<   2009年 05月 ( 2 )   > この月の画像一覧

J2第15節・ファジアーノ岡山v愛媛FC

晴れの国・岡山で開催される雨中戦を、一度この目で見てみたいと思っていた。サッカーをプレーしたことのある者なら誰しも経験的に理解できると思うが、雨が降って下が滑りやすくなると、トラップなどの個人技術の巧拙がより顕在化するようになる。そのような悪条件で、ファジアーノがどのようなサッカーを展開するのか非常に興味があったのだ。興味があるとともに、どうせトラップミスやパスミスを連発してサッカーにならないだろうと高をくくっていた。雨のなか試合会場に向かいスタンドでキックオフを待ったのだが、その観衆の少なさには驚いた。サッカーに雨天中止はありえないので、雨が降っただけで観衆が激減(公式発表3233人)する地にサッカーが根付くのは難しいのではないかと思った。

やがて試合が開始されたのだが、開始早々からファジアーノ岡山はトラップミスを連発してまともに前進することすらできない。さらに滑るピッチに足を取られてDFが転倒しボールをクリアしそこなうなど、目を覆うようなプレーが相次いだ。これがプロのサッカーとは、お粗末極まりないと言うほかない。さすがの私もキックオフから5分足らずで、雨のなか金を払って現場へ足を運んだ己の愚行を呪った。目の前に展開される競技が、サッカーの体をなさないことを確信したからだ。

そして大方の予想通り、試合は愛媛が支配することになった。愛媛は右サイドから攻撃を仕掛ける回数が多く、前線の#9にボールを集めようとする姿勢が感じられた。そして前半の半ば過ぎ、右CKから愛媛#8が押し込んで先制ゴールを挙げた。その後にも愛媛には惜しいチャンスがあったが、決めることができなかった。一方の岡山は、最初から最後までお粗末な攻撃に終始した。前線の#19にボールを集めたいのだろうが、意図のないキックが空中を飛びボールを何度失ったことか。このスポーツはラグビーかと見まがうほどだった。自陣ゴール前でのセットプレーをクリアして岡山の選手がボールをキープしたあと、味方選手のいない前線に意味もなくボールをキックするのを見た愛媛サポーターが、なぜもっと味方にパスをつなごうとしないのだろうとつぶやいていた。相手チームのサポーターにまでこのような指摘を受けているようでは、プロとしては失格だろうねぇ・・・。すべてがこんな調子のまま、前半は0-1で折り返した。

後半が開始され、前半とうってかわってファジアーノ岡山は細かいパスをつないで攻めようとした。しかしその攻撃も、2分と続かなかった。自陣深くでボールを奪った愛媛がカウンターを仕掛け、2本ほどパス交換したあとでボールが渡った#8のミドルシュートがゴールに決まった。このシュートは見事だったと思う。さらに前半10分過ぎに愛媛はセットプレーからのこぼれ球を拾った#16が左足でシュートを放ち、岡山GK#1のキャッチミスも手伝ってそのままゴールイン。実質的に、この3点目で試合は決まった。そのあとは両チームともガス欠したのか、流しているだけのプレーが相次いだ。終了間際に岡山は#11が左の角度のないところからシュートを決めて1点を返したが、大勢に影響はなく1-3でタイムアップとなった。

この試合では、審判も非常にお粗末だった。反則があってもアドバンテージを認めて流せばいいところで笛を吹いて攻撃を止めるし、ゴールから45メートルは離れていようかという遠い位置での間接フリーキックを一本蹴らせるのに1分以上かけるし。挙げ句の果てに、オフサイドの旗が上がっているのに攻撃を続けさせてペナルティキックの判定を下しておきながら、愛媛の選手からの抗議を受けて線審に確認し、PKの判定を取り消して間接フリーキックで試合再開(オフサイドを認めた)。ついでに言うと、審判の判定に異議を唱える私に対して、前に座っていた不細工な女がこっちを向いてうるさいと毒づく始末。ルールすら満足に理解しておらずPKの判定にぬか喜びする女が私に意見するなど、言語道断も甚だしい。ファジアーノのサッカーもお粗末なら、審判のお粗末さ加減も一級品、おまけに観衆は質も数も粗悪品といった印象の凡戦であった。唯一の収穫は、私が投書した影響か、アウェイチームの得点者もスタジアムでアナウンスするようになったことを確認できたことだけだった。

e0092251_2354426.jpg

[PR]
by akira-takeuchi | 2009-05-17 23:56 | サッカー

J1第10節・ヴィッセル神戸vモンテディオ山形

今年のシーズン序盤にJ1を席巻しているモンテディオ山形のサッカーがいかなるものかをこの目で確かめてみたいと思い、神戸へ遠征してきた。ここしばらく地元での試合を中心に観戦しているため、J1の試合を見るのは2007年10月以来だった。しかし、試合開始前に発表されたモンテディオの先発メンバーを見て意外な気がした。お目当てともいえる#15と#9の名前がなかったのだ。あとで知ったのだが、2人とも負傷欠場だったらしい。攻撃の中心ともいえるこの2人が出場しないのが分かっていれば、わざわざ神戸に出向く必要もなかった(笑)。

試合が開始され、山形はタイミングのいいサイドチェンジと短いパスでゴールを目指した。ワンタッチで大きくサイドチェンジするシーンが前半だけで3度ほどあったのには恐れ入った。しかし私が愚考するに、山形にはどうやら前線に攻撃の起点となる選手が不在となっていたようで、今ひとつ攻撃に厚みが感じられなかった。一方の神戸はどうやって相手ゴールに近づいていきたいのか判然とせず、ロングボールを前線に送る攻撃が中心だった。神戸の攻撃は前の3人(#21、#9、#18)が中心なので、この3人にパスが通らなければゴールチャンスは生まれなさそうに思った。互いに一進一退の攻防が続いたあと、前半30分過ぎに山形はペナルティエリア右でFW(#19?)が前を向いてシュートを放つも惜しくもクロスバーの上を通過。その直後の神戸の攻撃で#18がいい形でボールを受けて前進し、前線の#21にフィード。このパスを受けた#21がDFを一人かわしてゴール右上隅にシュートを沈め、神戸が1点を先制した。

後半になると山形も前線に長いボールを送る回数が増え、サイドを使って攻めようとしていた。しかし神戸の守備がよかったせいもあろうが、攻撃が少しかみ合わない印象だった。そして後半の半ばすぎ、山形は自陣ゴール付近でFKを得たがこのリスタートからのパスを途中出場したばかりの神戸#7にかっさらわれ、そのままループシュートを決められて2-0となった。さらに前がかりに攻めたいところだったが、山形は中盤でパスミスを連発してしまい前に進めなくなった。神戸はさらに#7からの攻撃で最後は#17が3点目のゴールを決めて勝負は決した。その後、山形も途中出場の#32が1点を返したが、3-1でタイムアップとなった。観衆は10574人、悪天候のためホームズスタジアム神戸の屋根が閉じられており、反響する歓声の大きさに驚かされた。

e0092251_01904.jpg

[PR]
by akira-takeuchi | 2009-05-07 00:19 | サッカー