<   2011年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧

J1第10節・セレッソ大阪vベガルタ仙台

やはりC大阪のサッカーは、昨年同様に見ていて楽しいものを目指していた。昨年とはメンバーの一部が入れかわったが、システムも志向するサッカーも変えずに展開されるサッカーを見てうれしく思った。マイボールになると、中盤の#10がボールをキープしている間に両SBが高い位置まで上がってくる。昨年もキンチョウでおこなわれたC大阪v仙台の試合を見たが、そのときと同じくほぼ2バックになって8人で相手ゴールを目指してくるサッカーには好感を覚えた。しかし仙台の守備の出足がよかったこともあってか、この日の攻撃はいまひとつかみ合わない。前線の#9、#7を中心にポジションチェンジを繰り返してペナルティエリアへの進入を試みるのだが、そこのところでボールを失ってしまう。C大阪のFWはもう少しボールを保持できるし、攻撃のペースを変えることができるという印象を持っていたが、ACLでインドネシアに遠征して帰国した直後の試合だった影響もあるのかなと思ってしまった。

対する仙台であるが、この日までJ1首位の成績はフロックではなかった。守備の出足が鋭く、最後のところで身体を寄せ、足を出してシュートを防いでくる。しかも前線の#13、#11、#15はボールを持つと簡単に失うことが少ない。このサッカーを一年間を通じて展開することができるなら、仙台は昨年よりはよい成績を残せるのではないかと思う。試合の後半に仙台#11が中盤でボールを受けて50メートル近くドリブルして相手ゴールへ迫るシーンがあったが、#11があんなにすごい選手だとは思っていなかったので驚いた。その他、この試合に出場していた#13、#15も前に見たときよりも上手になっている印象を受けた(ベガルタの試合をそう頻繁にチェックできていないので申し訳ないが)。

試合はキックオフ直後にCKから仙台がチャンスを得たが、頭で狙ったシュートはバーにヒットして外れた。そのあとはC大阪がボールを持つ時間帯が続いた。前線の4人がいい形でボールを受け、中に行ったら次は外、外に行った後は大きなサイドチェンジと手数をかけてゴールへの道筋を探り続ける。正直なところ、早い段階でC大阪の先制ゴールが入るのではないかと思って見ていた。しかし仙台の守備が、私の想像以上に集中していた。一人が抜かれてももう一人がカバーしたり、仙台が悪い形でボールを失ってもその直後のプレーで奪い返すなど、C大阪にフィニッシュの形を作らせない。仙台の防戦一方で20分ほどが経過したが、前半の30分過ぎに右サイドからのクロスに#15がいち早く合わせて押し込み、1点を先制した。前半はこのまま0-1で折り返した。

後半はC大阪が同点を目指すべくゲームを支配し、仙台はカウンターからチャンスをうかがう展開になり、ボールがよく往来するおもしろい試合になった。後半もC大阪はシュートが打てそうな場面でもパスを出したり、どうも攻撃がうまくいかない。残り20分となったところで、C大阪は#7、#9を下げて#15と#19をピッチに入れた。やはりインドネシア帰りで攻撃的な選手には体力的に負担を強いていたのだろう。交代出場した2人のFWも、半年ぶりに見たがよい選手だと感じた(どうしてC大阪はこの順位なんだろうね)。しかしやはり相手ゴール前での詰めが甘いというか、仙台の守備がよいというか・・・、3~4度くらいC大阪のセットプレーが連続したがこれを凌いだところで、仙台の勝ちが見えてきたように感じていた。しかし後半の追加時間は5分、C大阪がゴール前へ放り込んだボールから混戦となり、交代出場していた#15が打ったシュートが仙台DFに当たって向きが変わってゴールイン。疲れのどっと出る展開となり、そのまま1-1でタイムアップになった。

試合後にC大阪サポーターがブーイングをしていたが、それが主審に対してだったのか選手に対してだったのかよく分からなかった。この日の主審は今村義朗、あからさまな失策はほとんどなく、それなりにうまく試合をコントロールしていたと思う。そして試合終了後にセレッソサポーターがベガルタ仙台の応援歌を歌ってくれました。この場を借りて深く御礼申し上げたいと思います。10月には気をつけて仙台までいらっしゃってください。(観衆は11576人)

e0092251_14332794.jpg

[PR]
by akira-takeuchi | 2011-05-22 14:34 | サッカー

松任谷由実コンサートツアー2011Road Show

なかなか縁遠くて行くことのできなかった松任谷由実のライブが倉敷でおこなわれたので見に行ってきた。3年ほど前に広島でユーミンのコンサートに行く予定があったのだが、台風が襲来してきたため中止(延期)になってしまって以来、この日をずっと待ちわびていた。会場に集まった観衆をざっと見渡すと、どう見ても私は平均年齢以下。ユーミンと同じ年代の女性2人組が圧倒的に多い(男女比率は2対8くらいで女性多数か)。女性の観客のほうが圧倒的に多い女性アーチストってあまり多くないと思うんだけど、子育てを卒業した年代の女性の心をつかむものがあるんだろうな。いずれにしてもこの年齢層なら、体力的に1曲目から会場総立ちってことにはならないだろうと思っていた。案の定、1曲目で立っていたのは私が目視確認するかぎり5人。1階席後方に陣取っていた我々は、これならゆっくり聴けるわいとステージを眺めていた。ところが選曲の影響もあろうが、マダム風の聴衆が総立ちになる場面がわりと多いことには驚かされた。あの観客群を総立ちにさせてしまうユーミンのパワーは素晴らしいし、総立ちになる観客群には恐れ入った。

それにしても・・・、“ロードショーにようこそ”と言ったときの松任谷由実には笑わされた。語り口が、そのへんにいるおばさんとほとんど同じ。子供の頃から松任谷(荒井)由実の名前は知っていたが、私との年齢差を初っ端から思い知らされた気がした(笑)。しかし私より一回り以上も年上なのに、ステージ上で動く様子は若いアーチストとそう大差ない。きっと日頃から鍛錬を積んでいるに違いあるまい。そして私が数えるかぎり、衣装を換えた回数は6度。ステージのセットも何度か変わり、凝った創りのライブだと感心させられた。ユーミンのライブはステージのセットが大掛かりだというのは有名な話だが、実際に見てそれを思い知らされた。最後のところで、赤い車(イタリア車と思われる)でステージから5人が退場するというアイデアは、相当なエンターテイナーでなければ思いつかない発想だわ。恐るべし。そう考えていくと、途中で傘を落っことしたり、セットを下げるのが遅れた不手際さえも、意図してのことだったのではないかとすら思えてくる。こんな構成のライブだと分かっていたらもっと楽しめたのにと思ったので、10月まで続くという今回のツアーの日程を帰宅後に改めて調べなおしてしまった。実際のところ、20曲ほど歌った中で知っていた曲は4曲ほど。しかし、曲を知っているかどうかなんてさほど重要ではないと思うし、曲を知らなくても十分に楽しめるライブだった。4ヵ月後には高松や神戸での公演があるようなので、時間が許せばまた行きたい。
[PR]
by akira-takeuchi | 2011-05-15 15:36 | コンサート・絵画ほか

パリーグ公式戦・オリックスv千葉ロッテ4回戦

e0092251_22413162.jpg

[PR]
by akira-takeuchi | 2011-05-07 22:41 | プロ野球

J2第10節・ファジアーノ岡山v栃木SC

自宅から競技場へ向かう2号線バイパスは比較的すいていた。ところが競技場周辺の道路が激混みで、車を止めようともくろんでいた岡山市内某所付近は長蛇の列。それでも何とか車を止めて競技場へ向かったが、スタンドに着いたときすでに栃木のスタメン発表は終わっていた。車を止めたあとでスタジアムまで少し走ったが、それほど日差しが強いわけでもないのに結構蒸し暑いと感じた。この気候だと、リードを許して追う展開になったチームは体力的に厳しいだろうと試合前に感じていた。

試合前に両チームについて簡単にリサーチをしていた。栃木は堅い守備が持ち味で、前線の4人で攻撃の形を組み立てるという。対する今季の岡山は3バックだとか。現在の両チームの成績を考慮すると、岡山の3バックが栃木に押し込まれて5バックになる展開は容易に想像できた。やがて試合が開始される。拮抗した攻防が5分ほどは続いたが、案の定技術に勝る栃木が押し込みはじめる。個々人の技術、パスワーク、フィールドビジョン、ボールへ仕掛けるスピード、そしてチーム全体の意思統一、すべてにおいて栃木が上回っている。たしかに栃木に細かいパスミスも散見されるが、ボールを失ったとしても奪い返すスピードがまた速い。岡山はさしたる攻撃機会もないまま防戦一方となり、前半の20分過ぎに栃木が左CKから#23のヘッドで先制し、さらに前半のロスタイムにはCKからのはね返りを#11がきれいに流し込んで0-2とした。

前半の出来だけ見ていたら栃木の圧勝も予想されたが、不確定要素の多いJ2ゆえどうなることかと思いながら後半を眺めることにした。岡山は後半開始から、#10と#22を投入して得点を狙いにかかる。ホームチームが得点を狙って前がかりになることは、競技場にいたすべての人が分かっていたことだ。しかしこんな初歩的なことすら分かっていなかったのが山内宏志、今日の主審である。前半と違って速いペースで岡山が攻撃したせいで目(足?)がついていかなくなったのか、後半開始から意味不明の笛とカードを連発。最初のうちは、ある程度納得のいく判定にも思えた。ただ、前半と基準の異なる笛に両チームの選手は混乱したに違いあるまい。そんな最中、FKからのこぼれ球を岡山#10が押し込んで1点差とする。ところが主審は勢いづいた岡山の攻撃に水を差す笛を吹き、岡山の選手にも栃木と同数のイエローを提示。同点ゴールを目指すべく攻撃を続ける岡山に対して、栃木は後半半ば過ぎに#7が2度目のイエローで退場になったが、このファウルのときには両チームの選手が言い争いになっており、秩序だった試合の体をなしていたとは言い難い。分かっていることではあるが、J2はプレー以外の面のレベルが相変わらず低すぎる。そしてたとえ首位といえども、栃木は1人減ってはさすがにハンデが大きすぎた。これでさらに勢いづいた岡山は左サイドの#30、交代出場した前線の#10を中心に攻撃を仕掛けて栃木ゴールへと迫る。後半終了間際に岡山が左CKからゴールを陥れたかに見えたが、GKに対するファウルがあったらしく線審に確認の末、取り消しに(その後映像を見たが故意ハンドがあったようだ)。ゴールラインを越えたかどうかの確認であれば線審にするものだが、20メートル以上離れたコーナーフラッグの位置にいる線審が、GKに対するファウルを目視できるわけなかろうに。しかし栃木GKの判断ミスで得たその後の左CKから、こぼれ球をまたも#10が押し込んで2-2の同点となり、試合はそのままタイムアップとなった。

全体的な印象としては、前半に見せた栃木の攻撃が素晴らしいものであったことに疑いの余地はあるまい。前節地元で京都に勝った実力は、フロックではなかったということだ。蒸し暑い日本の夏の時期に同じサッカーを展開できるかどうかは分からないが、好感度の高いサッカーであるといえよう。それに対して岡山であるが、今日の試合は劇的な展開だったし、2点目を奪ったことは立派だったと認めるが、同点に追いついたことに満足しきって前半の不出来さ加減を忘れてしまっている輩の多いことにあきれてしまう。客観的に90分を見渡せば明らかな負け試合だったところを、審判の判定に援助されてようやく引き分けに持ち込んだという印象だろうに。おまけに試合後に“勝ちに等しい引き分けでした”などとアナウンスしているのだから、このチームが強くならないのもうなずける。それ以外で気がついたこととしては、試合の終盤に岡山のセットプレーが連続したが、そのたびに周囲でマフラーを回されて視界を遮断されるのには甚だ辟易した。他人様の視界を遮って何がうれしいのか理解に苦しむが、いい加減に低俗な行為はやめたらどうかと思う。審判の不可解な判定により混乱の生じた試合となった感は否定できないが、それでも前半に栃木が組み立てた攻撃を見ることができただけで15ドルを支払った価値はあった試合だった。

e0092251_22154853.jpg

[PR]
by akira-takeuchi | 2011-05-04 22:25 | サッカー