J1第4節・ヴィッセル神戸v鹿島アントラーズ

全体的に鹿島が押していた試合。攻撃の形は神戸よりも鹿島のほうが断然良かったが、好機を得点に結びつかなかった。前半終了間際に神戸がPKで先制したが、その直後のロスタイムに鹿島は30メートルはあろうかというFKを#5が直接沈めて追いついた。残りが15分を切ったあたりからともに攻め合ったが、勝ち越しゴールは生まれずそのまま1-1でタイムアップ。神戸の攻撃は単発な感があり、フィニッシュも少し雑だった。スタジアムの屋根が閉じていたため、応援の声が反響して非常にうるさかった(笑)。

e0092251_1193270.jpg

[PR]
by akira-takeuchi | 2007-03-31 21:45 | サッカー
<< チケット争奪戦・阪神甲子園球場編 高校野球・組み合わせ決まった >>