タグ:プロ野球 ( 6 ) タグの人気記事

プロ野球交流戦・広島東洋v千葉ロッテ2回戦

ロッテが初回に一死一三塁から重盗で先制、5回には二死三塁から里崎の適時打で追加点を挙げた。ロッテ先発の成瀬には、この2点で十分だったようだ。外野から見ていているとそれほどスピードは感じないのだが、打者の手元で球がかなり切れているのだと思う。成瀬は7回で交代したけど、中盤以降も振り遅れ気味の詰まった打球が広島には多かった。広島の打線を考慮すると、連打を許す雰囲気がないように感じた。ロッテは8回以降は藪田、小林と継投して危なげなく逃げ切った。広島としては、初回の重盗の場面で二塁手からの送球をちゃんとタッチしていれば、三塁走者はアウトのタイミングだっただけに悔やまれる。その他、一邪飛を落球したり投手ベースカバーに悪送球したりと、広島の守備にはややお粗末なプレーが目についた。最終スコアは2-0、鋭い打球が野手の正面を突く場面が何度かあり、わりと展開の早いの試合だった。

e0092251_2334409.jpg

[PR]
by akira-takeuchi | 2007-05-31 21:14 | プロ野球

プロ野球交流戦・阪神v千葉ロッテ1回戦

ロッテが阪神先発・杉山の立ち上がりを捕らえた。福浦の適時二塁打に始まり、初回に3点を先制。その後も18安打の猛攻で、終わってみれば14-3の大勝。ロッテ打線は杉山の直球を狙っていたようだ。阪神打線はロッテ先発の久保の変化球にタイミングが合わず、的を絞れなかった印象がある。初めてチャンスらしいチャンスを迎えた6回裏に一死二三塁で金本に打順が回ったが、この場面であと1~2点欲しかったところだ(一ゴロ三走生還の1点のみ)。こうしてみると、1回裏の攻撃、無死一塁の場面で関本が強攻して投ゴロ併殺に終わったことが試合を通して響いた感がある。
それにしても今年は、現場へ行ってプロ野球を見ると日本でも韓国でも大差の試合ばかりだねぇ(苦笑)試合途中で風向きが変わって、雨が降るのではないかと少し気になったが、なんとか晴天のもとで行われてよかった。

e0092251_1193247.jpg

[PR]
by akira-takeuchi | 2007-05-27 18:32 | プロ野球

チケット払い戻しは大苦戦

先日の中止になった阪神v巨人のチケットを払い戻しに行ってきた。このチケットはファミリーマート岡山○○店で発券していたので、自宅から片道1時間近くかけてはるばる岡山まで出向いた。

コンビニに着いてこのチケットを払い戻してくれと言うと、レジにいたバイト君は‘なんだ’という顔をしてチケットを一瞥。所詮バイトでは物事が理解できないだろうと思い『この試合は雨天のため中止になったので、ここに書いてあるとおり払い戻してくれ』と私は説明した。するとそのバイト君は奥へ行き、しばらくして戻ってくると“店長がいないと確認が取れないので、また連絡するから電話番号を教えてください”だと。

『は? 要するに、ここへまた来いという意味か?』
しかも、店長が確認するからチケットは置いていってください、と言う。

『もしこのチケットが消失したり、このあとで何者かに盗まれたとき、このチケットを私がここへ持ってきたことをどのようにして証明するのか?』
『そもそも何をどうやって確認する必要のか?』
『だいたい、いつ私に連絡するつもりなんだ?』

と、私はユーザーとして当然の質問をしたのだが、バイト君は店長が必ず連絡しますからの一点張り。所詮バイトでは何もできないのは分かっているが、チケットの払い戻しくらいやってみろっつうの。これが下層社会の現実だ。こんなことになるのなら、ちゃんとチケットぴあの窓口(残念ながら岡山県内には2店舗しかない)で発券しておくべきだった。ぴあの窓口なら、言葉遣いからしてお姉ちゃんがまともな応対をしていただろう。

いずれにしても、片道1時間もかけてまた金を受け取りに行くのも馬鹿馬鹿しい。私には落ち度がないのだから、払い戻し金は私のところへ持ってくるのが筋というものだろう。これでもし店長からの電話がなかったりしたら、チケットぴあとファミリーマートに告発文を送りつけてやる。早く金返せ!!

e0092251_2354632.jpg
    おたくの店で発券したんだから早く払い戻せ


後日付記
この翌日に店長から電話があり、私は店まで車を走らせチケット代を受け取ってきた。
[PR]
by akira-takeuchi | 2006-07-22 02:14 | スポーツその他

セリーグ公式戦・阪神v読売10回戦はテレビ観戦に

きのう雨天中止で現場観戦しそこねた阪神v巨人の試合をテレビで見た。福原と上原が終盤まで好投したため、試合は本塁打で決まる展開かと思って眺めていた。最近のプロ野球では(高校野球でも)、これほどまでの投手戦というのは珍しいんだけどね。しかし試合を決めたのは巨人の中堅手だったというのが結論。
まずは8回裏先頭打者・鳥谷の右中間寄りへの打球を二塁打にしたこと。打者が鳥谷だったから中堅手が左中間寄りに守っていたことは理解できるが、あの打球で二塁を陥れられるのは打球の追い方に問題があったのではないかと推察される。そして犠打で一死三塁となったあとの関本の打球は、中堅手定位置付近への高い飛球。助走をつけて捕球体勢にはいり本塁へ返球したのだが、バックホームしたボールをマウンドにぶっつけた。本塁は間一髪のタイミングだったが、送球がワンバウンドして大きく弾んだぶんだけタッチが遅れた。もしマウンドに当てていなければ、本塁はアウトでもおかしくなかった。好投していた上原に非はないので、気の毒な失点、そして気の毒な敗戦だったと思う。
[PR]
by akira-takeuchi | 2006-07-20 00:44 | プロ野球

セリーグ公式戦・阪神v読売10回戦は中止

昨日の岡山県予選に続き、今日の阪神v巨人も雨にたたられた。姫路バイパスあたりで土砂降りの雨に降られながら車を走らせ、なんとか午後5時に三ノ宮に着いたものの、阪神三ノ宮駅には野球中止のはり紙。神戸ではそれほど雨が降っているようには思わなかったのだが、甲子園球場のあたりは降っていたのだろうか。高校野球なら、ほぼ間違いなく決行されている天候のはず。恨めしく思いながら、神戸の街では何もせずにさっさと帰ってきた。
結局、往復320キロのドライブをしてきただけの一日。人生初のチケット払いもどし。近い将来、必ず阪神v巨人の試合を見に行ってやる~と心に誓っておこう。

e0092251_2354632.jpg
   払い戻してきます
[PR]
by akira-takeuchi | 2006-07-18 23:54 | プロ野球

セリーグ公式戦・広島東洋v東京ヤクルト7回戦

わが町の球場で今シーズン最後の公式戦が行われたので見に行ってきた。今日の試合は、広島東洋v東京ヤクルト。地味な感が否めないカードのせいか、スタンドには空席が目立った。

試合はヤクルトが広島先発・大竹の立ち上がりをとらえ、1回表は暴投、2回表には藤井(投手)の二塁打で2-0とリード。対する広島は2回裏に新井の左越本塁打、5回裏には大竹の代打・嶋の右越本塁打で2-2の同点に追いついた。さらに5回裏の嶋の本塁打のあと、広島は東出、梵、栗原の三連打で1点を勝ち越し。これで流れは広島に傾いたかに思われた。しかしグランド整備のあとの6回表、広島・二番手ベイルが簡単に二死を取ったあと、9番坂元(投手)の代打・志田の打球は平凡な三塁ゴロ。しかし広島三塁手・新井はこれを捕球しそこない、打者走者の出塁を許してしまった(記録は三失)。続く青木が二死一塁から右中間を深々と破る二塁打を放ち、足の速い一塁走者・志田はゆうゆう生還。リードした直後に失策がらみで失点する最悪の展開で3-3の同点に。こうなると流れはヤクルトに傾き、7回表はラミレス、ラロッカの右前ポテン安打で一死一三塁とし、宮出の中前適時打で1点を勝ち越し。その後は継投で高津、木田とつないで4-3で逃げ切った。点の取り合いになり二転三転する面白い試合だった。

個人的に感じたことは、ラミレスは打つことばかりが取りざたされるのだが、7回表一死一塁(走者ラミレス)の場面でラロッカの右前ポテン安打のときにハーフウェイから判断よくスタートを切って三塁を陥れたり、9回表の打席で左線への打球を放ったときも二塁を陥れていた。思っていたよりも足が速く、打撃以外にも光るものを持った選手だと感じさせられた。5回裏の嶋の本塁打の場面では、ヤクルト捕手・米野の配球に疑問も感じだが(スライダーにあっていない嶋に対して直球を高目に要求した)、全体的な流れはヤクルトにある試合だった。

e0092251_041373.jpg

[PR]
by akira-takeuchi | 2006-07-05 00:41 | プロ野球