W杯ドイツ大会・日本の対戦相手決まる

W杯ドイツ大会の組み合わせ抽選がおこなわれた。
日本は、ブラジル、クロアチア、オーストラリアと同じグループに入った。
対戦順はオーストラリア、クロアチア、ブラジルの順。

このグループはどう見たって、ブラジルが一次リーグで敗退することはありえない。
ということになると、他の3チームで2位を争うことになる。
つまり日本は第1戦と第2戦が勝負なわけで、決勝トーナメント進出をかけた試合の相手がブラジルではちょっと荷が重すぎるだろう。
(もちろんブラジルが第3戦のメンバーを落としてくることも考えられるが)

オーストラリア代表のイメージってあんまりないんだけど、どちらかと言うと質実剛健でスウェーデンをちょっと下手(失礼)にしたような印象がある。
ひそかにヨーロッパでプレーする選手が多いので、日本のマスコミが言う甘い言葉を信じきっていたら間違いなくやられる。
なにせ監督は、前回の大会で韓国を3位に導いたフース・ヒディングなのだから。
監督としての実績だけくらべたら、ジーコよりもはるかに上。

次の対戦相手のクロアチアだけど、日本と対戦する前の試合でクロアチアがブラジルに負けたか引き分けているかで展開は大きく変わってくるね。
ただ、クロアチアがブラジルに負ける可能性は高いわけで、そうすると日本vクロアチアの試合でクロアチアは勝たなくてはならなくなる。
日本に勝機があるとすれば、そこだろう。

そして・・・、私は日本代表がW杯の舞台においてブラジルと対戦することを嬉しく思う。
華麗な攻撃のブラジルを相手に、腰のひけたサッカーをしてもらいたくない。
かりに日本が引き分けでも決勝トーナメントにすすめる状況になったとしても、私はブラジルにまともに勝負を挑んで欲しいと願う。
シュートをはずしてもいいから、攻める心意気というものを世界に知らしめてもらいたい。

試合の内容いかんにもよるとは思うが、勝負を挑んでその結果8-0で敗れたとしても私は納得しようと思っている。
いや、日本のサッカーは徐々に世界に知られるところとなりつつあるので、ブラジルに対してまともに勝負を挑むこと自体に観衆は声援を送ることになるだろうから。


・・・とまあ淡い幻想も抱きたくなるが、現実は甘くない。
何せ日本代表は、サッカーに必要な得点を取る能力が欠落しているのだから。
それゆえ1回勝つことはできても、2回勝つことはほぼ不可能だろう。
3試合を通じて、トータルで3点取れたら合格と言うレベルなのだから・・・。

それならいっそのこと、8-0で負けたほうが世間の注目を集めることができる。
得点力不足という問題点も顕在化する。
10年先を見すえたら、そのほうが現状の日本のためになること間違いなし。
私の予想は、1分け2敗であっさり終戦。
[PR]
by akira-takeuchi | 2005-12-10 11:03 | サッカー
<< ヴァンフォーレ甲府・J1昇格 J1J2入れ替え戦について思うこと >>