チケット争奪戦・Ⅱ

実はきのう、甲子園球場開催の阪神戦のチケットが発売になった。4月から10月の試合までまとめていっせいに49試合のチケットを発売するのはいかがなものかと思うが、私はちょっとだけチケット争奪戦に参加した。
この日の狙いは、5月9日(火)阪神v千葉ロッテのレフト側ビジター応援席。午前10時に発売開始になったのだが、案の定、インターネットは発売直後にはまったくつながらない。やがて30分くらい経過したころから、少しずつ画面が進むようになってきた。しかしながら、枚数を確定させて“購入する”のボタンを押しても、その後の処理に時間がかかりすぎると自動的にキャンセル扱いにされてしまう。購入ボタンを押したにもかかわらず、サーバーが重いせいでキャンセルされていると知ったときは泣きそうになったね。そして発売開始から45分あまりが経過したころに、かろうじてビジター応援席を4枚獲得することに成功した。
その後も地道にボタンのクリックとID入力をつづけて、6月3日(土)と6月4日(日)の阪神v福岡ソフトバンクのチケットを2枚ずつゲット。この段階で争奪戦開始から2時間が経過しており、私はここで体力的にギブアップ。本当は阪神v西武とか見てみたいと思ったが、マウスとキーボードの単純な操作を2時間もつづけるとさすがに肩がこってしまった(実は阪神v西武はW杯期間と重なるため見に行けない)。
夜になって争奪戦が沈静化したころに、チケットの販売状況を再確認した。阪神v千葉ロッテの試合は平日開催のナイターのため、まだライト側外野席でも空席があるようだ。‘予定枚数終了’になっていたのは、ビジター応援席だけ。う~む、ロッテファン恐るべし(ロッテファンに依頼されてチケットを取っただけで、私はロッテファンではない)。
基本的に阪神のチケットは、週末(土曜日曜)の試合から売れていくらしい。そしてライト側、一塁側アルプスの競争倍率が高い。要するに、きのうのチケット争奪戦に参加していた人たちの狙いは、ほとんどがライト側外野席と一塁アルプスなのだ。そんな人たちに混じって、私はロッテ応援エリアのチケットを狙っていたのか・・・。あとは試合当日、雨が降らないことだけを祈っておこう。
[PR]
by akira-takeuchi | 2006-03-02 23:29 | スポーツその他 | Comments(0)
<< 駒大苫小牧の出場辞退に思うこと チケット争奪戦 >>