タグ:ドイツW杯 ( 7 ) タグの人気記事

W杯・決勝戦の印象

サッカーW杯の決勝戦が、PK合戦によって決着するとは・・・。もうそろそろいい加減に、人々はこの悪しき風習から脱却する術を本気になって探すべきだろう。昨夜もフランスのドメネク監督が試合後にこう語っていた。『フランスは試合に負けたわけではなく引き分けたのだ。PK戦は引き分けた試合で決着をつけるためのものであり、こういう結末に収れんすることもある』。これはまさしく、PK戦の本質を言い表したものである。PK戦に勝利することは試合に勝利することでもなければ、W杯という国際大会に勝利することでもない。単に次の試合に進むチームを決めるためだけのものである。にもかかわらず、決勝戦の勝者をこのPK戦によって決定するのはいかがなものかと思う。この世の多くの人々は、PKをクロスバーにヒットさせたトレゼゲを責めたりしないと思うが、勝敗を分けた責任の所在が明確になりすぎるPK戦はサッカーの本質とはかけ離れていると思う。

もし人々がPK戦に拘泥するのなら、PK戦は90分終わったところでやればいい。90分が終わって延長戦に入る前に、PK戦による勝者を先に決めておくのである。そして延長戦をおこない、前後半30分が終わったところで片方のチームがリードしていればそのチームの勝ち。もし延長戦が終わったところで同点の場合には、延長戦開始前におこなったPK戦による勝者を勝利チームとするのである。こうすればPKを失敗した選手の責任はおそらく軽減されるはず。なぜなら、PKで失敗した選手やPK戦で負けたチームは、そのあとの延長戦30分間でゴールを決めてやろうと本気になるからである。そのほうが延長戦は、間違いなくおもしろい展開になる。そして何かの事情でそれができないというのなら、決勝戦に関しては両チーム優勝にしてしまうか、いっそのこと再試合にするべきだろう。いずれにしても、PK戦で優勝チームを決める行為はサッカーの死を意味していると思う。

個人的には、ジダンが頭突きで退場処分を受けたことに関しては残念な気持ちを禁じえない。しかしあの瞬間、マテラッツィはジダンに向かって“アルジェリアのテロリストめ”などと差別発言を発していたという話もある。もしそれが真実なら、ジダンだけが退場になるのは不公平なジャッジということもできる。ジダンの退場処分は、第4審判がビデオで確認したうえで下された判定だという。暴力行為はビデオで確認できるが、差別発言はビデオには録画されないからねぇ・・・。主審と副審がジダンの頭突きを見逃していた様子が見受けられたから、なんとかして無罪放免にならないものかと願ったものだが・・・(頭突き自体が許される行為でないと分かっているが)。いずれにしても、世界が注目しているW杯の決勝戦の最後の10分ほどが、ブーイングにつつまれてしまったことが残念でならない。PK戦による決着といい、退場者が出たことといい、何者かに盗まれてしまったような印象の決勝戦だった。
[PR]
by akira-takeuchi | 2006-07-11 00:58 | サッカー

まだ1点とる時間はある、たしかにあった・・・。

PK戦濃厚と思えた119分、イタリアが1点を先制。その次の瞬間、私はこう叫んだ。
 『まだ1点取る時間はある!』
しかしもう1点取ったのは、同点になるゴールを挙げるはずのドイツではなくイタリアだった。たしかに1点とる時間はあったが、思わず‘爆’という感じ。しかしながら、グロッソのゴールもデルピエロのゴールも見事の一言だろう。ただ、西ドイツ時代のドイツ代表のゲルマン魂を何度も見せつけられた私としては、願わくは1-0になったあとでドイツに同点に追いついてほしかったのだが・・・。

もし今回のW杯が私の願いが叶わない大会になるとするなら、今夜の準決勝の試合でジダンが警告を受けてしまい、フランスが決勝戦に進出したにもかかわらずジダンはプレーすることなく現役を引退してしまうのではないかと・・・。ただ、決勝戦の相手がドイツでなくなった以上、何者かの力によってジダンが警告を受けることはないと願いたいのだが・・・。
[PR]
by akira-takeuchi | 2006-07-05 23:38 | サッカー

歴史はくりかえすのか

PK戦ってのは非情なものだねぇ。昨日のW杯準々決勝・イングランドvポルトガルの試合は2日続きのペナルティシュートアウトまでもつれ込み、その結果ポルトガルが準決勝に進出した。
イングランドの選手にしてみれば、後半の途中に退場者が出てしまってその後は防戦一方だった。1時間近い時間を10人で戦って消耗し尽くした選手たちが、PK戦では普段やっている正確で力強いキックができなかったことを気の毒に思う。思えば、8年前のアルゼンチンvイングランドの試合もそうだった。あの試合では若かりしベッカムが報復行為で退場処分となり、その後は10人で何とか持ちこたえてPK戦に持ち込んだが結局敗退。
あのときイングランドのマスコミは、敗戦の責任を退場処分を受けたベッカムになすりつけた。その後しばらくは、プレミアシップの試合でベッカムがボールを持つたびにブーイングが鳴りやまなかったと聞く。同じようなことが若いルーニーに起こらないことを祈りたいのだが・・・(イングランドのプレスもそう甘くはないんだろうねぇ)
[PR]
by akira-takeuchi | 2006-07-02 13:09 | サッカー

ドイツのPK戦に思うこと

忘れられないPK戦がある。1996年6月26日、ウェンブレーで行われた欧州選手権・準決勝、ドイツvイングランドのPK戦である。このときのドイツは、ヘスラー、シュトルンツ、ロイター、ツィーゲ、クンツが、正確なキックで5人連続成功。そしてイングランド6人目のサウスゲートが失敗したあとのドイツ6人目のキッカーはアンドレアス・メラー。彼のキックもまた、右上のゴールポスト内側をたたいてゴールイン。ドイツは6人中5人が、ゴール上隅にペナルティキックを決めたのである。

延長戦で勝敗が決しなかったときに行われるPK戦は単に次の試合に進むチームを決めるためだけのものであり、団体競技であるサッカーの本質とはかけ離れたものである。しかしながら私は、ドイツの選手がPK戦でミスしたのを見たことがない。厳密に言うと1982年の準決勝(西ドイツvフランス)のPK戦でシュティーリケが失敗して以来、W杯や欧州選手権でドイツの選手は一人もPKをミスしていないのである。
(86年W杯メキシコ大会準々決勝西ドイツvメキシコ、90年W杯イタリア大会準決勝西ドイツvイングランド、96年欧州選手権準決勝ドイツvイングランド)

そしてまた今日、その歴史がくりかえされた。準々決勝ドイツvアルゼンチンの試合は延長戦でも決着がつかず、PK戦4-2でドイツが準決勝進出を決めた。

『サッカーとは11人ずつが入り乱れてボールを追うスポーツである。そして最後はドイツが勝って終わる』
とはドイツが優勝した1996年の欧州選手権が終了したときにリネカーが言った言葉だが、あれから10年がたった今、またその歴史もくりかえすのだろうか。そして時代を超えてドイツの選手がPK戦で見せる正確なキックは、いったい何に起因するのだろうか。

おそらく今ごろドイツ全土で“Deutschland!! Deutschland!!”の大合唱となっていることだろう。かの地ドイツから遠く離れた日本で、いまPCを操作していることが残念でならないね。
[PR]
by akira-takeuchi | 2006-07-01 04:06 | サッカー

“On va voir.” ですか・・・

日本時間今朝のスペインvフランスはいい試合になったね~。期待にたがわぬ好勝負という感じ。一発勝負のトーナメントになると、先制点が勝敗の行方を左右する度合いが大きくなる。それゆえ、どちらかというと守備的で動きの少ない試合になるケースが多いものだけど。この試合では全部で4点も入ったし、しかも逆転の試合ってのは見ごたえがあったと思う。試合全体の展開や流れについてはほかの人に譲るとして、ここは後半ロスタイムに決めたジダンのゴールについて語っておこうと思う。

後半のロスタイム、左サイドでボールを受けたジダンはゴールへと突進し、ディフェンダーを一人かわしてゴールを決めた。このシュートシーンで、スペインのゴールキーパーはシュートとは反対の方向に飛んでしまったのだが、これは完全にジダンのフェイントにはまった感があった。これを見て思い出したのは2000年の欧州選手権・準決勝、ポルトガルvフランスの試合の延長戦で決めたジダンのペナルティキック(ゴールデンゴール)である。
このPKのシュートシーンで、ジダンは身体を右側に向けて助走し、軸足である左足のつま先をわざと右側に向けて踏み出しながら、身体をねじるようにして足を交差させ右足のインフロント(またはインサイド?)でゴールの左上隅へ向けてシュートを放っている。昨日の試合で見せたのもまったく同じフェイントなのだが、こんなフェイントを至近距離で決められたらゴールキーパーはたまったものではないだろう。当然、ボールが蹴られるのとは逆の方向に飛んでしまうわけで・・・。
そのような理由でジダンの3点目のシーンは、私に2000年の欧州選手権でフランスが制覇したことを想起させた。果たして今後、6年前の記憶がさらによみがえるかどうか。

そしてフランスの準々決勝の相手はブラジル。W杯の準々決勝でフランスvブラジルの対戦といえば、1986年メキシコ大会、グアダラハラ・ハリスコスタジアムでの死闘を思い出す。現地時間正午キックオフとなったこの試合は、1-1で迎えた後半30分過ぎに途中出場したジーコがPKを失敗(GKバツがセーブ)。そして延長戦を戦っても1-1のまま勝負がつかず、ソクラテス、プラティニなどの名手がキックを失敗する波乱のPKシュートアウトの末にフランスが準決勝に進出した。

過去の歴史を切り離して考えてみても、昨夜のフランスは非常にいい勝ち方をしたと思う。その勢いと、逆転勝ちした精神的な強さがあれば世界王者・ブラジルを相手にしてもいい勝負を演じることができると思う。一番重要なことは、過去にブラジルを撃破して勝利(優勝)した味を知る選手がいることだ。勝利した経験を持つことは、勝利するための条件のひとつでもある。この理由により、イングランドとポルトガルがブラジルに勝利するとは思えない。もしこの大会でブラジルが決勝戦に進めなくなるとするなら、次の試合以外にありえないだろう。

試合後のミックスゾーンで次のブラジル戦について聞かれたジダンは、一言だけ“On va voir.” と答えていた。敢えて英語に訳せば“You will see.”とか“Let's see.”。直訳すれば‘見てみよう’とか‘見るだろう’だが、そこにある意味合いは『今に分かるよ』。そのときが待ち遠しい。
[PR]
by akira-takeuchi | 2006-06-29 01:36 | サッカー

スイス、無念

今回のW杯で私がひそかにチェックしていたチームが、実はスイス。
予選の試合を何試合か見て、いいチームだと思ったのがその理由(参考→click here)。

ドイツ語圏の国であり、ひそかにドイツのチームでプレーする選手が多いこと。
そして傑出した選手がいない勤勉なチームであることがその特徴だ。
世間ではそれほど語られないが、このような玄人受けするチームを大穴と呼ぶのだよ。

ちなみにスイスはヨーロッパ予選でフランス、アイルランド共和国などと同じ組になり、このグループの2位になってプレーオフ進出。
プレーオフではトルコと対戦し、第1戦ホーム2-0、第2戦アウェイ2-4、合計4-4のアウェイゴール勝ちで本大会出場を決めた。

2年前にポルトガルで開催された欧州選手権ではさしたる印象も残さないまま敗退したが、この大会ではある程度はやるだろうと思っていた。
すると案の定、フランス、トーゴ、韓国と同じ組になった本大会をグループ首位で通過した。
昨日も、ウクライナを無失点に抑え込んだのであるが・・・(0-0のあとのPKシュートアウトで0-3)。

試合終了後、NHKのアナウンサーのコメントはまさに適切だった。
『120分戦っても勝敗が決定せず、PK戦の末ウクライナが準々決勝に進む権利を得ました』とかなんとか。

まさにそのとおり。

延長戦の30分を行って同点の場合、PK合戦で勝敗を決すると思っている人は多いようだが、記録上は引き分けになる。
そしてPKシュートアウトで多くゴールしたチームが、単に次の試合に進む権利を得るだけという位置づけになっている。
 (そのことを勝利と表現するのだと主張する人は私の文章を読まないほうがよい)

本大会で無失点のまま帰国の途についたチームは史上初なのだそうな。
しかし私が思うに、若いスイスの本当の目標は2年後の欧州選手権だ。

スイスとオーストリアが共同開催するEURO2008でスイスが6試合を無失点に抑えたとしても(それは決勝進出を意味する)、大きな驚きに値しないことを我々は知っておいたほうがよいだろう。
[PR]
by akira-takeuchi | 2006-06-28 00:48 | サッカー

あっぱれ、ニッポン

私は半年前にこのブログに、このような記事(→click here)を書いていた。
その内容を読んでみて、的中していて笑った。

More
[PR]
by akira-takeuchi | 2006-06-23 23:35 | サッカー