<   2005年 07月 ( 7 )   > この月の画像一覧

パ・リーグ公式戦 福岡ソフトバンクv千葉ロッテの印象

ロッテは1回表、遊内野安打で出塁した小坂が、堀の初球に二塁盗塁に成功。堀が三振、福浦四球の一死一二塁で、カウント0ストライク2ボールからの3球目の判定について暴言を放ったとしてベニーが退場処分に。しかし代打の井上が四球、フランコ三振で迎えた二死満塁のチャンスに橋本が右前適時打。さらに李が右中間二塁打、大塚が打った瞬間にそれと分かる左越本塁打。前日とはうって変わって、あっという間に6点を先制。試合の行方はほぼ決した。小坂の出塁と、あとは井上が四球を選んだところがポイントだった。
ロッテは3回にも連打で5点を追加、あとは渡辺俊がゆうゆうの完投勝利。ソフトバンクは松中とズレータの一発のみ。大村の打球が小坂のファインプレーで3度も一塁アウトになったことも、試合の展開には影響したかも。それとこの試合では大塚も余裕で二塁盗塁を決めており、ロッテは新垣のモーションのくせを分かっているのかもしれない。いずれにしても新垣の乱調が誤算の試合だった。
[PR]
by akira-takeuchi | 2005-07-31 19:35 | プロ野球

J2第23節 ・福岡v湘南の印象

前半は0-0で折り返したのだが、中断あけの試合のせいか両チームともよく動く、見ていておもしろい試合になった。チャンスはともにあったのだが、決めきれないまま前半は終了。後半もチャンスはあるがゴールが決まらない展開が続いたが、福岡は後半の半ば過ぎ、左からのFKを#27が決めて先制。さらに#36が抜け出してGKと1対1に。チョーンと浮かしたループで2点目決めて勝負は決した。 この日の観衆は1万人を超えており、福岡はどうやら本気で昇格を狙ってきているようだ。湘南は前半にも後半にも決定的なチャンスがあったのだが、これを外してしまったことが響いた。
[PR]
by akira-takeuchi | 2005-07-31 00:28 | サッカー

パ・リーグ公式戦 福岡ソフトバンクv千葉ロッテの印象

序盤、ソフトバンク先発の杉内は制球が定まっておらず毎回のように得点圏に走者を許したが、ロッテはあと一本が出なかった。
対するソフトバンクは初回にバティスタの二塁打で先制。4回には鳥越の二塁打で追加点。ロッテ先発の清水としては、鳥越に打たれちゃねぇ…と思っているに違いない。さらな5回には二塁打を放ったバティスタがなんと三盗を決めた。続く松中が余裕で中犠飛。6回にもセラフィニから3点を奪って勝負は決まった。
杉内は中盤以降立ち直ったが、5回表のロッテの攻撃が簡単に3人で終わってしまったことで、試合の流れがソフトバンクに傾いたというのが傍観者としての感想。
[PR]
by akira-takeuchi | 2005-07-30 17:35 | プロ野球

J2・徳島v仙台の印象(後半)

後半開始早々、交代出場の萬代が同点ゴール、さらに右サイドからの梁のクロスを大柴が切り返して右足で決めて、後半14分で仙台が2-1と逆転。しかしこのまま終わることはないだろうと思ったら、案の定徳島はしぶとく、その直後に右サイドの大場からピンポイントクロスを伊藤につないであっという間に同点。そのあとはなぜかシルビーニョが松浦と交代、点を取りにいく交代だったのだろうが仙台のパワープレーは不発に終わり、やがて息を吹き返した徳島が左サイドから片岡が抜け出し、最後はまたも伊藤がきめて再逆転。仙台は大柴と村上を入れ替えて(意図は不明)同点を狙った仙台はロスタイム、CKが流れてファーに来たところを木谷がクロスバーに当てて天井に押し込んだ。最終スコサは3-3、20:55終了。審判の判定は不可解なものが多かったが、傍観者として眺めるには非常にいい試合だった。文句を言わずにプレーを続けた両チームの選手は立派だったと思う。拍手。ナイスゲーム!
[PR]
by akira-takeuchi | 2005-07-13 21:17 | サッカー

J2・徳島v仙台の印象(前半)

失礼ながら、徳島の#6・大場啓がこれほどいい選手とは…。秋葉からのロングボールを右サイドで受けてチャンスをつくり、左足で放ったシュートはクロスバーをヒットした。仙台はこの左サイドをケアするように監督が指示していたようだが、うまくいかなかったようだ。
試合は前半40分過ぎに徳島の#10・大島が見事なミドルシュートを決めて1-0で折り返した。今日の主審のレフリングには首をかしげる判定が多く、仙台は救われている印象。後半は仙台のもう少し分厚い攻撃を期待したい。ペナルティエリア付近まではうまく攻め上がれているが、クロスやシュートがいまいち雑な印象がある。
[PR]
by akira-takeuchi | 2005-07-13 20:02 | サッカー

JFL・三菱水島vデンソーの印象

なんと最終スコアは3-8(前半0-3)という、野球かと見まがうような点の取り合い。試合自体は前半で3点差が付いていたから、三菱水島に勝機はなかったかもしれないが、わずか1000円で11ゴールも見ることができて、コストパフォーマンスはよかった(笑)。
デンソーの1点目と5点目、三菱水島の3点目はどれも見事なボレー。そしてデンソー#8の選手は小柄だけど抜群に上手で、4点目をアシスト、そして軽く6点目を決めていた。簡単にボールを失わない技術は素晴らしいと思った。試合の最後のほうは両チームともスタミナが切れてしまい、雨のせいもあってか雑なプレーが多かった。三菱水島は、ボールを奪ったらもう少し確実に前へつなぎたい。マイボールになったときに、ちょっと簡単に取られ過ぎなように思うが…。いずれにしても、もう少し攻撃の形をつくりたい。3点取れたことが、次の試合以降、きっかけになるのかも。
[PR]
by akira-takeuchi | 2005-07-10 15:03 | サッカー

JFL・三菱水島v愛媛FCの印象

今日はJFLの試合が桃太郎スタジアムで開催されたので、大雨のなか岡山へ見に行ってきた。
試合を通じて三菱水島はよくボールを動かしたとは思うが、いかんせんフィニッシュの形ができない。結局、数少ないチャンスを確実に決めた愛媛FCが0-2で勝った。
しかしこの2点はGKのファンブルを押し込んだのと、シュートをDFがブロックしたはね返りをミドルで沈めたもの。たしかにいい選手が何人かいるのだが、愛媛FCもJ2昇格を目指すにはいささか力不足のようにも思えたが…。
驚いたのは、桃太郎スタジアムのピッチの芝がめくれることがいちどもなかったこと。水はけがよく、素晴らしいピッチだと思った。スタンドからの眺めは、メインスタンドの20列目よりも後ろでないと酷いもんだが。試合終了は16:48、土砂降りの岡山にて。
[PR]
by akira-takeuchi | 2005-07-03 17:36 | サッカー