<   2011年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧

J2第18節・徳島ヴォルティスv湘南ベルマーレ

妻が徳島へ福山雅治のコンサートを見に行くというので、車で連れて行ってきた。アスティとくしまで妻を車から降ろして、コンサートが終わるまでの間は鳴門に戻って学生時代の友人とJ2の試合を見ることにした。徳島の試合を見に行くのは3年ぶり。ここ数年は瀬戸大橋が1000円で渡れたのに、四国へ行かないまま休日千円が終わってしまったことを後悔するばかり。朝から非常に蒸し暑いなか、児島ICから鳴門まではおよそ1時間半の道のりだった。

久しぶりに鳴門のサッカー場を訪れたが、メインスタンド周辺の出店が充実していて驚いたとともに、集客に力を入れようとしている様子をうれしく思った。しかしそれでもヴォルティスの入場者数は4000人前後のことが多いらしく、もう少し多くの地元民が会場に足を運ぶようにするためにはどうしたらよいのだろうと考えさせられた。徳島県自体が必ずしも巨大な自治体ではないので、人口規模を考慮すると難しい面もあるのだとは思うが。

試合は前半に先制ゴールを挙げた徳島が、湘南に試合を支配される時間帯を何とかしのいで追加点を挙げ、退場者が出て数的優位に立ったあとは自由にボールをつないで得点を追加して4-0でタイムアップになった。しかし最終スコアを見ただけでは、チームが展開しているサッカーは分からない。前半も後半も立ち上がりから積極的に攻撃を仕掛けてきた徳島は賞賛に値すると思うし、前線にボールを保持できて得点力のある選手をそろえていることはよく理解できた。しかし湘南のサッカーが悪かったとも思えない。両SBが攻撃参加する回数は尋常ではなかったし、J2ではその運動量を持て余してしまうだろうと感じた。さらに後半の湘南は#10と#30を交代出場させて得点を狙いにきたが、彼らが攻撃に加わったときの素早いパス交換と展開力は凄まじかった。湘南は3連敗となったが、何かきっかけさえあれば浮上するのは難しくないように思える。

今日は前半開始早々に徳島が先制点を奪ったことと、後半に湘南が2人まとめて選手交代させた直後に徳島が追加点を挙げたことが、試合の流れの上で大きかった。そしてJ2のレベルでは、1人減ってしまうとダメージが大きすぎる。10人になってからの湘南は、ボールを奪ったあとで攻撃をどう組み立てればよいのかはっきりしないプレーが目についた。しかし10人になるまでは、湘南の守備のほうが一歩早い場面が多かったし、相手ボールになった瞬間の守備の連動性でも上回っていたと思う。徳島はボールを支配されると、わりと簡単に中盤の選手がDFラインまで押し込まれてしまうように感じた。ともかくも結論としては、両チームともにしっかりしたサッカーをやっており、非常に強いという印象を受けたということに尽きる。後半はパスミスや選手の意思不疎通も見受けられたが、前半はあからさまな失策がなくてボールがよく往来するいい試合だった。もっと多くの観衆がスタンドに足を運んでもらいたいものだ。

余談ではあるが、話に聞いていたとおり、ポカリスエットスタジアムのビジターゴール裏の電光掲示板が新装されていた。そしてヴォルティスの先発メンバー紹介のときに使われていたBGMが、阪神#6(金本知憲)が打席に入るときのテーマソングと同じだったのが笑えた(サンドストーム)。そしていつ来ても、鳴門での試合は風が強いと感じる。なおこの日の主審は、そもそも印象のよくない松尾一。帰宅してから試合の映像を少し見たが、湘南#15に赤紙を提示したプレーが退場に値するものだったかどうかは甚だ疑問である(現場では私はよく見ていなかった)。すでに試合の流れが決した後のことだったので、試合の結果に大きな影響を与えたわけではないのが救いである。(観衆3558人)

e0092251_1521519.jpg

[PR]
by akira-takeuchi | 2011-06-26 15:28 | サッカー

セパ交流戦・阪神v東北楽天4回戦

e0092251_21452727.jpg

[PR]
by akira-takeuchi | 2011-06-22 21:45 | プロ野球

J1第14節・ヴィッセル神戸vベガルタ仙台

たまたまネットオークションでいいチケットを2枚落札することに成功したので、妻と神戸の街へ試合を見に行ってきた。今回のチケットはプレミアムソシオクラブといって、座席がメインスタンドのど真ん中の席。さらに軽い食事とドリンクがついていて、試合後には一部選手も加わってパーティがおこなわれるという。ドレスコードがあり“スマートカジュアルでお越しください”と書かれてあったので、少し敷居の高さを感じながら(笑)神戸へと向かった。家を出るころは雨があがって少し蒸した感じだったが、試合の始まる夕方には気温が下がり涼しくなってきた。

試合の前半は、仙台が圧倒的に支配した。ともに好調なチームどうしの対戦だったため、ほぼ互角の展開を予想していただけに、前半の45分間には驚愕した。仙台の守備がとにかく相変わらず素早いことには驚きの念を禁じえない。少々悪い形でボールを失っても、3~4人の選手で相手を囲い込んでボールを奪い返す。神戸の攻撃の選手が何人か出場していないことを除いても(#13が累積警告で不出場)、さすがに前半のこの出来は想像できなかった。これからの暑い時期に同じサッカーを継続できるかどうかは分からないが、ここまでのリーグ戦で仙台が上位につけているのも理解できる。神戸にはほとんど攻撃する機会がなく、前半の20分過ぎに左サイドから仙台#6が上げたクロスに#24が頭で合わせて0-1で折り返した。

神戸は後半開始から#10、#11を交代出場させて得点を狙いにくる。この選手交代は、誰にでもある程度は想像できていたことだ。逆に言うと前半のビハインドが1点だけであれば、神戸としては後半で挽回できると踏んでいたのかもしれない。案の定後半になると試合の趣きは一変し、互角の攻防が展開される。神戸が押し込み、仙台がカウンターで応酬する展開になった。時間の経過とともに神戸がゴール前まで迫る回数が多くなり、クロスを入れる回数が増えてきたのだが、ゴールを陥れることができない。後半30分を過ぎるあたりから完全に神戸が押し気味の展開となり、終了間際に左サイドでボールを受けた神戸#21がドリブルして中に切れ込んで右足のシュートを放つと、仙台ゴールの右隅に決まって1-1とした。残り少ないロスタイムも神戸が押し込んだが、勝ち越しゴールは決まらないままタイムアップ。

後半の神戸には、ペナルティエリア内で#21が倒されたもののノーファウルだったり、ゴールラインを割ったとも思えたヘディングシュートが(#19)ノーゴールと判定されたり、微妙な判定が多くそれに伴ってブーイングも多かった。しかし私の位置から見るかぎり、#21が倒されたシーンは仙台#5(?)の足が完全に先にボールに入っていたのでファウルを取ることはできないプレーのように思えた。ヘディングシュートのときは副審がコーナーフラッグのところにいたので、じっと同じ場所に立ち続けているのを目視確認してノーゴールだったのだと判断した(副審はゴールが決まった場合ハーフウェイラインのほうに走ることになっている)。この2つのプレーについては、特段問題になるような判定ではなかったはず。しかし試合を通して見た場合、今回も今村義朗の判定は仙台に偏っていたと感じる人は多かったことだろう。今村は先月おこなわれたC大阪v仙台の笛も吹いており、試合後にセレッソサポーターにブーイングを受けていたことを、ヴィッセルサポーターは知っておいたほうがよかったのかもしれない。

仙台は終了間際の失点で同点に追いつかれたが、後半にカウンターから迎えた好機で追加点を挙げて2点差としていれば結果は変わっていたかもしれない。同点となったシーンでは神戸#21をサイドで完全にフリーにしていたが、仙台にとって後半の残り時間が少なくなった時間帯でのスタミナが、リーグ戦で上位をキープする上での課題といえよう。最後になるが、試合前にベガルタ仙台コールをしてくださったヴィッセルサポーターの皆様には、この場を借りて深くお礼申し上げます。また試合後のパーティーで快く写真撮影とサインに応じてくださった神戸#7、#25、#32、#28の4名の選手の皆様にもお礼申し上げます。今後ともけがに気をつけて、益々ご活躍なさるよう岡山の地よりお祈りいたしております。

e0092251_2303766.jpg

[PR]
by akira-takeuchi | 2011-06-18 23:04 | サッカー

J2来季から昇格プレーオフ導入へ

J2は来季から昇格プレーオフの導入を検討しているという。日本ではなじみのないシステムだが、それ自体は悪い話ではないと受けとめている。現にイングランドではチャンピオンシップの3位から6位でプレーオフをおこなって昇格の最後の1チームを決めているし、スペインも昇格プレーオフをおこなっている(やり方は両国で若干の相違があるが)。来季プレミアリーグに昇格する最後の1枠をウェールズのスウォンジーが勝ち得たというのは喜ばしい話だし、シーズンがほぼ終わったこの時期に、スペインで最後に昇格するのがグラナダになるのかエルチェになるのかと日本で気を揉んでいる私は相当な変わり者なのだろうが(それにしてもベッチフィールドでプレミアリーグを見てみたかったものだ)。

しかしJ2には根本的な構造上の問題がある。そもそも昇格争いをしているチームはJ1経験のあるチームばかり。今季は横浜FC、FC東京、東京V、京都などの出遅れにより、ここまで栃木や鳥栖が上位につけているが、シーズン半ばにこの順位でいられるかどうかは疑問だろう。より多くのチームにJ1に昇格できる可能性を与えることにより、J2全体のレベルを底上げしようという考えには賛成だが、昨季J2の3位で昇格した福岡はここまで9戦全敗という有様。実力で劣るチームに昇格の機会を与えたとしても、J1の質が下がってしまうのでは本末転倒だろう。

シーズン終盤にプレーオフをおこなうことにより、J2が注目される機会を設けることは大いに賛成だ。しかし現状のJ2は闇雲にチームを増やしすぎた弊害で選手の数も審判も不足しており、全体的な質の低下が目に余る状態といえる。昇格プレーオフが悪い話だとは言わないが、その前に水増しされたJ2のチーム数を16程度にまで減じる話と抱き合わせでないと、Jリーグ全体のレベル向上にはつながらないと思う。3年ほど前の申し合わせ事項によるとJ2は22チームまで拡大を続けることになっているらしいが、ここにメスを入れないかぎり緊張感のない試合がシーズン序盤から繰り広げられる現実に変わりはあるまい。早期にJ2とJFLの入れ替え戦を導入するほうが、J2のレベル向上に直結すると考えるのは私だけだろうか。
[PR]
by akira-takeuchi | 2011-06-15 00:41 | サッカー

セパ交流戦・阪神v福岡ソフトバンク4回戦

e0092251_12104258.jpg

[PR]
by akira-takeuchi | 2011-06-05 12:10 | プロ野球