タグ:ラグビー ( 2 ) タグの人気記事

スーパーラグビー2016第1節・サンウルブズvライオンズ

昨年のW杯以来、日本ではラグビーブームと言うが、その波に乗ってスーパーラグビーの試合を見に行ってきた。協会の不手際で日程調整が難航したため、日本(サンウルブズ)のスーパーラグビー加入を認めないという話もあったのだが、なんとか加入にこぎつけたことは評価に値する。少なくとも日本ラグビーのレベル向上には大きく寄与するだろう。

試合の当日はとてももいい天気で、秩父宮が満員になっているのを初めて見た。シーズン終了後に一部の芝生を張り替えたのが分かる。まぁ・・・、グランドを酷使したせいで芝生がほとんどなくなっていたから、スーパーラグビーの開幕前に張りなおしたのは理解できる。というか、あんなダートのグランドで試合をやっているのを世界に中継されたら、恥さらしもいいところだ。そして近年のラグビーでよく見かける演出の後に試合が開始された。

試合開始早々からスクラムでいきなり押しまくられるとは、私はさすがに想像していなかった。完全にスクラムでは負けている。しかしサンウルブズのタックルは十分に通用している。相手SO(FH)のプレースキックが何度か失敗に終わる幸運も手伝って、サンウルブズがPGで先制したが、わずか3点入っただけでもスタンドの歓声が凄まじかった。しかし全体的な実力差は否めず、その後ライオンズが2トライを挙げて逆転し、前半は6-12で折り返した。

後半に対する入り方がどうだったのかと思うが、なんとなくキックオフされ、なんとなく相手に実力どおりのプレーをされてサンウルブズは開始早々にトライを許す。もともと実力差のある対戦なので、選手の緊張感も14点差を超えてリードされたら持続しないだろう。そういう意味ではこの点差(13点差)が許される最大の点差と言える。その後は一進一退の攻防が続き、やがて体力的にきつい時間帯を迎えてサンウルブズに流れがやってきた。連続攻撃が続き、最後は#2がインゴールで押さえてゴールも決まり、再び6点差まで追い上げる。さらにサンウルブズの攻撃は勢いを増し、パスをつないで相手インゴールへと迫っていったが、#10が暴言(あとで調べたら反則の繰り返し)によるシンビンが痛恨だった。その直後にライオンズはトライを追加し、結局試合は13-26でノーサイドになった。

スクラムでの圧倒的な劣勢が今後の課題と言える。しかしこの試合でも自陣ゴール前でのスクラムをうまく組んでいたので、経験を積めば改善されていく点もあるのだろう。そしてタックルは十分に通用していたので、このストロングポイントを生かせば今日のようにいい試合をする可能性は十分ありうる。今後サンウルブズが苦戦する姿と、わずかに抱かされた希望の両方が、この試合からは見て取れるような気がした。しかしいずれにせよ、これこそが日本ラグビー発展のために通るべき道なのだと思う。そして、この試合で#2がトライを決めたことがうれしく思えた。(観衆:19814人、HT6-12)

e0092251_2026401.jpg

[PR]
by akira-takeuchi | 2016-03-06 20:26 | ラグビー

情熱大陸・中竹竜二

今日の『情熱大陸』は早稲田大学ラグビー部監督・中竹竜二だった。この放送を見るまで知らなかったのだが、彼は福岡県立東筑高校の出身だそうな。中竹監督は清宮前監督のあとを受けて早稲田大学の監督に就任したのだが、彼の方針は清宮前監督とはまったく正反対だったとか。清宮前監督はどちらかというと強いリーダーシップで選手を引っ張っていくタイプの監督さんだったらしいが、中竹監督はこれといった指示を出さず選手自身で考えさせる方針であると番組で紹介されていた。いわく、誰かのリーダーシップよりフォロアーシップで動く集団のほうがよいと。そのほうがたとえ中心人物を失ってもそれを埋める働きが集団から生まれやすいのだとか。

これを聞いて思い出されたのが、トルシエとジーコの2人のサッカー日本代表監督のやり方だ。トルシエは強力な専制君主式でチームを率いたが、ジーコは選手個人の判断に多くをゆだねていた。これはどちらが良くてどちらが悪いという問題ではない。日本のように個々人の主張よりも集団としての利益を優先させる風潮のある国では、サッカーやラグビーのような集団競技において永遠のテーマとなる事柄だろう。そして明らかなことは、負けたらその責任は監督にあるということである。今年の大学ラグビー決勝戦はテレビで観戦したが、関東学院と早稲田との実力差はごくわずかだった。この責任を負わされるとは、監督とは厳しい役割である。
[PR]
by akira-takeuchi | 2007-01-22 00:29 | ラグビー