人気ブログランキング |

チケット争奪戦・日本シリーズ2006編

明日から日本シリーズが始まる。今年もまた懲りることなくチケット争奪戦に参加した。今日の午前10時に一般発売がおこなわれて日本シリーズのチケット販売はすべてが終わったので、ここで争奪戦の結果報告をしておこう。

まずは先週、とあるチケット販売会社のコンビニ先行受け付けと、別のチケット販売会社のプレオーダーに参加してみた。10月13日午前10時から14日午後6時の間に申し込んで、申込者多数の場合は抽選がおこなわれる。私個人は岡山に住んでいるため、平日に札幌まで遠征することはできないのだが(週末の名古屋なら可能性はある)、とりあえず第2戦~第7戦まで応募してみようと思った。抽選になるから早い者勝ちではないのだが、夜になってもネットが全然つながらないのには驚いた。恐るべし、名古屋人と札幌人(笑)。結局、抽選に申し込むだけで夜中の3時までかかった。ちなみにそれ以外のチケット販売会社でも同じような先行抽選販売があったようだが、不覚にもその情報をチェックしておらず不戦敗という始末。

続いて10月18日午前10時からは、とあるチケット販売会社の会員向けに先行販売がおこなわれた。しかしこの時間に勤務中であった私は、発売開始から30分ほどたったころにモバイルで販売状況をチェックすることしかできなかった。ここの会社のサイトはなかなかつながりにくいのだが、開始から20分ほどで予定枚数終了になったのではなかろうか。

そして今日10月20日の午前10時から一斉に一般発売が開始された。これも売れ行きをモバイルで確認することしかできなかったが、第2戦のチケットは開始から40分後に予定枚数終了のメッセージが出ていた。やはり名古屋における中日熱は、我々地方に住む者の想像を超えたものがあるようだ。結局、昼休みにモバイルでチェックしたときには、7試合とも販売予定枚数を終了していた。

今年の日本シリーズは現場へ行くことができないため、チケット争奪戦に参加してもテンションが上がらなかった。しかしながら結果としては、コンビニ先行受け付けで第3戦・ライト側指定席2枚、とあるチケット販売会社のプレオーダーで第5戦・一塁側A指定席2枚、第7戦・レフト側指定席2枚をゲットという、まぁまぁの成績。
自分は見に行けないのにチケットをゲットしてしまっても、引き取り手がいないのではないかと不安にもなった。しかし幸いなことに札幌に友人が住んでおり、札幌ドームの試合はすべて引き取ってくれるとのこと。これまでに札幌では日本シリーズがおこなわれたことはないから、札幌の街はさぞや盛り上がっていることと思う。いやぁ~持つべきはやはり友達ですな。
そして第7戦のチケットは、大垣に住んでいる義兄に引き取ってもらうことで話がまとまった。やはり日本シリーズともなると、どなたも食いつきがよいようですな。ふだん野球にあまり興味のない人でも、日本シリーズのような注目される試合になると行ってみたくなるもののようで。それなら私もチケット争奪戦に参加した甲斐があったというものだ。

しかし・・・愚痴るわけではないのだが、今回はじめて利用したチケット販売会社の諸手数料がえらく高いのには閉口した。たかだか1枚2000円のチケットを2枚申し込んでゲットしただけなのに、チケット1枚につきサービス料が500円加算され、申し込み1回につきシステム利用料が300円かかる。しかもチケットをコンビニで受け取るときに、発券手数料を1枚あたり105円取られた。もとのチケット本体の値段だけなら4000円ですむところが、なんと5510円になってしまうとは・・・。それでもチケットをゲットできないよりはマシ、という消費者心理に付けこんだうまい商売をしているものだと、感心してしまったわ(汗)。

とりあえず結果報告はこんなところで。
by akira-takeuchi | 2006-10-21 02:03 | スポーツその他
<< イタリアセリエB・ナポリvリミニ 小野リサ・ジャンバラヤツアー2006 >>