日本vバーレーン・前半の印象

W杯予選の試合ってのは、洋の東西問わずこんなもんだろう。そう甘くはない。しかし相手の10番にも9番にもたいしてボールが渡らなかったし、0-0は悪くないかと。バーレーンは2~3人しか攻撃に人数をかけてないけど、これが本来の姿と思うのは早計だろう。
日本の選手では、中田は守備で貢献してるけど、攻撃に関してはあまりぱっとしないね。
前半の20分過ぎに日本のCKやFKが6~7回連続したけど、バーレーンDFの集中が一度も切れなかったのは見事。かなり高くて強いのではないかと。日本はサイドをもっとえぐりたい。後半の攻撃に期待しよう。
[PR]
# by akira-takeuchi | 2005-03-30 20:31 | サッカー

日本vバーレーン試合の前に思うこと

日本代表のシステムは3-5-2らしい。スタートはそのフォーメーションだろうが、たとえば残り15分になって得点が必要になった場合はどうするつもりだろうか。この前のイラン戦で、後半にリードされてからのことを考えると、甚だ気がかりである。そんな心配をしなくてもいいように、前半で3-0みたいなスコアになればよいのだが、そうは問屋がおろすまい。

いずれにしても後半勝負の接戦必至、日本が勝つならスコアは2-1かと。日本は前半を同点で折り返したい。
[PR]
# by akira-takeuchi | 2005-03-30 19:11 | サッカー

おまけ

今日は風向きが2回も変わる強風の寒い一日。普段の浜風なら外野フライの打球が、追い風に乗って外野の間を抜けていくシーンを何度も目にした。駒苫の試合の時だけは打者にとって逆風。海が近い甲子園は、このあたりが非常に難しい。
どうでもよい話としては、星稜の陸の帝王を久々に聞いたのと、市和商のライト前レフト前おまけにバッター男前を聞けてよかったのと、常総のブラスバンドはレパートリー豊富、駒苫のブラスバンドもかなり上手だった。あとは慶応の応援。アルプスぎっしり全員がメガホン持っていた。4~5千人は来てたと思うね。
[PR]
# by akira-takeuchi | 2005-03-29 19:39 | 高校野球