J2第36節・鳥栖v草津の印象

むかし草刈り場と言われていた鳥栖が、今や草津を草刈り場にしてしまうとは…。CKから先制されたが前半終了間際にFKを直接決めて追いつき、さらにCKからのはね返りを押し込んで一気に逆転。2-1とリードして折り返した後半も、終始試合を優位に進め、終わってみれば4-1の完勝。草津は中盤の守備が遅れ気味で、後半は鳥栖におもしろいようにパスをつながれた。鳥栖は中心選手が移籍してしまったけど(宮原)、バランスのいいサッカーでその影響をあまり感じさせなかった。
[PR]
by akira-takeuchi | 2005-10-15 16:34 | サッカー
<< パリーグプレーオフ第3戦・福岡... 福岡へ行ってこよう >>