人気ブログランキング |

横浜はなぜ負けたのか

昨日現場で眺めた大阪桐蔭v横浜の試合について、帰宅してからビデオで再検証してみた。思うに、横浜の敗因はいくつか考えられる。

まず1回表に三塁盗塁を失敗したり、2回表に二塁走者が捕手からのけん制で刺されたりして、思っていたほど機動力が使えなくなったことが挙げられる。初回の三盗失敗については暴走だという意見もあるようだが、その前の2球で二塁走者はスタートするタイミングを測っていた(注:3球目に盗塁を試みた)。左中間スタンドから見ていた私の目には、スタートがそんなに悪かったとは思わないのだが、大阪桐蔭の捕手からの送球が素早かったという印象である。横浜としては機動力で試合の主導権をつかもうと考えていたと思うので、その機会があれば狙ってみること自体は悪いわけではない。横浜の機動力よりも、大阪桐蔭のバッテリーのほうが上回っていたというべきだろう。

つづいて4回表の一死一二塁、5回表同点に追いついたあとの一死満塁で、横浜は強攻策をとった。打って勝つことが全盛である現代高校野球において、ごく自然な選択といえる。しかし強く叩きつけられたその打球は、人工芝の横浜スタジアムなら内野手の頭上を越えて外野へ抜けていたかもしれないが、大阪桐蔭の内野守備陣にワンバウンドで好捕され、さらに併殺にされたことが挙げられる。4回表の打球は三塁手がジャンプしてやっと捕球できるほど弾んでいたし、5回表の場面では二塁手と遊撃手はダイヤモンドの中に守っていた(前進守備)。にもかかわらず、いずれも併殺になったということは、横浜スタジアムでおこなわれる地方予選とは勝手が違っていたということだろう。特に5回表の併殺では、大阪桐蔭の遊撃手は二塁走者の前で捕球し、身体を反転させて二塁へ送球、さらに二塁手から一塁に転送されるまでの間が一瞬の出来事だった。このダブルプレーは試合の流れに大きく影響したと思う。言うまでもなく、併殺を完成させていなければ横浜はリードを奪っていたのである。

機動力も強攻策も不発に終わった横浜は、6回表の一死満塁でランニングスクイズを試みたが併殺(一飛)に終わる。この結果、攻め手を失ったことが敗因だと思う。攻撃型のチームは、いったん守勢に回ると意外と脆(もろ)さが露呈するものだ。足の速い選手が多い横浜は、得意の機動力で相手投手のペースを狂わせたところで、強打を前面に出した攻撃をしかけるつもりだったと思われるが・・・。

スカイAで神奈川県大会の決勝(東海大相模v横浜)を見たところ、横浜の投手は終盤になると球威がやや落ちる印象があった。このため大阪桐蔭は、中盤以降に3~4点は取るだろうと思っていた。このため横浜としては5回までにある程度のリードを奪い、試合の主導権を握っておきたかった。しかし野手選択やあからさまな失策などの守備のミスが多すぎて、相手のペースに巻き込まれてしまった。最後は大阪桐蔭の打力に屈した印象の試合となったが、横浜としては試合の主導権を握るチャンスは何度もあっただけに、非常に悔やまれる敗戦であるといえる。結果が逆になっていたとしても、何らおかしくない微妙な勝負だった。
by akira-takeuchi | 2006-08-07 22:18 | 高校野球
<< 高校野球・明日から準々決勝 J2第32節・ヴィッセル神戸v... >>