マンチェスターユナイテッド・撃沈

昨夜おこなわれたUEFAチャンピオンズリーグで、マンチェスター・ユナイテッドはアウェイでベンフィカ・リスボンと対戦。
勝たなくてはならないこの試合、2-1で敗れたマンチェスター・ユナイテッドはグループの最下位となり、一次リーグ敗退となってしまった。

今でこそ、ユナイテッドとかアーセナルがチャンピオンズリーグで勝つのが当たり前という時代になったけど。
ほんの10年ほど前は、イングランド勢は一次リーグを突破することすらおぼつかない状況だった。

よしんば一次リーグを突破しても、その後のノックアウトステージで辛酸をなめつづけていた。
そう、99年にカンプノウでバイエルン・ミュンヘンを破って欧州制覇するまでは・・・。

だからユナイテッドが一次リーグで敗退しても、特別な感慨はないね。
カントナがいたころ(負けつづけていたころ)を知る者としては、ちょっと昔のことを思い出したというだけで。

・・・・・・、懐古主義なのかな。
[PR]
by akira-takeuchi | 2005-12-09 01:14 | サッカー
<< J1J2入れ替え戦について思うこと レイソルはしくじったねぇ >>