人気ブログランキング |

チケット争奪戦・コンサート編

今週は、いくつかのチケット争奪戦に参加した。
まずは来年の1月に神戸でおこなわれるMISIAのコンサート。私個人はMISIAのライブに行きたいと思ったわけではないのだが、相方が私にチケット争奪戦に参加してほしいと言ったのだ。

そう言われてチケット販売情報を確認したが、すでにチケットぴあのプレリザーブは受付が終了していた。そこでCNプレイガイドの先行抽選予約に申し込んでおいた。すると水曜日にメールが届いており、運良く当選しているとの内容だった。

最近になってCNプレイガイドはam/pmだけでなくセブンイレブンとも提携したらしく、セブンイレブンで当選したチケットを発券してきた(ただし1枚につき170円の手数料を取られる)。予約番号をレジで伝えると、意外なほど簡単にチケットが印刷されて出てきた。

MISIAのチケットをゲットできて、相方はいたく喜んでいたようだ。しかしチケットを取ったということは、相方を神戸まで連れて行かなくてはならない。チケットを取るのも神戸までの引率も、すべて私の担当。チケット争奪戦には勝利したが、どこか釈然としないものも残る(笑)。


つづいて本日、エブリリトルシング(ELT)のコンサートのチケットが一般発売された(広島、岡山、愛媛など)。これまた相方が、倉敷での公演は日曜日なので行ってみたいと言い出したのだ。しかし今日、私は大阪市立美術館へ行くように予定していたため、発売開始の時間にはインターネットに接続できる環境にいることができなかった。

さすがにインターネットなしでチケット争奪戦に参加するのは至難の業だったか。発売開始を新大阪駅の公衆電話で迎えたが、午前10時にかけてもつながることはなかった。あわせて携帯電話からモバイルサイトにもアクセスを試みたが、これまたさっぱりダメだった。開始から20分ほど経過したころ、ようやくチケットぴあの電話とモバイル、さらにはローソンチケットの電話につながったが、そのとき私の希望する倉敷市民会館での公演は予定枚数終了のメッセージが流れていた。

今日のELTは争奪戦に対する参加意欲も低調気味だったし、大阪のような都会の公衆電話からかけてもつながらないだろうとは思っていた。そんなわけで、私のなかではあきらめのつく敗戦の巻。相方も、私を駅で争奪戦に参加させたことを申し訳なく思っていたようだ。
by akira-takeuchi | 2006-09-17 01:01 | スポーツその他
<< 小野リサ・ジャンバラヤツアー2006 高校生クイズを見た >>