<   2009年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧

J2第11節・ファジアーノ岡山vアビスパ福岡

今日もナイターでJリーグの試合が開催されたので、桃太郎スタジアムまで見に行ってきた。いつものようにメインスタンドに入場したのだが、メインスタンドからバックスタンド側に回る場合に、スタジアム南側のゴール裏芝生席を通ることができなくなっていたようだ。あそこのゴール裏は試合中ろくに試合を見ない子供の遊び場になっていたので、開放する必要はないと思う。スタジアム内の移動が不便になったが、サッカーの試合を運営するという観点では当然の措置だと思った。

試合は立ち上がりから岡山が攻撃をしかけたが、相変わらずフィニッシュはお粗末そのもの。ゴールマウスが3倍広くても枠には入らないシュートが2度、福岡ゴール裏に向かって放たれた。その後、福岡も右サイドでDFを振り切ってチャンスを迎えたが、クロスに合わせる選手が惜しくも届かなかった。やがて試合が落ち着き、一進一退の攻防がつづいた。迎えた30分過ぎに岡山はゴール前右サイドから#4がワンツーで抜け出してシュート、このはね返りを#11が左足でゴール右隅へ流し込んで1点を先制した。リードを奪われて福岡は反撃に出たが、FKからのシュートは2度つづけてGKとDFにはね返され、CKからのヘディングシュートは岡山DFがゴールライン上でクリア。惜しいチャンスがつづいたものの決めきることができず、1-0のまま前半を折り返した。

後半になって福岡はさらに攻撃的にくるのかと思いきや、中盤であからさまなパスミスや判断ミスを連発。体力的に消耗する後半はある程度ミスが増えるものだが、同点ゴールを狙って前がかりに攻めていても、あれほどミスが多くては攻撃が形になるまい。それでも福岡は後半だけで10本近いシュートを放ったが、そのすべてが枠外シュートだった。一方の岡山も、前がかりに来る福岡の裏を突いて2度ほど決定的なチャンスを迎えたが、一度はGKに阻まれもう一度は枠の外。後半の2度のチャンスのうち一度でも決めていれば岡山はもっと楽に勝てていたはず。楽勝となっていたはずの試合が、相手の雑な攻撃と雑なフィニッシュに助けられた1-0の辛勝になるのだから、得点力不足という根本的な問題は何も解決していないと感じた。最終的に試合は1-0のままタイムアップ、観衆は5708人だった。

試合全体の印象としては、今日は偶発的な得点でたまたま勝利したからいいものの、相変わらずファジアーノのサッカーからは何を意図しているのかが伝わってこなかった。ただ、ファジアーノの#17は試合を通じていい動きをしていたように思った。
一方のアビスパは、中盤でボールを奪われたほとんどの場面において、MFの#20と#3がファジアーノの選手よりも先に守備に返っていた。そして左サイドバックの#17は落ち着きがあり、運動量も多くていい選手だと思わされた。アビスパのサッカーは基本的に4-4-2で、両サイドバックの#17と#2がオーバーラップする場面も何度かあった。そして得点を奪われてからは、両サイドバックの位置取りが10メートル以上高い位置になっていた。後半の終了間際には右サイドの#2を下げて中盤の選手を入れ、フォーメーションを3-5-2に変更して攻撃をしかけたが実らなかった。これまでにプレーするのを現場で何度も見たことのある宮原と中払が現在は福岡に在籍していたとは知らず、己の不勉強を反省すること至極である。

e0092251_1111052.jpg

[PR]
by akira-takeuchi | 2009-04-30 01:16 | サッカー

セリーグ公式戦・阪神v横浜4回戦

e0092251_1343458.jpg

[PR]
by akira-takeuchi | 2009-04-28 23:43 | プロ野球

J2第7節・ファジアーノ岡山v横浜FC

ここの競技場では、アウェイのチームがゴールを決めたときに得点者の名前を紹介しないようだ。これまでにJ1J2の多くのサッカー場で試合を見ているが、アウェイチームの得点者をアナウンスしないスタジアムはここが初めてだ。プロ野球でもビジターチームの選手が本塁打を放ったときには、どの選手の何号本塁打かをアナウンスしている。Jリーグの運営規定で試合中に得点者の名前をアナウンスすることが定められているのかどうか私は知らないが、著しいマナー違反だと知るべきだろう。そもそも試合前には“横浜FCの皆さん岡山へようこそ”みたいなことをアナウンスしていたが、そんな必要のないことよりもほかに言うべきことがあるのが分からないのだろうか。ついでに言わせてもらうと‘席が込み合っているからつめて座ってください’という意味のことをアナウンスするにしても、もっと言い方があるだろう。非常に押し付けがましいここの競技場の関係者に、甲子園球場のウグイス嬢のアナウンスを一度聞かせてやりたいものだ。

前半は岡山が左サイドから攻撃を試みた。試合開始早々のチャンスはオフサイド(?)の反則があってノーゴールになってしまったが、それ以外にも2~3度左サイドから惜しいチャンスをつくった。やや後手に回った横浜FCだったが、前半の半ばすぎに右CKからのシュートがGKとポストに当たってはね返り、これを#2が押し込んで先制点を挙げた。その後岡山も反撃し、ペナルティエリア内で大きくバウンドしたボールを競り合おうとして横浜FCのDFが岡山の選手を突き飛ばす幼稚な反則を犯し、これがペナルティキックの判定になった。このPKを岡山#19がゴール左に沈めて同点に追いつき、前半は1-1で終了した。

後半は、横浜FCが選手を交代させてから攻撃の流れが一気によくなった。横浜FCは中盤の運動量で優るようになり、左サイドから何度か攻撃を試みようとしていた。後半の半ばを過ぎてから、横浜FCにはDFの裏を取って相手GKと1対1になるシーンが2度あり、さらには#17のFKもあったが、いずれも岡山GKのナイスセーブとゴールポストに阻まれた。終了間際にはめまぐるしい攻防がつづいたが、ゴールには至ることなく1-1のままタイムアップの笛を聞いた。

観衆は13228人、その多くが横浜FC#11を見に来ていたようだ。その証拠に#11が交代出場したときの歓声は、この日でいちばん大きかった。そして今日の試合で、岡山の選手でよく仕事をしていたのは#1、#23くらいか。岡山DFは後半になって裏を取られるシーンが2度つづいたが、それ以外の多くの場面ではうまく守っていた。ただ、岡山にはサイドバックの攻撃参加がほとんどないし、タイミングのいいサイドチェンジもないから、どんな形で攻めたいのかまったく意図が伝わってこなかった。そして横浜FCでは、GK(#16)はお粗末というほかなかった。DFからのバックパスをキックミスしたり、シュートをキャッチするのかフィスティングするのか迷った挙げ句にはじいていた。これぞまさにJ2の15位と18位の対戦を象徴するようなシーンで、私はスタンドで苦笑するしかなかった。

今日の試合は、明日の新聞でこんなふうに紹介されるだろうね。
“試合の序盤は岡山が押し気味に進め、左サイドから何度かチャンスをつくった。しかし先制したのは横浜FCで、前半の半ばに右CKからのこぼれ球を#2が押し込んだ。その後岡山も反撃に出てPKを獲得し、これを#19が冷静に決めて同点に追いつき前半を折り返した。後半はともに勝ち越しゴールを狙ったが決め手を欠き、1-1のまま勝ち点1を分け合った。”
新聞の記事には、ネガティブな内容はあまり書かれないからね。

e0092251_14022.jpg

[PR]
by akira-takeuchi | 2009-04-13 01:04 | サッカー

セリーグ公式戦・阪神v広島東洋2回戦

e0092251_11302096.jpg

[PR]
by akira-takeuchi | 2009-04-08 22:53 | プロ野球