<   2010年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧

2011年度サッカー3、4級審判更新講習会

サッカー部に所属していた頃に部費で取得させてもらった4級審判の更新講習があったので、今年も自費で参加して受けてきた。ファウルのうち、手の反則使用(ホールディング)とそれが警告に当たる場合などについて、県のサッカー協会が編集した映像を見ながら判断の見解を聞いた。協会の講師いわく、ルールブック上は相手競技者を抑える行為はその行為があった段階で、不用意でなくても無謀でなくても過剰な力で犯されなくても、相手チームには直接FKを与えることになっている、とか。だから今年は手で相手選手を抑える反則を昨年までより厳しく取っていると言われることもあるが、ルール解釈が変わったわけではなくてルールブックに従っているだけであると言っていた。まぁ・・・、審判をやっていると反則を取らなくて流してもいいようなホールディングの場面に出くわすことも多いし、実際に見た映像でもアドバンテージを取って試合を続行しているものもいくつかあったので、反則を取るかどうかの判断は難しいものがあると思うが。

ほかの案件としては、ペナルティキックのときのフェイントについて競技規則が改正されたとの説明があった。PKの助走中のフェイントは認められるが、助走を完了した後、つまり蹴るときの軸足が地面についた後にフェイントをすると警告対象になるのだとか。別の案件としては負傷した競技者が出た場合に担架を呼ぶことがあるが、このときドクターは競技場内に入れないことになったらしい。これまではドクターと一緒に担架搬送者がフィールドに入っていたが、余計な中断を防ぐ意味で、担架だけを呼ぶことができるようになったようだ。

そして最後に衝撃的なことがあった。審判が間接FKを取ったときは、蹴った後でボールが誰かに触れるまで審判は手を挙げておかなくてはならない。しかしこの挙手を怠り、攻撃側の選手が蹴ったFKが直接ゴールに入ってしまったらどうなるだろう?過去にこんな事例が岡山県リーグの試合(?)であったらしく、講習会でその映像を見せられた。単に間接FKが相手ゴールに入っただけなら、ゴールキックで試合再開になることは知っていたし、見せられた映像でもいったん認めた得点を取り消してゴールキックで試合を再開していた。しかし実際は、この場合はそうはならないらしい。審判が間接FKの合図である挙手を怠り、攻撃側の選手がFKを蹴って、その結果直接ゴールインしてしまったら、このFKは間接FKとして再度蹴りなおすことになるのだとか。最新版の競技規則123ページに、その旨がはっきり記載されている。さすがにこのルールについては、私はまったく知らなかった。というか、間接FKを取ったのならその合図を最後までするのが審判の務めだろうに。しかしそれを怠ったときの場合まで想定してルールが規定されているとは、アバウトな規則が多いサッカーのルールの中では珍しく厳格だなと思わされた次第。ルールが細かいところまで規定されているのは野球だけだと思っていたが、サッカーもルールも細かいところまで正確に理解していないと、試合を眺めることすらおぼつかないのだと痛感させられる事例だった。
[PR]
by akira-takeuchi | 2010-11-21 13:22 | サッカー

J1第29節・ヴィッセル神戸vベガルタ仙台

仙台から知人が来るので、また関西方面へ行ってきた。試合前に話を聞いたところ、仙台と比べると神戸界隈は暖かくて過ごしやすいと言う。たしかに東北地方と西日本とでは気温に5℃くらいは差があるので、仙台のほうはもう冬が近いのかなと思った。それはさておき、試合を見た感想をざっと書いておこうと思う。

J2降格回避に向けてあとがない神戸は、試合前半の立ち上がりから積極的に攻撃を仕掛けてきた。そして開始から3分ほど、#17が放ったシュートが仙台GKの目測誤り(?)もあってゴールネットを揺らした。GKの正面に飛んだミドルシュートだったので、スタンドで見ていた私はまさか入るとは思わなかった。バウンドが変わったとか、思っていたより曲がったとか、そんなことでもあったのだろうか。前半は神戸の中盤の動きがよく、仙台にほとんどチャンスを作らせていなかった。ただ、ヴィッセルの試合は毎年見に来ているが、客観的に見てどうしてゴチャゴチャしたサッカーしかできないのかいつも不思議に思ってしまう。前線にいる#11の能力を持て余し気味という印象で、中盤にボールが収まる選手がいれば(注:この日は#10が出場停止だったが)#11は一年間で20ゴール挙げることも可能と思ったが。そんなわけで、結局のところ中盤は削除されて長いボールが中心の攻撃。たまに右SBが上がってくるくらいで、見ていてそんなにおもしろいサッカーには思えなかった。そんなことを考えているうちに、仙台DFのクリアが小さくなったところを神戸#7が直接押し込んで2-0になった。試合の後半は仙台が主導権を握ったが、いかんせんこの日の神戸は中盤での守備がよく、仙台#20、#10にいい形でボールを持たせることがなかった。前のほうでボールを持てない仙台は、全体的に選手の攻撃参加するタイミングが遅れていた。この試合の後で西京極へも行く予定だったため、後半35分でスタンドを後にした。日和がよかったせいもあってか、観衆は12052人だった。

そういえば試合には直接関係ないが、ホームズスタジアム神戸の芝生の根付きの悪さは本物のようだ。たかだか20分ほど試合前に選手がアップをしただけで、芝生のあちこちが剥がれまくっていた。そのあと修復しても、試合の前半だけでピッチは穴ぼこだらけ。しかもスタンドから見た感じだと、なんとなく地面も柔らかそうに思えた。これからのシーズンはサッカーだけでなく、ラグビーにも使用するので芝の傷みはひどくなる一方かと思うと気の毒に思える。それとこの日の審判は最悪で、スローインすら見間違うほどのレベルの低さ。全然危険ではない神戸の選手のスライディングタックルにイエローを提示するなど、判定基準はメチャクチャ。目が見えているのかも怪しいような判定のオンパレードだった。今後の観戦予定に向けて、壊れた試合を避ける意味でも佐藤隆治の名前だけは覚えておいたほうがよいのだろう。

e0092251_11435979.jpg

[PR]
by akira-takeuchi | 2010-11-13 11:44 | サッカー

J1第29節・京都サンガv川崎フロンターレ

e0092251_0213095.jpg

[PR]
by akira-takeuchi | 2010-11-06 23:59 | サッカー