<   2006年 06月 ( 8 )   > この月の画像一覧

“On va voir.” ですか・・・

日本時間今朝のスペインvフランスはいい試合になったね~。期待にたがわぬ好勝負という感じ。一発勝負のトーナメントになると、先制点が勝敗の行方を左右する度合いが大きくなる。それゆえ、どちらかというと守備的で動きの少ない試合になるケースが多いものだけど。この試合では全部で4点も入ったし、しかも逆転の試合ってのは見ごたえがあったと思う。試合全体の展開や流れについてはほかの人に譲るとして、ここは後半ロスタイムに決めたジダンのゴールについて語っておこうと思う。

後半のロスタイム、左サイドでボールを受けたジダンはゴールへと突進し、ディフェンダーを一人かわしてゴールを決めた。このシュートシーンで、スペインのゴールキーパーはシュートとは反対の方向に飛んでしまったのだが、これは完全にジダンのフェイントにはまった感があった。これを見て思い出したのは2000年の欧州選手権・準決勝、ポルトガルvフランスの試合の延長戦で決めたジダンのペナルティキック(ゴールデンゴール)である。
このPKのシュートシーンで、ジダンは身体を右側に向けて助走し、軸足である左足のつま先をわざと右側に向けて踏み出しながら、身体をねじるようにして足を交差させ右足のインフロント(またはインサイド?)でゴールの左上隅へ向けてシュートを放っている。昨日の試合で見せたのもまったく同じフェイントなのだが、こんなフェイントを至近距離で決められたらゴールキーパーはたまったものではないだろう。当然、ボールが蹴られるのとは逆の方向に飛んでしまうわけで・・・。
そのような理由でジダンの3点目のシーンは、私に2000年の欧州選手権でフランスが制覇したことを想起させた。果たして今後、6年前の記憶がさらによみがえるかどうか。

そしてフランスの準々決勝の相手はブラジル。W杯の準々決勝でフランスvブラジルの対戦といえば、1986年メキシコ大会、グアダラハラ・ハリスコスタジアムでの死闘を思い出す。現地時間正午キックオフとなったこの試合は、1-1で迎えた後半30分過ぎに途中出場したジーコがPKを失敗(GKバツがセーブ)。そして延長戦を戦っても1-1のまま勝負がつかず、ソクラテス、プラティニなどの名手がキックを失敗する波乱のPKシュートアウトの末にフランスが準決勝に進出した。

過去の歴史を切り離して考えてみても、昨夜のフランスは非常にいい勝ち方をしたと思う。その勢いと、逆転勝ちした精神的な強さがあれば世界王者・ブラジルを相手にしてもいい勝負を演じることができると思う。一番重要なことは、過去にブラジルを撃破して勝利(優勝)した味を知る選手がいることだ。勝利した経験を持つことは、勝利するための条件のひとつでもある。この理由により、イングランドとポルトガルがブラジルに勝利するとは思えない。もしこの大会でブラジルが決勝戦に進めなくなるとするなら、次の試合以外にありえないだろう。

試合後のミックスゾーンで次のブラジル戦について聞かれたジダンは、一言だけ“On va voir.” と答えていた。敢えて英語に訳せば“You will see.”とか“Let's see.”。直訳すれば‘見てみよう’とか‘見るだろう’だが、そこにある意味合いは『今に分かるよ』。そのときが待ち遠しい。
[PR]
by akira-takeuchi | 2006-06-29 01:36 | サッカー

スイス、無念

今回のW杯で私がひそかにチェックしていたチームが、実はスイス。
予選の試合を何試合か見て、いいチームだと思ったのがその理由(参考→click here)。

ドイツ語圏の国であり、ひそかにドイツのチームでプレーする選手が多いこと。
そして傑出した選手がいない勤勉なチームであることがその特徴だ。
世間ではそれほど語られないが、このような玄人受けするチームを大穴と呼ぶのだよ。

ちなみにスイスはヨーロッパ予選でフランス、アイルランド共和国などと同じ組になり、このグループの2位になってプレーオフ進出。
プレーオフではトルコと対戦し、第1戦ホーム2-0、第2戦アウェイ2-4、合計4-4のアウェイゴール勝ちで本大会出場を決めた。

2年前にポルトガルで開催された欧州選手権ではさしたる印象も残さないまま敗退したが、この大会ではある程度はやるだろうと思っていた。
すると案の定、フランス、トーゴ、韓国と同じ組になった本大会をグループ首位で通過した。
昨日も、ウクライナを無失点に抑え込んだのであるが・・・(0-0のあとのPKシュートアウトで0-3)。

試合終了後、NHKのアナウンサーのコメントはまさに適切だった。
『120分戦っても勝敗が決定せず、PK戦の末ウクライナが準々決勝に進む権利を得ました』とかなんとか。

まさにそのとおり。

延長戦の30分を行って同点の場合、PK合戦で勝敗を決すると思っている人は多いようだが、記録上は引き分けになる。
そしてPKシュートアウトで多くゴールしたチームが、単に次の試合に進む権利を得るだけという位置づけになっている。
 (そのことを勝利と表現するのだと主張する人は私の文章を読まないほうがよい)

本大会で無失点のまま帰国の途についたチームは史上初なのだそうな。
しかし私が思うに、若いスイスの本当の目標は2年後の欧州選手権だ。

スイスとオーストリアが共同開催するEURO2008でスイスが6試合を無失点に抑えたとしても(それは決勝進出を意味する)、大きな驚きに値しないことを我々は知っておいたほうがよいだろう。
[PR]
by akira-takeuchi | 2006-06-28 00:48 | サッカー

あっぱれ、ニッポン

私は半年前にこのブログに、このような記事(→click here)を書いていた。
その内容を読んでみて、的中していて笑った。

More
[PR]
by akira-takeuchi | 2006-06-23 23:35 | サッカー

交流戦・中日v福岡ソフトバンク5回戦

中日は1回裏、福留、ウッズ、アレックスの3連打で1点を先制。さらに4回裏には朝倉と森野の適時打、5回裏は立浪の左犠飛、6回は谷繁の本塁打と効果的に加点し、中盤以降は継投で5ー1で逃げ切った。4回裏二死三塁となったところで谷繁を敬遠して投手の朝倉に適時打を喫しては、田之上も言い訳できまい。ソフトバンクも再三得点圏に走者を進めたが、あと一本が出ず打線がつながらなかった。中軸が出塁しても、6番以降の下位打線に非力さが否めない印象がある。ソフトバンクは走者二塁の好機で、左前安打が出て二塁走者が三塁でストップする場面が2度あったことも点差に影響した。
[PR]
by akira-takeuchi | 2006-06-17 19:01 | プロ野球

交流戦・中日v千葉ロッテ6回戦

中日は4回裏、先頭・井端が遊安で出塁。続く福留が三振の時に二盗、さらに内野ゴロの間に三塁まで進み二死三塁からアレックスの適時打で先制。さらに立浪が左線二塁打で二死二三塁となり、森野が右翼ポール際へ本塁打を放って一挙に4点を先制。中日は5回と6回にも連打で5点ずつ追加し、終わってみれば16-0の勝利。
中日は4回裏の攻撃で、出塁した井端がしぶとく三塁まで進塁したことが大きかったと思う。ロッテは序盤に安打を放って好機を迎えたが、あと一本が出ず先制できなかったことが響いた感がある。スコアの差ほどにはチーム力は差のないチームどうしの試合だった。
[PR]
by akira-takeuchi | 2006-06-09 05:20 | プロ野球

Road to Germany とチケット争奪戦・Ⅳ

明日から、ちょっと出かけてくる。今回はマイレッジCクラス欧州往復のため、飛行機代がほとんどかからないのがありがたい。チケット代はべらぼうに高くて、気絶しそうだったが・・・。しかしサッカー観戦でドイツへ行く日本人は多いだろうが、その前後に野球観戦を組み込んでいるのは私だけだろう。今回は中部国際空港とナゴヤドーム見学も、大きな目的のひとつなのさ。

 6月 8日 中日v千葉ロッテ(ナゴヤドーム)
 6月 9日 LH737:Nagoya→Frankfurt
 6月10日 England v Paraguay(Frankfurt)
 6月12日 Italy v Ghana(Hanover)
 6月14日 Spain v Ukraine(Leipzig)
 6月15日 Sweden v Paraguay(Berlin)
 6月16日 LH181:Berlin→Frankfurt
        LH736:Frankfurt→Nagoya*
 6月17日 中日v福岡ソフトバンク(ナゴヤドーム)
 6月18日 オリックスv阪神(大阪ドーム)


別の話題としてはこのほど行われたチケット争奪戦に半分勝利し、少しの幸運も手伝って7月の阪神v巨人のチケットをゲットできた(水曜日のナイターだけどね)。諸事情あって開始時刻には大幅遅刻してしまったが、発売開始から1時間15分あまりが経過した段階でかろうじて三塁側アルプス席を確保。今シーズンは阪神も巨人も調子がいいから、発売開始から30分くらいで予定枚数終了になってしまっているのではないかと思ったけど、あきらめなくてよかったわ~。悔いが残るとすれば、月曜・祝日の試合のチケットを取りそこなってしまったことだろうね。また次の機会にはちゃんとチケットを獲得して、同伴者を甲子園球場にお誘いしたいものだ。
e0092251_1214137.jpg

[PR]
by akira-takeuchi | 2006-06-08 01:25 | スポーツその他

交流戦・阪神v福岡ソフトバンク6回戦

また甲子園球場へ行ってきた。この日(6月4日)の試合は阪神v福岡ソフトバンク。幸運にも一塁アルプスの48段という、非常に全体を見渡しやすい席からの観戦。試合の途中からは少し雲が出てきて涼しくなり、比較的快適な条件での試合だった。

ソフトバンクの先発は田之上(慶三郎)。1回裏阪神は赤星、藤本の連続中前安打とシーツの右飛で一死一三塁のチャンスを迎える。しかし後続の金本が見逃し三振、濱中が左飛で無得点。このピンチの場面で4番・金本の初球に、100キロそこそこのカーブを投じたことが大きかったと思う。この初回のピンチをしのいだ田之上は、2回以降立ち直りの兆しを見せはじめた。阪神から見れば、初回の好機を逸したことが後々響いた印象がある。
阪神の先発・江草は3回まで三者凡退に抑えていたが、4回表の先頭・大村に投強襲安打を許す。江草は無死一塁のこの場面、初めて出した走者に対して3度くらいけん制球を投じていた。そして次打者・川﨑が2球目を強攻して右越本塁打を放ち、あっという間にソフトバンクが2点を先制。無死一塁のこの場面で私はバントで送ってくるのではないかと思いながら見ていたが、ソフトバンクの積極策が功を奏したという感じ。ただ大村が走ってくるとも思えず、そんなに何度も走者をけん制する必要はないと思ったが・・・。
グランド整備のあとの6回表、ソフトバンクは先頭3番・柴原が遊失で出塁(無死一塁)。次打者松中が左中間を深々と破る二塁打を放って柴原が生還。さらに四球と犠打で一死二三塁となったところで江草は降板。代わった太陽の暴投と、本間の代打・田上(秀則)の中越2点本塁打でこの回一挙4点を挙げて、試合の流れはほぼ決した。

阪神はその裏、シーツの左越本塁打と濱中の二塁打で2点を返したが、本塁打を打ったシーツの前の藤本の二ゴロ併殺打が響いた。6点差のこの場面、先頭・赤星が右前安打で出塁。田之上は走者が出た直後の初球に変化球が多かったが、藤本はカーブを見逃して2球ファールのあと注文どおりの内野ゴロ(併殺打)。藤本の場面は、初球の変化球のところで仕掛けるしかないと思ったが・・・。初球を見逃したことが敗因だろう。
全体的には四球や失策が多くて、少しダラダラした印象の試合。最終スコアは6-2、試合の終盤には田上のほか、城所、森本などあまり知らないソフトバンクの選手を見ることできておもしろかった。そして甲子園球場のライト側と一塁側アルプスの、ある種独特な統率の取れた雰囲気を体感できて貴重な経験だった。

そして最後にひとつだけ言わせていただくと、試合開始から3回くらいまで吹いていた甲子園特有の浜風が、4回表あたりから少し弱まった。そしてその直後に川﨑の本塁打が飛び出したわけで、このとき今日の流れはソフトバンクだと思った次第。浜風が吹いていたら、川崎の打球がフェンスを越えていたかどうか分からない。浜風はその後しばらくやんでいたが、8回ごろからまた吹きはじめた。甲子園球場は本当に難しい。
e0092251_0503893.jpg
     すごい数の風船だねぇ
[PR]
by akira-takeuchi | 2006-06-08 00:45 | プロ野球

交流戦・広島東洋v千葉ロッテ4回戦

尾道のしまなみ球場で広島v千葉ロッテの試合が開催されたので、午後から仕事を休んで見に行ってきた。この球場はびんご運動公園のなかにあるのだが、尾道市内からちょっと離れた山の上にある。今日はやや湿度が高かったせいか、試合がはじまるころから空が白っぽくかすんで見えたのは私だけだろうか。内外野の飛球がきわめて視認しにくく、外野スタンドから見ていた私がフライの行方を見失ったのは1度や2度ではなかった。

試合は3回表、ロッテがワトソンの中越本塁打で2点を先制。しかしその裏広島は、先頭の8番・石原が中前二塁打。この打球はおそらくロッテの中堅手・平下には、視認しにくい打球だったに違いない。薄暮で空が白っぽいため、上空に打球が飛ぶと非常に見にくかったのである。ただ、平下が目測を誤ったと表現するのは厳しすぎると思うのだが。広島は無死二塁のこの場面で9番・ダグラスが投犠打(三進)、そして1番・東出の左犠飛であっさり1点を返した。2点を先制した直後の平下のミスは、試合の流れに与えた影響が大きかったと思う。さらに広島は4回裏、新井の左越本塁打で同点に追いついた。
ロッテは5回表に再び1点を奪ったが広島はその裏、嶋の2点中越本塁打で逆転した。リードされた直後のイニングで2度も点が入ったのは、試合の流れが広島にあったということか。広島は6回裏にも5番・末永の振り逃げを足がかりに一死一三塁とし、8番・石原の左犠飛で1点を追加。終盤は高橋、永川と継投してこのリードを守り5-3で逃げ切った。試合の直接的な勝因は嶋の逆転本塁打ということになろうが、3回裏は東出、6回裏は石原が走者三塁の場面で確実に犠飛を放ったことが大きかったという印象である。
e0092251_0112621.jpg
     薄暮の状態では空が白っぽくて打球が視認しにくかった
[PR]
by akira-takeuchi | 2006-06-03 02:46 | プロ野球