J2第37節・徳島ヴォルティスvサガン鳥栖

今年のJ2は残り2節となった段階で、2位から4位までの勝ち点差が3。しかも昨日札幌が勝ったため、2位から4位までが同じ勝ち点で並ぶ混戦になった。得失点差で優位に立つ鳥栖が有利であることに疑いの余地はないが、ここ数試合はやや失速して前節は久しぶりの黒星。対する徳島は地元で札幌に敗れて昇格が遠のいたかに思えたが、難敵の栃木と湘南を連続して敵地で破って再び順位を上げてきた。今日勝っただけでは昇格は決まらないが、ともに勝てばJ1に大きく近づく状況でこの日の試合を迎えた。

試合が終わってみて思うのだが、徳島は選手も観衆もこれほどまでに重圧のかかる中での試合を経験したことがなかったようだ。換言するなら、ちょっと入れ込みすぎたというか。前半の開始から5分間、徳島は前へ前へと圧力をかけたが決めることができなかった。そして徳島が前がかりになったところで鳥栖が右サイドに長いボールを展開し、その折り返しを鳥栖#10が決めて先制した。その直後、徳島#8(?)のスルーパスをエリア内で受けた#18がDFに倒されてPKを得たが、このペナルティキックを#7が失敗したのが流れの上でこたえたように思う。その後は徳島の選手が前がかりになり、中盤が#8だけでスカスカになって逆襲を受けるシーンが多くなった。さらに前半の30分過ぎ、相手ゴール前で得たFKのはね返りを#22が押し込んで鳥栖が0-2とリードを広げた。

後半も徳島はゴールを目指して前へと攻撃をしかけるが、今日の鳥栖は全体的に守備が集中していた(徳島の攻撃が単調だった感は否めないが)。そして後半が10分ほど過ぎた頃、右からのスローインを鳥栖#9が頭で押し込んで0-3となり、実質的にこの追加点で試合の大勢は決した。試合の最終盤に徳島にも惜しいチャンスが何度かあったが、これを鳥栖がしのぎきってタイムアップの笛を聞いた。鳥栖がチャンスを確実に決めていれば、あと3~4点は入っていただろう。

試合に関係ないこととしては、はるばる徳島まであれほど多くの鳥栖サポーターがやって来ていたことには驚かされた。そしてタイムアップの瞬間の、選手や関係者とサポーターの喜びようは尋常ではなかった。実質的にこの試合の勝利でJ1昇格が決まったと、みんな分かっていたのだろう。スタンドでフューチャーズのピンク色の旗が振られているのを見て感慨深く思えた。世界的に見ても素晴らしい鳥栖スタジアム(ベストアメニティスタジアム)で、やっとJ1の試合が開催されることを、スタジアムマニアとして本当に嬉しく思う。鳥栖スタジアム(とサガン鳥栖)の素晴らしさを、ひとりでも多くの日本人に知ってもらいたいものだ。

しかし鳥栖も徳島も、リーグ戦の終盤にきて地元で勝ち点を積み上げられないのはどうしたものかと思う(札幌は別)。直近2試合の徳島のあの勝利は、いったい何だったのかと考えさせられる。しかし残り1節となった今、考え込んでいる時間もなかろう。徳島の最終節は岡山とのビジターゲーム、四国初(発)のJ1を目指し、栃木や湘南を撃破した勢いを思い出して試合に臨んでもらいたいものだ。(観衆は11916人、主審は松尾一)

e0092251_0134746.jpg

[PR]
# by akira-takeuchi | 2011-11-28 00:19 | サッカー

J1第24節・ベガルタ仙台vモンテディオ山形

正直なところ、みちのくダービーがこれほどまでに凄まじい雰囲気のなかで行われているとは知らなかった。学生時代に仙台に住んでいたことがあり、そういう接点があるから今回この試合を見る機会に恵まれたわけだが、スタジアムが醸成するあの空気に触れる機会のない東北以外の多くのサッカーファンが気の毒に思える。黄色と青に二分されてそれぞれに揺れ続けるスタンドと、絶えることなく続く両チームのサポーターの歌声は、まるでヨーロッパのサッカー場のようだった。

私はおもに西日本で行われる試合を見ているので、数千人単位で仙台までやって来たモンテディオサポーターにも驚いた。あれほど大量の青白のシャツを、サッカー場で見たのは初めてだった。そしてこれだけ大勢のサポーターが一堂に会して、さしたるいざこざもなく試合が開催される日本という国は素晴らしいとつくづく思う。そして試合が終わると、ゴミが残されることもや暴動が起きることもなく、スタンドがそのまま空っぽになって静寂が戻る。試合後のスタジアムで、試合中の非日常なあの空間は何だったのだろうと思った。

両チームのサポーターの応援やスタンドの様子など、全てが世界のどこでも見たことがないほどに素晴らしく、サッカーファンとして恥ずかしい話だが試合中はピッチでのプレーをほとんど見ていなかった。これほどまでに素晴らしい雰囲気のなかで行われる試合が、日本に存在する様子をこの目で実際に見ることができて、この世に生を享けた幸福を感じずにはいられなかった。これまでJ2だからとか宮城スタジアムでの開催だからという理由で、このみちのくダービーを見に来なかった自分を反省した次第である。今ではマンションになり変わったハイバリーで、生まれて初めてサッカー観戦したときの心境を思い出した。

ただ、どうやら試合後に一部のベガルタサポーターが“さよならディオ”の横断幕を掲出してその旨のコールをおこなったようだ。それが試合後に、意味不明のブーイングが聞こえてきた理由だったのね。今からちょうど10年前の2001年シーズン、J2のリーグ戦でベガルタとモンテディオが昇格(=2位)争いをしたことがあったけど、最終節の日にはどっちが東北初のJ1チームになってもいいと思ってた。遠く(岡山)からみちのくを想うってのは、そういうことなのですよ。ベガルタは今季、震災で練習場が使えなくなったときにほかのチームのグランドを間借りしていたわけだし、みんなと仲良くしてくださいね。こんなに素晴らしい雰囲気のみちのくダービーが見られなくなってしまうとすれば、それは日本サッカー界の大きな損失と思えるので。ともかく、このダービーの素晴らしさを、一人でも多くのサッカーファンに知ってもらいたいものだ。

試合について触れておくと、この日の主審は家本政明。また不可解な判定を多発して試合を混乱に陥れるのかと思いきや、2度あったPKの判定とPK蹴りなおし以外に疑問なことがなかった。これは両チームの選手が品行方正にプレーしたからか、はたまた夏場の連戦で選手に疲労が蓄積しており激しいプレーが少なかったからなのか。いずれにせよ、西日本と比べてこの日の仙台は乾燥しており、比較的涼しい気候で行われたため選手の動きは90分を通してよかったと思う。 観衆は19087人、前半に#24のシュートと#10のPKで2点を先制した仙台が、その後の山形の反撃をPKによる1点に抑えて2-1でタイムアップになった。序盤に簡単にリードを奪った仙台に対して、後半の山形はいい形でボールを奪って何度も攻めたが、同点ゴールを陥れることはできなかった。

ちなみに岡山でディオと言うと、スーパーを思い出す人は多いはず。モンテディオのコールを聞いて大黒天物産を思い出していたのは、この日のスタジアムで私だけだったのだろう。

e0092251_22542474.jpg

[PR]
# by akira-takeuchi | 2011-08-31 22:56 | サッカー

J2第18節・徳島ヴォルティスv湘南ベルマーレ

妻が徳島へ福山雅治のコンサートを見に行くというので、車で連れて行ってきた。アスティとくしまで妻を車から降ろして、コンサートが終わるまでの間は鳴門に戻って学生時代の友人とJ2の試合を見ることにした。徳島の試合を見に行くのは3年ぶり。ここ数年は瀬戸大橋が1000円で渡れたのに、四国へ行かないまま休日千円が終わってしまったことを後悔するばかり。朝から非常に蒸し暑いなか、児島ICから鳴門まではおよそ1時間半の道のりだった。

久しぶりに鳴門のサッカー場を訪れたが、メインスタンド周辺の出店が充実していて驚いたとともに、集客に力を入れようとしている様子をうれしく思った。しかしそれでもヴォルティスの入場者数は4000人前後のことが多いらしく、もう少し多くの地元民が会場に足を運ぶようにするためにはどうしたらよいのだろうと考えさせられた。徳島県自体が必ずしも巨大な自治体ではないので、人口規模を考慮すると難しい面もあるのだとは思うが。

試合は前半に先制ゴールを挙げた徳島が、湘南に試合を支配される時間帯を何とかしのいで追加点を挙げ、退場者が出て数的優位に立ったあとは自由にボールをつないで得点を追加して4-0でタイムアップになった。しかし最終スコアを見ただけでは、チームが展開しているサッカーは分からない。前半も後半も立ち上がりから積極的に攻撃を仕掛けてきた徳島は賞賛に値すると思うし、前線にボールを保持できて得点力のある選手をそろえていることはよく理解できた。しかし湘南のサッカーが悪かったとも思えない。両SBが攻撃参加する回数は尋常ではなかったし、J2ではその運動量を持て余してしまうだろうと感じた。さらに後半の湘南は#10と#30を交代出場させて得点を狙いにきたが、彼らが攻撃に加わったときの素早いパス交換と展開力は凄まじかった。湘南は3連敗となったが、何かきっかけさえあれば浮上するのは難しくないように思える。

今日は前半開始早々に徳島が先制点を奪ったことと、後半に湘南が2人まとめて選手交代させた直後に徳島が追加点を挙げたことが、試合の流れの上で大きかった。そしてJ2のレベルでは、1人減ってしまうとダメージが大きすぎる。10人になってからの湘南は、ボールを奪ったあとで攻撃をどう組み立てればよいのかはっきりしないプレーが目についた。しかし10人になるまでは、湘南の守備のほうが一歩早い場面が多かったし、相手ボールになった瞬間の守備の連動性でも上回っていたと思う。徳島はボールを支配されると、わりと簡単に中盤の選手がDFラインまで押し込まれてしまうように感じた。ともかくも結論としては、両チームともにしっかりしたサッカーをやっており、非常に強いという印象を受けたということに尽きる。後半はパスミスや選手の意思不疎通も見受けられたが、前半はあからさまな失策がなくてボールがよく往来するいい試合だった。もっと多くの観衆がスタンドに足を運んでもらいたいものだ。

余談ではあるが、話に聞いていたとおり、ポカリスエットスタジアムのビジターゴール裏の電光掲示板が新装されていた。そしてヴォルティスの先発メンバー紹介のときに使われていたBGMが、阪神#6(金本知憲)が打席に入るときのテーマソングと同じだったのが笑えた(サンドストーム)。そしていつ来ても、鳴門での試合は風が強いと感じる。なおこの日の主審は、そもそも印象のよくない松尾一。帰宅してから試合の映像を少し見たが、湘南#15に赤紙を提示したプレーが退場に値するものだったかどうかは甚だ疑問である(現場では私はよく見ていなかった)。すでに試合の流れが決した後のことだったので、試合の結果に大きな影響を与えたわけではないのが救いである。(観衆3558人)

e0092251_1521519.jpg

[PR]
# by akira-takeuchi | 2011-06-26 15:28 | サッカー

セパ交流戦・阪神v東北楽天4回戦

e0092251_21452727.jpg

[PR]
# by akira-takeuchi | 2011-06-22 21:45 | プロ野球

J1第14節・ヴィッセル神戸vベガルタ仙台

たまたまネットオークションでいいチケットを2枚落札することに成功したので、妻と神戸の街へ試合を見に行ってきた。今回のチケットはプレミアムソシオクラブといって、座席がメインスタンドのど真ん中の席。さらに軽い食事とドリンクがついていて、試合後には一部選手も加わってパーティがおこなわれるという。ドレスコードがあり“スマートカジュアルでお越しください”と書かれてあったので、少し敷居の高さを感じながら(笑)神戸へと向かった。家を出るころは雨があがって少し蒸した感じだったが、試合の始まる夕方には気温が下がり涼しくなってきた。

試合の前半は、仙台が圧倒的に支配した。ともに好調なチームどうしの対戦だったため、ほぼ互角の展開を予想していただけに、前半の45分間には驚愕した。仙台の守備がとにかく相変わらず素早いことには驚きの念を禁じえない。少々悪い形でボールを失っても、3~4人の選手で相手を囲い込んでボールを奪い返す。神戸の攻撃の選手が何人か出場していないことを除いても(#13が累積警告で不出場)、さすがに前半のこの出来は想像できなかった。これからの暑い時期に同じサッカーを継続できるかどうかは分からないが、ここまでのリーグ戦で仙台が上位につけているのも理解できる。神戸にはほとんど攻撃する機会がなく、前半の20分過ぎに左サイドから仙台#6が上げたクロスに#24が頭で合わせて0-1で折り返した。

神戸は後半開始から#10、#11を交代出場させて得点を狙いにくる。この選手交代は、誰にでもある程度は想像できていたことだ。逆に言うと前半のビハインドが1点だけであれば、神戸としては後半で挽回できると踏んでいたのかもしれない。案の定後半になると試合の趣きは一変し、互角の攻防が展開される。神戸が押し込み、仙台がカウンターで応酬する展開になった。時間の経過とともに神戸がゴール前まで迫る回数が多くなり、クロスを入れる回数が増えてきたのだが、ゴールを陥れることができない。後半30分を過ぎるあたりから完全に神戸が押し気味の展開となり、終了間際に左サイドでボールを受けた神戸#21がドリブルして中に切れ込んで右足のシュートを放つと、仙台ゴールの右隅に決まって1-1とした。残り少ないロスタイムも神戸が押し込んだが、勝ち越しゴールは決まらないままタイムアップ。

後半の神戸には、ペナルティエリア内で#21が倒されたもののノーファウルだったり、ゴールラインを割ったとも思えたヘディングシュートが(#19)ノーゴールと判定されたり、微妙な判定が多くそれに伴ってブーイングも多かった。しかし私の位置から見るかぎり、#21が倒されたシーンは仙台#5(?)の足が完全に先にボールに入っていたのでファウルを取ることはできないプレーのように思えた。ヘディングシュートのときは副審がコーナーフラッグのところにいたので、じっと同じ場所に立ち続けているのを目視確認してノーゴールだったのだと判断した(副審はゴールが決まった場合ハーフウェイラインのほうに走ることになっている)。この2つのプレーについては、特段問題になるような判定ではなかったはず。しかし試合を通して見た場合、今回も今村義朗の判定は仙台に偏っていたと感じる人は多かったことだろう。今村は先月おこなわれたC大阪v仙台の笛も吹いており、試合後にセレッソサポーターにブーイングを受けていたことを、ヴィッセルサポーターは知っておいたほうがよかったのかもしれない。

仙台は終了間際の失点で同点に追いつかれたが、後半にカウンターから迎えた好機で追加点を挙げて2点差としていれば結果は変わっていたかもしれない。同点となったシーンでは神戸#21をサイドで完全にフリーにしていたが、仙台にとって後半の残り時間が少なくなった時間帯でのスタミナが、リーグ戦で上位をキープする上での課題といえよう。最後になるが、試合前にベガルタ仙台コールをしてくださったヴィッセルサポーターの皆様には、この場を借りて深くお礼申し上げます。また試合後のパーティーで快く写真撮影とサインに応じてくださった神戸#7、#25、#32、#28の4名の選手の皆様にもお礼申し上げます。今後ともけがに気をつけて、益々ご活躍なさるよう岡山の地よりお祈りいたしております。

e0092251_2303766.jpg

[PR]
# by akira-takeuchi | 2011-06-18 23:04 | サッカー

J2来季から昇格プレーオフ導入へ

J2は来季から昇格プレーオフの導入を検討しているという。日本ではなじみのないシステムだが、それ自体は悪い話ではないと受けとめている。現にイングランドではチャンピオンシップの3位から6位でプレーオフをおこなって昇格の最後の1チームを決めているし、スペインも昇格プレーオフをおこなっている(やり方は両国で若干の相違があるが)。来季プレミアリーグに昇格する最後の1枠をウェールズのスウォンジーが勝ち得たというのは喜ばしい話だし、シーズンがほぼ終わったこの時期に、スペインで最後に昇格するのがグラナダになるのかエルチェになるのかと日本で気を揉んでいる私は相当な変わり者なのだろうが(それにしてもベッチフィールドでプレミアリーグを見てみたかったものだ)。

しかしJ2には根本的な構造上の問題がある。そもそも昇格争いをしているチームはJ1経験のあるチームばかり。今季は横浜FC、FC東京、東京V、京都などの出遅れにより、ここまで栃木や鳥栖が上位につけているが、シーズン半ばにこの順位でいられるかどうかは疑問だろう。より多くのチームにJ1に昇格できる可能性を与えることにより、J2全体のレベルを底上げしようという考えには賛成だが、昨季J2の3位で昇格した福岡はここまで9戦全敗という有様。実力で劣るチームに昇格の機会を与えたとしても、J1の質が下がってしまうのでは本末転倒だろう。

シーズン終盤にプレーオフをおこなうことにより、J2が注目される機会を設けることは大いに賛成だ。しかし現状のJ2は闇雲にチームを増やしすぎた弊害で選手の数も審判も不足しており、全体的な質の低下が目に余る状態といえる。昇格プレーオフが悪い話だとは言わないが、その前に水増しされたJ2のチーム数を16程度にまで減じる話と抱き合わせでないと、Jリーグ全体のレベル向上にはつながらないと思う。3年ほど前の申し合わせ事項によるとJ2は22チームまで拡大を続けることになっているらしいが、ここにメスを入れないかぎり緊張感のない試合がシーズン序盤から繰り広げられる現実に変わりはあるまい。早期にJ2とJFLの入れ替え戦を導入するほうが、J2のレベル向上に直結すると考えるのは私だけだろうか。
[PR]
# by akira-takeuchi | 2011-06-15 00:41 | サッカー

セパ交流戦・阪神v福岡ソフトバンク4回戦

e0092251_12104258.jpg

[PR]
# by akira-takeuchi | 2011-06-05 12:10 | プロ野球

J1第10節・セレッソ大阪vベガルタ仙台

やはりC大阪のサッカーは、昨年同様に見ていて楽しいものを目指していた。昨年とはメンバーの一部が入れかわったが、システムも志向するサッカーも変えずに展開されるサッカーを見てうれしく思った。マイボールになると、中盤の#10がボールをキープしている間に両SBが高い位置まで上がってくる。昨年もキンチョウでおこなわれたC大阪v仙台の試合を見たが、そのときと同じくほぼ2バックになって8人で相手ゴールを目指してくるサッカーには好感を覚えた。しかし仙台の守備の出足がよかったこともあってか、この日の攻撃はいまひとつかみ合わない。前線の#9、#7を中心にポジションチェンジを繰り返してペナルティエリアへの進入を試みるのだが、そこのところでボールを失ってしまう。C大阪のFWはもう少しボールを保持できるし、攻撃のペースを変えることができるという印象を持っていたが、ACLでインドネシアに遠征して帰国した直後の試合だった影響もあるのかなと思ってしまった。

対する仙台であるが、この日までJ1首位の成績はフロックではなかった。守備の出足が鋭く、最後のところで身体を寄せ、足を出してシュートを防いでくる。しかも前線の#13、#11、#15はボールを持つと簡単に失うことが少ない。このサッカーを一年間を通じて展開することができるなら、仙台は昨年よりはよい成績を残せるのではないかと思う。試合の後半に仙台#11が中盤でボールを受けて50メートル近くドリブルして相手ゴールへ迫るシーンがあったが、#11があんなにすごい選手だとは思っていなかったので驚いた。その他、この試合に出場していた#13、#15も前に見たときよりも上手になっている印象を受けた(ベガルタの試合をそう頻繁にチェックできていないので申し訳ないが)。

試合はキックオフ直後にCKから仙台がチャンスを得たが、頭で狙ったシュートはバーにヒットして外れた。そのあとはC大阪がボールを持つ時間帯が続いた。前線の4人がいい形でボールを受け、中に行ったら次は外、外に行った後は大きなサイドチェンジと手数をかけてゴールへの道筋を探り続ける。正直なところ、早い段階でC大阪の先制ゴールが入るのではないかと思って見ていた。しかし仙台の守備が、私の想像以上に集中していた。一人が抜かれてももう一人がカバーしたり、仙台が悪い形でボールを失ってもその直後のプレーで奪い返すなど、C大阪にフィニッシュの形を作らせない。仙台の防戦一方で20分ほどが経過したが、前半の30分過ぎに右サイドからのクロスに#15がいち早く合わせて押し込み、1点を先制した。前半はこのまま0-1で折り返した。

後半はC大阪が同点を目指すべくゲームを支配し、仙台はカウンターからチャンスをうかがう展開になり、ボールがよく往来するおもしろい試合になった。後半もC大阪はシュートが打てそうな場面でもパスを出したり、どうも攻撃がうまくいかない。残り20分となったところで、C大阪は#7、#9を下げて#15と#19をピッチに入れた。やはりインドネシア帰りで攻撃的な選手には体力的に負担を強いていたのだろう。交代出場した2人のFWも、半年ぶりに見たがよい選手だと感じた(どうしてC大阪はこの順位なんだろうね)。しかしやはり相手ゴール前での詰めが甘いというか、仙台の守備がよいというか・・・、3~4度くらいC大阪のセットプレーが連続したがこれを凌いだところで、仙台の勝ちが見えてきたように感じていた。しかし後半の追加時間は5分、C大阪がゴール前へ放り込んだボールから混戦となり、交代出場していた#15が打ったシュートが仙台DFに当たって向きが変わってゴールイン。疲れのどっと出る展開となり、そのまま1-1でタイムアップになった。

試合後にC大阪サポーターがブーイングをしていたが、それが主審に対してだったのか選手に対してだったのかよく分からなかった。この日の主審は今村義朗、あからさまな失策はほとんどなく、それなりにうまく試合をコントロールしていたと思う。そして試合終了後にセレッソサポーターがベガルタ仙台の応援歌を歌ってくれました。この場を借りて深く御礼申し上げたいと思います。10月には気をつけて仙台までいらっしゃってください。(観衆は11576人)

e0092251_14332794.jpg

[PR]
# by akira-takeuchi | 2011-05-22 14:34 | サッカー

松任谷由実コンサートツアー2011Road Show

なかなか縁遠くて行くことのできなかった松任谷由実のライブが倉敷でおこなわれたので見に行ってきた。3年ほど前に広島でユーミンのコンサートに行く予定があったのだが、台風が襲来してきたため中止(延期)になってしまって以来、この日をずっと待ちわびていた。会場に集まった観衆をざっと見渡すと、どう見ても私は平均年齢以下。ユーミンと同じ年代の女性2人組が圧倒的に多い(男女比率は2対8くらいで女性多数か)。女性の観客のほうが圧倒的に多い女性アーチストってあまり多くないと思うんだけど、子育てを卒業した年代の女性の心をつかむものがあるんだろうな。いずれにしてもこの年齢層なら、体力的に1曲目から会場総立ちってことにはならないだろうと思っていた。案の定、1曲目で立っていたのは私が目視確認するかぎり5人。1階席後方に陣取っていた我々は、これならゆっくり聴けるわいとステージを眺めていた。ところが選曲の影響もあろうが、マダム風の聴衆が総立ちになる場面がわりと多いことには驚かされた。あの観客群を総立ちにさせてしまうユーミンのパワーは素晴らしいし、総立ちになる観客群には恐れ入った。

それにしても・・・、“ロードショーにようこそ”と言ったときの松任谷由実には笑わされた。語り口が、そのへんにいるおばさんとほとんど同じ。子供の頃から松任谷(荒井)由実の名前は知っていたが、私との年齢差を初っ端から思い知らされた気がした(笑)。しかし私より一回り以上も年上なのに、ステージ上で動く様子は若いアーチストとそう大差ない。きっと日頃から鍛錬を積んでいるに違いあるまい。そして私が数えるかぎり、衣装を換えた回数は6度。ステージのセットも何度か変わり、凝った創りのライブだと感心させられた。ユーミンのライブはステージのセットが大掛かりだというのは有名な話だが、実際に見てそれを思い知らされた。最後のところで、赤い車(イタリア車と思われる)でステージから5人が退場するというアイデアは、相当なエンターテイナーでなければ思いつかない発想だわ。恐るべし。そう考えていくと、途中で傘を落っことしたり、セットを下げるのが遅れた不手際さえも、意図してのことだったのではないかとすら思えてくる。こんな構成のライブだと分かっていたらもっと楽しめたのにと思ったので、10月まで続くという今回のツアーの日程を帰宅後に改めて調べなおしてしまった。実際のところ、20曲ほど歌った中で知っていた曲は4曲ほど。しかし、曲を知っているかどうかなんてさほど重要ではないと思うし、曲を知らなくても十分に楽しめるライブだった。4ヵ月後には高松や神戸での公演があるようなので、時間が許せばまた行きたい。
[PR]
# by akira-takeuchi | 2011-05-15 15:36 | コンサート・絵画ほか

パリーグ公式戦・オリックスv千葉ロッテ4回戦

e0092251_22413162.jpg

[PR]
# by akira-takeuchi | 2011-05-07 22:41 | プロ野球