ガンバ大黒、フランスへ

ガンバ大阪の大黒将志(通称オグリ、B型)が、フランス2部・グルノーブルへ移籍することが決まったようだ。

私個人はフランスリーグのサッカーを見たことが1度しかないので、このフランス2部ってのがどの程度のレベルなのか今ひとつよく分からない。ただ、以前京都にいた松井大輔が当時フランス2部だったルマンに移籍し、彼の活躍もあってルマンは今シーズン1部に昇格したというから、日本人でもプレーできないレベルではないということだと思う。いきなりレベルの高いスペインやイタリアへ行くのもいいが、やや地味なフランスあたりでまず足場を固めるという意味では、よい選択といえるのではないだろうか。

これまで日本人のフォワードは、海外のクラブへ移籍してもこれといった活躍をしていない。西澤、柳沢、大久保・・・、三浦知良もしかりといえる。私は外国のチームへの安直な移籍についてはいつも辛口派なのだが、今回の大黒の移籍に関しては期待をして見ていたいと思っている。なぜなら、大黒はなんとなくやってくれそうな雰囲気を持っているから。試合中にシュートを狙える位置でボールを受けたら、彼はいつも前を向こうとしているように思う。彼のその前向きな姿勢があれば、サッカーでも人生でも成功を残すことができるのではないかと・・・。
[PR]
by akira-takeuchi | 2005-12-29 22:30 | サッカー
<< 天皇杯決勝は浦和v清水 ラグビー・トップリーグについて... >>