長谷川滋利投手・引退

昨年までシアトルマリーナーズでプレーしていた長谷川滋利投手が、「モチベーションを保つことができなくなった」として引退を表明したようだ。(参考→click here
東洋大姫路のエースとして夏の甲子園でベスト8に進出した姿を今でも覚えている私にとって、彼の引退は一抹の寂しさを禁じえない。しかし彼は英語が堪能であり、私の尊敬する数少ないスポーツ選手。アメリカで暮らした経験を生かした活動を、今後は展開してくれるに違いない。長谷川投手のこれからの活躍を祈りたい。
by akira-takeuchi | 2006-01-24 00:16 | プロ野球
<< W杯チケット・協会販売枠は落選 スチュワーデス刑事10 >>