人気ブログランキング |

城島の記者会見を見た

このたびシアトルマリナーズに入団した城島健司の記者会見を見た。

いわく、“皆さんこんにちは。日本の佐世保から来た城島健司です”とかなんとか。そして最後には、“質問はありますか~。日本語でお願いします”と軽いジョークを一発。その城島の英語力と度胸のよさに驚かされた。長谷川滋利、中田英寿の入団会見以来のカルチャーショックを私は覚えた。
(注:長谷川はエンゼルスの入団会見で“ピッチャー・イズ・ミッキーマウス・・・”と、中田はペルージャの入団会見で“バスタ。アデッソ・オ・ファーメ(結構です。今お腹が減っているので)”と言った)

しかしそれにしても、いつの間に城島は英語を勉強していたのか・・・。私が聞くかぎり彼の発音は、日本人にしては上手な部類に入るものだった。たしかに捕手はコミュニケーションが必要とされるポジションだが、あの英語なら困ることは少ないのではないかと思う。通訳を必要としないことも多いとか。さらに城島は、英語のほかにスペイン語も覚えているという。たしかに現在の米国ではスペイン語が話せたほうがいい場面は多いだろう。
日本人で初めて、捕手としてメジャーリーグに挑戦する城島。その選手としての能力に疑いの余地はない。あの調子であれば彼がメジャーリーグで成功するのは間違いないと思う。私も陰ながらエールを送りたい。
by akira-takeuchi | 2006-01-26 23:52 | プロ野球
<< 中野真矢が英語でしゃべらナイト... 西岡剛のこと >>