<   2010年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧

W杯南アフリカ大会・グループリーグ終わった

今回の大会は現場へ行かなかったので、お茶の間で見たい放題テレビ観戦できる。自宅でW杯を見ることがこれほど楽なことだったとは、この12年間忘れていた感覚だ。実際のところ、現場へ行くと実際にスタンドで見る試合以外は、ニュースですら見ることはほとんどない。だから、どこのチームが勝ち進んで決勝トーナメントがどんな組み合わせになるかなんて、翌日の新聞を見るまで知らないなんてことはざらである。そんなわけで現場へ行っていると、大会に関わっているのにある種の疎外感のようなものを感じていたから、今回はフルにすべての試合に関わっているような錯覚を覚える。

そんなわけで、一次リーグの試合をテレビで20試合くらい見たが、まず驚きに値したのはニュージーランドだ。過去のW杯の歴史で勝ち点を挙げたこともなかったチームが、3試合連続の引き分け。これまでニュージーランドではW杯と言えばラグビーだったのだろうが、今大会を機にフットボールにもW杯があると知ったニュージーランド人は多かったことだろう。ラグビー人口が減少してサッカー人口が増えてしまっては困ろうが(実際に豪州ではそのような現実があるらしい)、来年ラグビーのW杯を開催するニュージーランドが今後W杯出場国の常連となるのかもしれない。

そして次に驚いたのがスロベニアだ。ロシアをプレーオフのアウェイゴール数でくだして本大会に出場したとはいえ、正直なところ私は少しスロベニアを見くびっていた。勤勉で個人のテクニックにも優れた11人が揃うスロベニアのサッカーをもっと見たいと願ったのだが、残念ながらイングランド戦のラスト30分ほどはイングランドにスタミナ面でもフィジカル面でもやや引けをとってしまい、前半に奪われたリードを追いつくことなくタイムアップの笛を聞いた。同時刻にキックオフされていた試合が終了間際のドノバンのゴールで米国が勝ったため、スロベニアのW杯はその瞬間に終わりを告げてしまった。またスロベニアのサッカーを見るのに4年(欧州選手権も含めれば2年だが)も待つのはあまりに長い歳月と言わざるを得ない。岡山県とほぼ同じ人口の国が日々の日常でどのようなサッカーを展開しているのか、その国内リーグを一度この目で確かめにスロベニアという国へ赴いてみたいものだ(今回の大会に出場している選手の多くは国外でプレーしているが)。

最後に開催国についてであるが、正直なところ南アフリカというと治安が悪い国というイメージしか抱いていなかった。旅行者の間でヨハネスブルクは治安が世界最悪と言われるのだから、それも無理からぬことであるが。しかし大会を通じて届く映像を見るかぎり、それほど治安がメチャクチャな国でもないように思えてきた。少なくとも、町行く人がすべて泥棒というわけではなさそうだ。治安だけでなく気候や食生活も違うため、胃腸の弱い私にとってアフリカ大陸という地はたしかに非常に高いハードルではある。しかしもしこの世に生を享けているうちにかの大陸を訪れることができたら、きっとそれは私の旅の歴史で大きなアチーブメントになるのだと思えるようになった。一次リーグの試合でスタンドには空席が目立ったが、その空席が私とアフリカ大陸との距離感をあらわしているのだと思うし、もし次にアフリカ大陸のどこかでW杯が開催されたなら、あの空席を私の身体で埋めてみたいものだ。

そして今夜おこなわれるドイツvイングランドは、私の旅の経歴に影響を与えた試合である。66年のW杯イングランド大会の決勝戦や70年メキシコ大会の準々決勝はリアルタイムで知らないが、トリノでおこなわれた90年のイタリア大会準決勝は私の脳裏に深く刻み込まれている。10年ほど前にユベントスの試合を見に、今はなきデッレアルピを訪れたが、スタンドについた瞬間に思い出したのはPK戦にまでもつれ込んだこの試合だった。さらにウェンブレーでおこなわれたEURO96イングランド大会の準決勝も印象に残る試合のひとつだ。この試合のPK戦でアンドレアス・メラーが決めた最後のペナルティキックは、いまだに私の脳裏から離れない。クロスバーに強くヒットして高い金属音とともにゴールネットに吸い込まれたあのPKと、それ以外の5人のドイツ人キッカーがことごとくサイドネットの上隅に沈めたペナルティキックは、外国でサッカーを見たいと思う私の背中を強く後押しした。蘭白共催となったEURO2000でも、この両国はグループリーグで対戦。その試合がおこなわれた日、私はオランダのアーネムでポルトガルvルーマニアの試合を見ていたし、その試合のあとでテレビでドイツvイングランドの試合を見た記憶がある。

これほど幾多の名勝負が残るドイツvイングランドの対戦は、歴史的背景もあって必要以上にヒートアップする。W杯は国家の威信をかけているとか、W杯では内容は二の次で勝つことだけが正義だとか、いろいろ論う人は多いが、さすがにこの対戦にかぎっては私も同調せざるを得まい。もし私がこの試合の現場に居合わせていたら、ゴッドセイブザクイーンを歌っていることは間違いないだろう。個人的にイングランド、そして英国に対する敬意を忘れてはいない。なぜなら私がはじめて訪れた外国がイングランドだったのだから。その選択が間違っていなかったから今の自分があるのだし、その後に欧州のほとんどの国でサッカーを見ることができたのだと確信している。しかし私の知る1980年代以降、代表ではイングランドはドイツの後塵を拝することの多いこと。その大いなる潮流は、少々のことでは変わりそうにないと事あるごとに痛感させられる。ゲルマン魂とライオンハート、ともに不屈の精神をもった民族同士の対決、そして伝統的に中盤のないサッカーでエンターテイメント性に乏しい国同士の対決、語りつくせばきりがないが、今夜の試合が私を今度はどこの町へ旅立たせるのだろうか。
[PR]
by akira-takeuchi | 2010-06-27 21:51 | サッカー

W杯南アフリカ大会・決勝トーナメントへ

昨日でW杯の一次リーグが終了した。全体的に欧州勢が不振だと言われる。フランス、イタリアが3試合で帰国の途に着くと大会前に予想した人は、かなり少数派だろう。しかし、商業主義が蔓延した現代サッカー界の過密日程のせいで、ヨーロッパの選手は全体的に疲弊してしまっている。それに加えて準備期間が短いのだから、調子が上がらないままに敗退が決してしまうことは想像に難くなかったというのが私の印象である。逆に言うなら、最終戦で決勝トーナメント進出を決めたイングランド、ドイツ、ポルトガル、スペインは立派だったといってよいだろう。だが、この2チーム同士が次の試合で対戦することになるとは、欧州勢にとって気の毒としか言いようがない。オランダもスロバキアとの対戦となるので、ベスト8には欧州から3チームしか進出することができない組み合わせになってしまった。90年代中盤のボスマン裁定以降、ヨーロッパへの一極集中に加速が進んだ現代サッカー界のヒエラルヒーに、そろそろメスが入ってもいい頃ではなかろうか。さもなくば、W杯はこれからもスポイルされ続けることになる。実際のところ、チームの完成度や試合のエンターテイメント性では、チャンピオンズリーグのほうが秀でているのは間違いないのだから。

そんな現代のW杯では、すでに巨額の富を手にした欧州の選手よりも、自分をアピールする場と捉える選手のほうがモチベーションが上がりやすいのだろう。南米から出場した5ヶ国がすべてベスト16に残ったのは、その象徴的な例といえる。アフリカは、20年ほど前までは個人の能力がすば抜けていた印象があるけれど、ある種の戦術にのっとってプレーする近年はどこか凡庸に感じられる。なんとなく欧州化したせいで、荒削りなその魅力が薄れてしまった。さらに近年、若いうちから欧州に渡るアフリカ人選手が多くなったせいか、ヨーロッパ人のように個々の主張ばかりが強くなっては、チームとしてまとまって勝ち進むことは難しいのかもしれない。その他では、米国、メキシコ、韓国、日本がベスト16に勝ち進んだ。北中米の米国、メキシコはともかく、アジアから2チームも勝ち残るとは衝撃的である。大会前からある程度の評判を聞いていた韓国はさておき、日本が勝ち残るとはまさにミラクルである。グループリーグで対戦したカメルーンやデンマークがお粗末だった側面は否めないが、いったいどのような魔法をかけるとチームがこれほど見違えるのだろうか。

そして決勝トーナメントからは、すべて一発勝負の世界になる。ここからが本当のW杯とも言えるし、予定調和の世界とも言える。過去に勝ったことがあるかどうか、これこそが勝つための条件である。その証拠に、W杯の決勝戦に進出したチームで優勝経験がなかったチームはこの30年で12年前のフランスだけ。さらに遡るなら、初優勝をかけてアルゼンチンとオランダが対戦した78年大会ということになる。そんなわけで決勝戦の組み合わせを予想すると、やはりブラジルvドイツまたはブラジルvアルゼンチンということになる。アルゼンチンは一次リーグの出来がよすぎたので、逆に先に失点したときなどに一抹の不安が残る。ドイツは次の相手がイングランド、勝ってもアルゼンチンという厳しい組み合わせになった。ブラジルは準々決勝で対戦することが見込まれるオランダが最初の山といえる。それ以外のベスト4は、実力が伯仲していてどこが勝ち進んでもおかしくない。南米勢は堅実だし、南米予選で高地での試合を強いられているので、チリ以外の4チームが南米からすべてベスト4まで勝ち残っても驚きには値しないだろう。

そして日本についてであるが、繰り返しになるがこのブログを書くに当たってまだ次の試合を控えているというのは驚きである。大会前に3試合で帰国の途に着く一番手に挙げていたのが日本だったのだが。しかし日本の世論というのはいい加減なものである。大会前にあれだけ批判的なことを書き並べておきながら、ちょっと2試合勝っただけで浮ついた記事の多いこと。挙げ句の果てに優勝までいけるというのには失笑を禁じえない。ベスト16に勝ち残ったこの段階で日本代表に関して書かれた個人のブログの批判的な記事に、サッカーを見る目がないだのとコメントが多数寄せられているのを見かける。そんなコメントしかできない低俗な連中は結果論でしか語ることができないわけで、サッカーの本質やW杯の難しさなどが理解できようはずもない。私個人は、大会前にまともなチーム編成もできなかった日本の監督に対しては批判的な考えを変えていないし、マグレ(奇跡的に決まった2つのFK)で勝ったからといっていい気になるなと思っている。細かく見ていくと、日本はDFに小さな失策が非常に多いし、中盤でミスしてボールを与えなければ日本にゴールを許すことはないように思える。次の対戦相手であるパラグアイは、見た感じは日本より中盤の動き出しが速いので、そのあたりを生かそうとするのではなかろうか。日本と同様、パラグアイもベスト8に進出したことはない国。98年のW杯でジダンのいないフランスと対戦し、延長戦にまで持ち込んだもののローラン・ブランにゴールデンゴールを許した悔しさを晴らすには、日本のような国との対戦はいい機会だと思っていることだろう。
[PR]
by akira-takeuchi | 2010-06-26 23:41 | サッカー

W杯南アフリカ大会開幕

あと数時間でW杯が開幕する。私にとって12年ぶりに家でテレビ観戦する大会となる。現地へ赴くためには、多大な体力、財力、そして強い動機付けが必要だ。今回は治安に特殊な要素を抱える国での開催だけに、お茶の間でテレビ観戦するほうがお気楽極楽というものだ。ワールドトラベラーとしては南アフリカという国にあまりいい印象を持っていないだけに、いまだにW杯が開催されることに懐疑的にならざるを得ない。本当に南アでW杯が開催されるのは現実なのかと思わされてしまう。

今回の開催国はアルゼンチン大会以来の南半球での開催、さらにメキシコ大会以来の高地での開催となる。これらの要素が、試合展開や結末に多大な影響を及ぼすのではないかと思う。私は世界各国を旅して回ったが、標高が高いとか赤道を越えて気候が変わることに順応することは生物学的に簡単ではない。それゆえ、温暖な北半球からやって来る欧州やアジアの人々は、今大会で苦労するのではなかろうか。

それゆえ、せまい欧州での予選でいいパフォーマンスを見せていたからといって、必ずしも欧州列強が上位進出するとは思えない。選手層が必ずしも厚いとはいえないフランス、ポルトガルあたりは、一次リーグでの敗退も十分に考えられる。A組は高地に慣れている地元南アと、南半球からやって来たウルグアイが決勝トーナメントに進むと思う。B組は、実力だけならアルゼンチンとナイジェリアだろう。この両チームが初戦で激突するので、もしどちらかが敗れれば韓国にもベスト16へ進む可能性がある。C組からはイングランドにはとっとと帰国してもらいたいものだ。プレミアシップで疲弊した選手たちが、寒くて標高の高い国で7試合すべてでパーフェクトなパフォーマンスを見せることが可能とは到底思えない。イングランドは初戦の米国戦でしくじって引き分け、C組2位になってD組1位のドイツと決勝トーナメント1回戦で対戦し、帰国の途につくことを希望する。C組は米国とイングランド、D組はドイツと豪州が勝ち抜けると見る。

ここまでは結構メチャクチャなことを書いてみたが、E組は強いところが勝ち抜けそう。それほど際立って日本が弱い。オランダとカメルーンで決まりかな。デンマーク人は寒さには強いだろうけど、平らな国なので標高の高いところでは勝てない(笑)。F組はイタリアがスロースターターぶりを発揮しそう。実力的にはちょっと差があるが、パラグアイとニュージーランドが勝ち抜けてイタリアが一次リーグで敗退しても、驚きには値しないと思う。というか、あまり情報のないニュージーランドのサッカーをたくさん見てみたいものだ。G組はさっき書いたとおり、8年前と同様にポルトガルはとっとと帰国の途につく。勝ち抜けるのはブラジルとコートジボワール。そしてH組はスペインの呼び声が高いけど、初戦のスイス戦でしくじれば一次リーグ敗退もある。スイスは比較的標高の高い国だ。いっそのこと、スペインには3試合でバカンスに行ってもらい、チリとスイスが勝ちぬけてもらうことにしよう。

・・・と、こんな感じが最初の48試合の予想。というか希望だな。できれば普段の欧州リーグで見ている選手にはとっととお引き取りいただいて、あまり見る機会のない国のサッカーを楽しんでみたいと思う。そして最終的には、ブラジルとドイツの決勝戦。そんなわけでフランス、ポルトガル、イタリア、スペインには、早々とバカンスを楽しんでもらいたい。そして治安が悪いと言われる南アフリカという国が実際にはどんな国なのかを、今回の大会を通じて知りたいと思う。
[PR]
by akira-takeuchi | 2010-06-11 22:17 | サッカー

セパ交流戦・阪神v福岡ソフトバンク3回戦

e0092251_2025561.jpg

[PR]
by akira-takeuchi | 2010-06-06 21:02 | プロ野球