときドクターは競技場内に入れないことになったらしい。これまではドクターと一緒に担架搬送者がフィールドに入っていたが、余計な中断を防ぐ意味で、担架だけを呼ぶことができるようになったようだ。

そして最後に衝撃的なことがあった。審判が間接FKを取ったときは、蹴った後でボールが誰かに触れるまで審判は手を挙げておかなくてはならない。しかしこの挙手を怠り、攻撃側の選手が蹴ったFKが直接ゴールに入ってしまったらどうなるだろう?過去にこんな事例が岡山県リーグの試合(?)であったらしく、講習会でその映像を見せられた。単に間接FKが相手ゴールに入っただけなら、ゴールキックで試合再開になることは知っていたし、見せられた映像でもいったん認めた得点を取り消してゴールキックで試合を再開していた。しかし実際は、この場合はそうはならないらしい。審判が間接FKの合図である挙手を怠り、攻撃側の選手がFKを蹴って、その結果直接ゴールインしてしまったら、このFKは間接FKとして再度蹴りなおすことになるのだとか。最新版の競技規則123ページに、その旨がはっきり記載されている。さすがにこのルールについては、私はまったく知らなかった。というか、間接FKを取ったのならその合図を最後までするのが審判の務めだろうに。しかしそれを怠ったときの場合まで想定してルールが規定されているとは、アバウトな規則が多いサッカーのルールの中では珍しく厳格だなと思わされた次第。ルールが細かいところまで規定されているのは野球だけだと思っていたが、サッカーもルールも細かいところまで正確に理解していないと、試合を眺めることすらおぼつかないのだと痛感させられる事例だった。
[PR]
by akira-takeuchi | 2010-11-21 13:22 | サッカー
<< J1第33節・ガンバ大阪v横浜... J1第29節・ヴィッセル神戸v... >>