<   2007年 11月 ( 2 )   > この月の画像一覧

J2第51節・京都サンガvベガルタ仙台

e0092251_131752.jpg

[PR]
by akira-takeuchi | 2007-11-25 23:59 | サッカー

谷村有美『おでかけツアー2007~もっとお側に~』

去る11月17日、長年支援している谷村有美のライブに行ってきた。
私にとって、谷村有美のライブに行くのは2年ぶりだった。

今回のツアーは『おでかけツアー2007~もっとお側に~』。
デビュー20周年を記念して、ツアーで各地を行脚するという趣向。
そのツアーの最後の公演が大阪のなんばHatchでおこなわれたので、これに参加してきたというわけ。

このコンサートのチケットは、ファンクラブで申し込んでおいた。
受け取ったチケットを見てみると、私の席はC列001番。

常識的に考えて、前から3列目のいちばん左端の席ではないかと思うのが自然だろう。
会場に着いてみると、案の定そのとおりだった。

サッカーでもライブでも、私はうしろの上のほうの席を好む傾向にある。
その位置からだと、グランドやステージ全体を見渡すことができるからだ。

特にコンサートとイングランドサッカーの場合は、席が前過ぎるとステージ(ピッチ)を見上げることになるから、全体がまったく見えない。
なのであるが、今回のコンサートではステージ全体をあまり見渡す必要がなかったので、前のほうの席で得をした心境になった。

ただ、ステージに向かって左側ってのはねぇ・・・。
谷村有美がピアノを弾くと背中しか見えないから、少しばかり寂しいものがあった。

あとは・・・、有美さん、本当に昔と変わっていないね。
相変わらず無駄話が多いっていうか。

でも会場に来ていたオーディエンスのほとんどは、それを聞きたくて集まっていたのだと思うけどね。
特に大阪では、長年DJをやっていたわけだし。

そして、ライブで彼女が歌う歌詞をよく聞くと、相変わらず間違いだらけ。
きっとファンのほうが、正しく歌詞を暗唱できるに違いない。
もともと彼女の創作物だから、創った本人がどうアレンジしようと自由なのだが。

でもね、谷村有美はよくこう言っていた。
人を感動させるのに、必ずしも正しく歌う必要はない、と。
良しにつけ悪しにつけ、何も昔と変わっていなくてほっとしたよ。

会場は、8対2で男性が多数派。

つまり会場に集まった男性の2割だけが、つがいでやって来たということだ。
私のような既婚者でありながら単独参加した例外を除けば。
ちなみに私の列は、横にいた9人がすべて男だった。

むかしからたまに聞くことだけど、谷村有美のファンにはちょっとおたくっぽい人が多いとか。
そのうちの幾人かは、加齢してメタボリック症候群を身体で表現していた。
正直なところ、見ていてあまり気持ちのいい人種ではなかったな。

ライブの最後のほうでFEEL MEを歌ったけど、オーディエンスの年齢が高齢化したせいか、いまいちパワーを感じなかった。

3年前にすみだトリフォニーホールでおこなわれた『ハートフルなX'mas』で、“何がいい?”とオーディエンスに聞いたところ、返ってきた答えは“FEEL ME”。
このときは、まだすごくノリがよかったように思ったんだけどな。

ハープなる楽器を初めて(?)見たことと、キーボードの福田裕彦氏は浜田省吾のツアーの合い間をぬって参加していたことが印象に残った。
だいたいそんなところかな。

また機会があれば、有美さんのライブには行ってみたいね。
[PR]
by akira-takeuchi | 2007-11-23 16:38 | コンサート・絵画ほか