JFL後期第17節・カターレ富山vファジアーノ岡山

今日は自宅でJFL最終戦をテレビ観戦した。たかだかJFLの試合(失礼)であるにもかかわらず、J2昇格がかかるからという理由で放送してくれたことをありがたく思う。しかし現地からの映像を見てみると、気温は6度で天気は雨。なんとも寒々しい風情を見て、正直なところ現場へ行かなくてよかったと思った。いや、もし現場へ行けたのであれば、富山ではなく鳥栖(サガン鳥栖vベガルタ仙台)に行っていたと思うが・・・(笑)。

試合の前半は、テレビで見ていても単調な展開に終始した。両チームが中盤でボールを奪い合い、ピンボールのように中盤でボールが往復する。レベルが高いか低いかは別として、中盤でのつぶしあいとボールの奪い合いばかりが続くと見ていて眠くなる。サッカーは往々にして、勝負のかかる重要な試合ほどそのような展開になりがちなものだが。そんな調子で45分が経過し、0-0のまま前半が終了した。前半の動きを見たところ、富山の#13と#7はいい選手だと思った。

後半が始まり、ほどなくして試合が動いた。富山が左サイドから上げたクロスを、岡山DFが頭でクリアしようとしてそのままゴールに入ったのだ。自力でJFL4位以内を決めるためには勝たなければならないファジアーノ岡山は、これで点を取りにいくしかなくなった。そして結果として、この先制点から試合がおもしろくなった。先制点が入って選手の動きがよくなった富山は、ここから自在にパスをつなぐようになる。正直なところ、つぼにはまった時の富山のサッカーがこれほどおもしろいものとは想像していなかった。豊富な運動量で中盤を制圧し、相手陣内でパスを回してペナルティエリア内への進入を試みる。シュートを打つチャンスがありながらもまだパスをつなごうとするそのサッカーは、JFLではあまり見かけないスタイルだった。

受けにまわりながらも点を取るしかなくなった岡山は、前線の選手を中心にしてカウンター気味に富山ゴールに迫る。そして後半15分過ぎ、CKのあとの混戦から#?が押し込んで同点に追いついた。勢いづいたファジアーノ岡山はその後も勝ち越しゴールを狙って何度も相手ゴール前まで迫ったが、運動量はカターレ富山のほうが一枚上だったようだ。後半30分を過ぎたあたりから、息を吹き返した富山が中盤を再び完全制圧。岡山が富山ゴールに攻め込もうとしても、簡単に富山に押し戻されてしまう。終盤になると富山はFWをDFと交代させて引き分けでもよしという態勢をとり、試合はこのまま1-1で終了した。同じ時間のキックオフで4位を目指して戦っていたガイナーレ鳥取が流通経済大に0-2で敗れたため、ファジアーノ岡山の4位以内が確定した。

勝たなければならない最終戦で勝てなかった岡山と鳥取は、ともに骨のないチームであったと言わざるを得ない。それは逆にJFLが厳しい戦いの連続であることの証なのかもしれないが。しかしながら愛媛での試合を逆転で勝利して、この日自力でJ1昇格を決めたモンテディオ山形のほうがはるかに立派である。
[PR]
by akira-takeuchi | 2008-11-30 16:08 | サッカー
<< チケット争奪戦・ミスチル恐るべし JFL後期第16節・ファジアー... >>