<   2010年 04月 ( 5 )   > この月の画像一覧

J2第8節・ファジアーノ岡山vザスパ草津

ザスパ草津の関係者には失礼な話かもしれないが、最下位のチームに負けるのだからファジアーノ岡山はもっと弱い。先週ジェフ千葉に勝ったからという根拠のない理由で、今週も勝てると思っていた選手やサポーターは多かったのだろう。しかし千葉に勝てたのは選手全員がハードワークして、守備で貢献することができたから。選手11人全員が100%かそれ以上の仕事をできなければ、最下位相手でも負けるのだとよく認識すべきだろう。世間一般のファジアーノ岡山の評価は、所詮その程度のもの。勘違いや幻想は早いうちに捨てて現実を見据えないと、今シーズンも19位に定着する日はそう遠くないのではないかと思わされた試合だった。

草津の布陣は私が試合前にリサーチしていたとおりの4-4-2だった(一部スタメンは予想と違っていたが)。そして試合全体で考えたときに#6の運動量は群を抜いていた。前半は左SBの#16が左サイドから何度も攻撃に加わってきた。#16、#14に#6が絡んで攻め上がったのは1度や2度ではなかったように思う。そして前半の半ば過ぎ、中央から出たスルーパスに走り込んだ草津FW(?)を岡山DFが倒してPKの判定。これを#30が左隅に沈めて1点を先制した。その後は完全に草津の流れになり、岡山はマイボールになってもボールの出し所がなく、あからさまなパスミスでボールを失うという毎度お決まりのパターンの繰り返し。前半は0-1のまま終了したが、草津の左サイドの攻撃を封じるために岡山#9をもっと高い位置に張らせるとかそのたぐいの作戦もあったように思うが、前半だけ見ていたらまったく無策だった。

後半開始早々岡山に得点チャンスが訪れたが、これを逃したことが結果的に響いた。後半になっても岡山は完全に走り負け。ボールを自陣深いところで奪っても、パスを出すコースがない状態がつづいた。草津はおそらく試合前からの予定どおり、体力的に負担のかかる両サイドハーフを順次交代。単純な失策でピンチを迎える場面もあったが、岡山の決定力不足にも助けられた。今季未勝利の草津にとって最後の15分ほどは非常に長く感じたと思うし、スタンドから見ていても少し混乱しているのが分かったが、どうにか凌ぎきって0-1のままタイムアップとなった。今日の試合を見るかぎり、単純なミスでボールを失わなければ今後草津が連敗することはないようにも思えた。今季未勝利の相手に地元で零封の完敗を喫するようでは、シーズン終了時の岡山には19位の位置がふさわしいのかもしれない。

e0092251_23243474.jpg

[PR]
by akira-takeuchi | 2010-04-25 23:25 | サッカー

SPITZ JAMBOREE TOUR 2010

2年ぶりにSPITZがツアーをおこなうと聞きつけ、チケット争奪戦を勝ち抜いて倉敷市民会館へ出向いてきた。MCで草野マサムネが語っていたが、倉敷市民会館はこの2年ほどの間に改装工事をおこなったので、トイレがホテルのようにピカピカになっていて驚いた。たかだか2000人ほどしか収容できない地方都市の市民会館にSPITZのようなビッグネームがやって来ることはちょっと意外な気もするが、これまでのツアーで彼らが公演をおこなっている会場を見るに、器が大きいかどうかはあまり関係ないのだろう。チケットの値段もほかのアーチストと比較して低めの設定だし、商売っ気と飾りっ気がないのがSPITZのいいところだと思う。

今回は1階席の最後列(29列目)だったが、上に2階席がせり出している影響もあるのか、ドラムやベースの音が私の腹にずんずん響いてくるような感じで届いてきた。ステージまでは遠かったが、気のせいか音が近いと感じた。オーディエンスのビヘイビアーを見るに、コアなファンは1階席前方の3分の1くらいまでかなと思ったが、中盤以降のチェリー、スパイダー、俺のすべて、メモリーズあたりからはノリノリになった。まぁ・・・岡山は田舎なので、大都会でおこなうライブと比べるとイマイチなのかもしれないが(笑)。いつもよりちょっと無駄話が多くて、想定していた2時間を10分ほどオーバーして終了。今回のツアーはアルバムを発売する前におこわれているのだが、神戸国際会館での公演も行く予定なので今から楽しみにしていよう。
[PR]
by akira-takeuchi | 2010-04-24 22:31 | コンサート・絵画ほか

J2第7節・ファジアーノ岡山vジェフ千葉

野村克也トークショーを見に岡山市民会館へ行ったので、録画しておいたJ2の試合は帰宅後見た。正直なところ、こんな試合もあるのかなという印象だった。これだけ一方的な展開で攻め込まれたほうが勝つのは、サッカーでも野球でも100試合のうちで1試合くらいだろう。不確定要素の多いサッカーというスポーツの持つ競技特性ゆえ、引いて守ってカウンター狙いの戦術がはまれば、後半に放った2本のシュートだけでも勝てるのだと痛感した。

ただ、冷静に考えていくと、千葉が岡山の攻撃を少しなめていた節がある。後半、岡山のはじめてのCKのときに、ニアポストに走り込んだ選手が頭ですらして後ろに流すサインプレーを試みた。このサインプレーは実らなかったが、続く2度目のCKでもニアポストのマークは甘く、あっさりと#9が同点ゴールを頭で叩き込んだ。最初のサインプレーを見てCKのニアポストをもっとケアしなかったのは、千葉DFが岡山のセットプレーを甘く見ていたからにほかなるまい。その後、岡山DFの最終ラインがよくがんばったとも言えるのだろうが、千葉の攻撃は精彩を欠いており、楽して勝とうとする驕りを感じた。サイドに散らしたら、次は中央を突くといった工夫が千葉にあってもよかったように思う。結局、千葉陣内でのセットプレーからのカウンターが決まり、終了間際に岡山#10が決勝ゴールを挙げて2-1でタイムアップとなった。

こんな内容の試合をビデオで見ても、次の対戦相手の草津は何の参考にもならないだろう。90分のうち80分くらいは自陣に引いて、岡山がただはね返すだけ。強いて言うなら、岡山のセットプレーに注意することと、攻撃する時は岡山DFの最終ライン4人を外におびき出すように攻めたいということくらいか。なかば泥棒同然のやり方で毎回勝利を盗み取ることができるほどこの世界は甘くないと岡山は心得ておくべきだろう。試合中の実況を聞いてふと思ったのだが、この試合ではビジターセクションのチケットが完売になっていたという。たかだか7000人程度の観衆でスタンドには空席が目立つというのに、一部の席種が売り切れているというのは不自然な話だ。前売りチケットの販売状況で席種ごとの需要は把握できるはずなので、バックスタンドの緩衝席をずらしてアウェイ席を拡大するなどの柔軟な対応を望みたい。
[PR]
by akira-takeuchi | 2010-04-22 01:44 | サッカー

セリーグ公式戦・阪神v東京ヤクルト2回戦

e0092251_227173.jpg

[PR]
by akira-takeuchi | 2010-04-10 22:30 | プロ野球

セリーグ公式戦・阪神v読売2回戦

e0092251_2243853.jpg

[PR]
by akira-takeuchi | 2010-04-07 23:00 | プロ野球