サッカー・オーストラリア代表について思うこと

W杯の組み合わせ抽選のあと、テレビや新聞でオーストラリア代表について頻繁に取り上げられるようになった。

それを見て思うのだが、やはりオーストラリアはかなり身体的に大きいね。
そしてもうひとつ思うのが、ひそかにヨーロッパ(イングランド、オランダ)でプレーする選手が多いこと。
少なくとも私の知るかぎり、日本よりも多いはず。

私が長きに渡り支援しているブラックバーン・ローバーズにも、数名のオーストラリア人選手がいる(意外と米国人も多かったりする)。
すべてのチームをリサーチしたわけではないが、このぶんだとプレミアシップでプレーするオーストラリアの選手はかなりの数にのぼるのではないだろうか。

そしてオーストラリア代表について知っていることといえば、去年ドイツで行われたコンフェデレーションズカップでドイツと対戦して3-4と惜敗しているということ。
たしか前半は2-2の同点だった。

現在のオーストラリア代表で私が知っている選手は、ビドゥカ、キューウェル(この2人は以前リーズに所属していた)。
あとは・・・、エマートン?(ブラックバーンの選手だが)
それくらいしか、すぐには思い当たらないな。

ただ、ウルグアイとのプレーオフで0-1、1-0のPKで勝ってきた以上、守備は相当固いと想像できる。
身体的にでかい選手が多いのだから、当然と言えば当然なのだが。
できれば日本としては、クロスボールでの接触や競り合いを避けて素早いパスワークで崩しにかかりたいところではないか。

そしてオーストラリアの攻撃だが、これを単純なハイボールの放り込みだけと思っていたら痛い目に遭いそうだ。
どうやら足技に長けていて、ボールのおさまる選手が何人かいるね。
そこを基点にして、日本のサイドから崩しにかかるのではないかと想像するが・・・。

いずれにしても、かなりのタレントがそろったいいチーム。
ウルグアイがプレーオフで敗退したのも、無理からぬところといった感じ。
[PR]
by akira-takeuchi | 2005-12-14 00:55 | サッカー
<< サッカー・クロアチア代表につい... ヴァンフォーレ甲府・J1昇格 >>