日本シリーズチケット争奪戦

スポーツ観戦に欠かせない観戦チケット。
今回はいろいろと対策を立てて、プロ野球日本選手権のチケット争奪戦に参加した。

結果からいうと、日本シリーズ第2戦・千葉ロッテv阪神を2枚。
そして甲子園球場で開催される第3戦・阪神v千葉ロッテを1枚ゲットした。

福岡ダイエーv阪神の2年前のときもそうだったが、さすがに阪神が出るとなると日本シリーズのチケット争奪戦は激烈だ。

今回の日本シリーズのチケット販売は一般発売のほかに、チケット販売会社の会員向け先行抽選とか、会員向け先着販売とかいろいろあった。

阪神主催の試合に関しては、まず10月10~12日に先行抽選の受付があって、これはすべて落選だった。
つづいて10月18日にチケット販売会社の会員向け先着販売があったのだが、私がPCの電源を入れたときにはすでに販売予定枚数が終了していた。

そして最後に10月19日に一般発売があり、発売開始の時刻からしばらくたって携帯でアクセスしたら運良くつながった。
クリックを何度かくり返して申し込み画面に到達したときには、すでに“横並びの席はご用意できません”の状態だったのだが、なんとか三塁側アルプスを1枚ゲット。

そしてその直後に‘販売予定枚数を終了しました’のメッセージ。
宝くじに当たるような幸運に恵まれたようなものだと思う。




いっぽう、千葉マリン第2戦のチケットは、10月12~13日に受付をしていたチケット販売会社の会員向け抽選に申し込んでおいたら運良く当選した。

つづいて会員向け先着販売が10月19日にあって、アクセスが集中していてPCの動きが鈍いなかでなんとか申し込み画面まで到達した。

第1戦のチケットを、ぎりぎりのタイミングで申し込んでゲットできたと思ったのだが、どうやらタッチの差で取りそこねてしまったみたいで。
いちばん最後の確認の画面まで進んでいただけに、本当に悔やまれる。

できれば第1戦も見たかったので、昨日(10月20日)おこなわれた一般販売で再挑戦を試みたのだが、わずか30分ほどの間に予定枚数終了してしまいゲットできなかった。
千葉マリンはキャパが小さいのが影響しているのかも。

そして今日(10月21日)キャンセル分があった場合の受付をしていたが、電話がまったくつながらなかった。
まぁ、キャンセル分をあてにしているようでは、争奪戦勝利は難しいだろう。


そんなこんなでゲットしたチケット。
私は千葉マリンで友人と第2戦を見てこようと思う。

個人的には甲子園球場での第3戦も見たいとも思うのだけど、私はこれまでに甲子園球場で阪神の試合を一度も見たことがない。
私よりも阪神の試合を楽しんでくれそうな阪神ファンが身近にいたので、何の迷いもなく定価で進呈した。

甲子園の日本シリーズって言ったら、おそらくこのチケットは引く手あまたなんだろうね。
でも私個人は、千葉マリンへ行くことが約束されればそれだけでよかったので。
惜しいことをしたとは、全然思っていないな。


いずれにしても、ヤフーオークションや金券ショップで付けられている値段を見るに、チケット争奪戦に参加して勝利すればかなりの金になるようで・・・。
それなりの労力を使わないと、争奪戦に勝利するのは難しいんだろうけどね。
 (我々貧乏人は、金はないから労力で勝負しないとチケットはゲットできないよ)
[PR]
by akira-takeuchi | 2005-10-22 01:53 | プロ野球 | Comments(0)
<< 関東大学ラグビー対抗戦・慶応大... パリーグプレーオフ第5戦・福岡... >>