SPITZ JAMBOREE TOUR 2010

2年ぶりにSPITZがツアーをおこなうと聞きつけ、チケット争奪戦を勝ち抜いて倉敷市民会館へ出向いてきた。MCで草野マサムネが語っていたが、倉敷市民会館はこの2年ほどの間に改装工事をおこなったので、トイレがホテルのようにピカピカになっていて驚いた。たかだか2000人ほどしか収容できない地方都市の市民会館にSPITZのようなビッグネームがやって来ることはちょっと意外な気もするが、これまでのツアーで彼らが公演をおこなっている会場を見るに、器が大きいかどうかはあまり関係ないのだろう。チケットの値段もほかのアーチストと比較して低めの設定だし、商売っ気と飾りっ気がないのがSPITZのいいところだと思う。

今回は1階席の最後列(29列目)だったが、上に2階席がせり出している影響もあるのか、ドラムやベースの音が私の腹にずんずん響いてくるような感じで届いてきた。ステージまでは遠かったが、気のせいか音が近いと感じた。オーディエンスのビヘイビアーを見るに、コアなファンは1階席前方の3分の1くらいまでかなと思ったが、中盤以降のチェリー、スパイダー、俺のすべて、メモリーズあたりからはノリノリになった。まぁ・・・岡山は田舎なので、大都会でおこなうライブと比べるとイマイチなのかもしれないが(笑)。いつもよりちょっと無駄話が多くて、想定していた2時間を10分ほどオーバーして終了。今回のツアーはアルバムを発売する前におこわれているのだが、神戸国際会館での公演も行く予定なので今から楽しみにしていよう。
[PR]
by akira-takeuchi | 2010-04-24 22:31 | コンサート・絵画ほか | Comments(0)
<< J2第8節・ファジアーノ岡山v... J2第7節・ファジアーノ岡山v... >>