<   2006年 02月 ( 8 )   > この月の画像一覧

こういう結果になったから言うわけではないのだが

トリノ五輪開幕前、とある日本人がガゼッタ・デッロ・スポルト(イタリアのスポーツ新聞)の記者に聞いたそうだ。
“日本は(金銀銅をあわせて)何個のメダルを獲ると思う?”

すると返ってきた答えは次のとおりだったとか。
“0か1だな。もし獲るとするならフィギュアだろう。シズカ・アラカワ”

そう答えたイタリア人記者が誰なのかまったく分からないのだが、彼の言ったとおりの結果になったことに驚いている。
[PR]
by akira-takeuchi | 2006-02-24 22:48 | スポーツその他

W杯チケット争奪戦・第四次販売は完敗

日本時間の昨日午後8:00から開始されたW杯チケットの第四次発売。私もさらなるチケットを求めて発売開始時間の15分前からスタンバイして挑んでみたのだが、残念ながら今のところ完敗だ。1枚のチケットもゲットできなかった。詳細はまた日記に書いてみたいと思うが、昨年の千葉マリン開催分の日本シリーズ並みに大激戦だった模様。しかし・・・、サーバーが重くなって動きが鈍いうちに狙っていたチケットがなくなってしまっていたことには無念の情を禁じえない。
[PR]
by akira-takeuchi | 2006-02-16 03:51 | サッカー

チケット争奪戦・不戦敗の巻

3月4日(土)のJリーグ開幕戦・G大阪v浦和(万博)のチケットの一般発売は、きのうの10:00からだった。しかし私はこのとき岡山の街を出歩いており、このことを完全に失念してしまっていた。気がついたときには、時すでに遅し。ネットでチェックしたときには、すべての席が“×”(予定販売枚数終了)になっていた。あ~あ、これでJリーグの開幕日にサッカー観戦できなくなってしまったよ。とほほ。いずれにしても、無事にゲットできた人にはこの試合を楽しんできてほしいと思う。
これを教訓として、野球もサッカーも去年以上に楽しめたらいいな思う次第。いちおう、今日一般発売が開始だったC大阪vG大阪(長居)のチケットは無事にゲットできたのがせめてもの救い。まぁこの試合は全席完売にはならないと思うけど・・・。
[PR]
by akira-takeuchi | 2006-02-13 00:39 | サッカー

トリノ五輪・開会式会場について

テレビを見ると、トリノ五輪のニュースばかり。そんなわけで今日はトリノのスタジアムについての話を。

トリノ五輪の開会式がおこなわれる会場は、かつてコムナーレ・スタジアムと呼ばれていた。プラティニがプレーしていたころは、ユベントスの本拠地として使用されていたスタジアムである。90年のイタリアW杯の際にトリノにデッレアルピ・スタジアムが完成してからは、コムナーレはユベントスの練習場として使われていた。しかし冬季五輪がトリノで開催されることが決定してから、コムナーレは改修工事をすることになった。そう、現地時間で今日の夜におこなわれる開会式などをおこなう会場に決まったからである。

トリノ五輪終了後は、コムナーレ・スタジアムは一部を改修してACトリノ(通称トロ)の本拠地となる予定である。またデッレアルピも改修が決定しており、その工事期間と重なる06-07シーズンだけは、ユベントスもコムナーレを本拠地として使用する予定である。改修工事後のデッレアルピは、ジャンニアニエリ・スタジアムとなる予定である。それはそうとコムナーレは、今回のイベントを機にトリノオリンピコスタジアムとなってしまうのだろうか・・・。
[PR]
by akira-takeuchi | 2006-02-10 20:44 | サッカー

W杯チケットについて愚痴ってみる

ネットで知り合った人が、ワールドカップのチケットが当たったそうだ。公式サイトで申し込んで、その抽選に当たったのではない。トヨタカップでチケットプレゼントに申し込んでおいたところ当選したらしい。要するに無料でブラジルv日本のチケットを頂戴できるというわけ。なんとおいしい話だろう。こっちは、たかだか一次リーグのチケットに100ユーロも取られ、さらに送料が25ユーロ。これだけならまだしも、1枚のチケットを買うだけのために、ドイツの銀行口座への送金手数料が5000円以上かかる。1ユーロ=140円超えの昨今、どう少なく見積もっても1試合見るのに2万円以上かかる計算だ。
こんな調子じゃ、いったいどうやってドイツ行きの飛行機代をいかにして捻出するのか・・・。懐は寒い。
[PR]
by akira-takeuchi | 2006-02-10 01:27 | サッカー

富樫洋一氏・逝去

サッカージャーナリストの富樫洋一(→参考)が、取材のため滞在していたエジプトで亡くなったそうだ(→参考)。
私が世界のサッカーに興味を持ちはじめたころ、サッカージャーナリストと呼ばれていたのは富樫洋一と杉山茂樹の2人だけだった。時代は流れ、今ではサッカーライターやサッカージャーナリストと名乗る輩が増殖したが、たいした知識も持ち合わせていない奴も多い。サッカーの知識があるだけでなく、その背景にある世界観や諸外国の歴史、文化に精通していることがサッカージャーナリストの条件と私は考えている。その条件を満たしている数少ないジャーナリストが富樫洋一と杉山茂樹の2人だと思っていたので、彼の早すぎる死は痛恨の極みである。
彼の死はいまだに受け入れがたい心境なのだが、彼が番組で語っていたことや文章につづったことをこれからの私のウェブ作成に生かしていけたらと思っている。一人のサッカーファンとして彼の冥福を祈らずにはいられない。
[PR]
by akira-takeuchi | 2006-02-08 20:06 | サッカー

W杯チケット第3次販売抽選結果

親戚一同の名前を使って、W杯ドイツ大会のチケット争奪戦に参加した。すでにパラグアイのTST-3のチケットを持っているので、それ以外の日におこなわれる試合を中心にして申し込んだ。きのうの未明に結果報告のメールが送信されていたようで、私はスペインvウクライナとイタリアvガーナのチケットが当選していた。本当はセルビアモンテネグロvオランダとかフランスvスイスが見たかったのだが・・・。
でもこれで最低でも4試合は見ることができるので、こうなった以上、もうドイツへ行くしかないなと思った次第。どんな困難も、強い意志さえあれば乗り越えることができるはず。行くしかない!
[PR]
by akira-takeuchi | 2006-02-06 00:58 | サッカー

W杯チケット・協会販売枠再抽選も落選

ありがたいことに、日本サッカー協会はW杯の参加国協会分チケットの再抽選をしてくれたようだ。しかし今日届いたメールには、またしても落選と書かれてあった。もともと期待はしていなかったが、それでも少しばかりのショックはある。そもそも日本の試合が見たくてドイツへ行くわけではないのだから、別に外れたからといってショックを受ける必要はないのだが・・・。ただ、日本のどこかに再抽選で当選した運のいい人がいることが悔しいね。豪州v日本の試合がおこなわれる日に、別の試合を見ることができるように祈っておこう。
[PR]
by akira-takeuchi | 2006-02-03 00:54 | サッカー