人気ブログランキング |

タグ:中日 ( 3 ) タグの人気記事

チケット争奪戦・日本シリーズ2007

今年も日本シリーズが始まった。クライマックスシリーズでは引き取り手がいなかったからチケット争奪戦に参加しなかったが、日本シリーズでは希望者がいたため参加してみることにした。

まずはクライマックスシリーズ(第2ステージ)がおこなわれている最中、札幌ドームと千葉マリンでの試合の先行抽選に申し込んでおいた。この先行抽選販売はいくつかのプレイガイドがおこなっており、出場チームが決まる前の段階で申し込んでおかなくてはならなかった。抽選の結果は、札幌ドーム0枚、千葉マリン12枚(第1戦4枚、第2戦6枚、第6戦2枚)ゲットだった。

プレイガイド2社で先行抽選をおこなっていた札幌ドームが全敗とは、正直なところ予想外の結果で狼狽した。席種と座席数を考慮したうえで、もう少し可能性が大きいところを狙っておくべきだったか。昨年はわりと簡単に日本シリーズの先行抽選に当選した印象があったため、札幌ドームを甘く見ていた私が愚かだった。平日開催と週末開催とでは、チケットの需要に差が生じるのだろうか。また、プレイガイド4社で先行抽選をおこなっていた千葉マリンは入れ食い状態(高い当選確率)だったので驚いた。千葉マリンの席種を考慮して申し込んだのが功を奏したのだと思う(ロッテの敗退により水泡に帰したが)。

その後、今年の日本シリーズには北海道日本ハムが出場することが決まり、獲得枚数0枚の状態で争奪戦の第2弾に挑戦することになった。とあるプレイガイドの先行販売(先着順)が日本シリーズ開幕の4日前におこなわれることになっていたため、ここで勝負をかけることにした。発売時刻と同時にパソコンとモバイルで画面を開き、ひたすら申し込みボタンをクリックしつづけた。第6戦と第7戦は比較的簡単に(5分ほど)申し込み画面までアクセスできたので、希望通りライト外野席2枚を確保した。しかし開催されない可能性のある第5戦以降と違って、需要の多い第1戦と第2戦はなかなか申し込み画面まで到達できなかった。結局、20分以上かかって申し込み画面に到達したとき、第1戦はすでにA指定席以外は横並びの席がなかったようだ。ここでまたしても席種の選択判断を誤ったため、結局第1戦と第2戦は確保不能に終わった。

今年の日本シリーズはこれまでとあきらめるつもりだったが、最後に一般発売の争奪戦にちょっとだけ参加した。一般発売がシリーズ開幕の2日前では、仮にチケットを確保したとしても当方では札幌までの足に困る。さすがに引き取り手が現れるかどうかも分からない。そんなわけで、ややなんちゃって気味だったのだが・・・、運のいいことにモバイルサイトがうまくつながり、発売開始から6分くらいで申し込み画面に到達。ここでライト外野席を狙ったところ、すでに予定枚数終了の表示。やむを得ず申し込み画面に戻り、その10分後くらいにA指定席(一塁側)を2枚確保したところで終戦。このあと第1戦のチケットまで狙うエネルギーは、さすがになかった。

そんなわけで今年の日本シリーズは、3勝1敗といったところ。岐阜に住む義兄からの希望がなかったため、名古屋ドームの争奪戦はすべて不参加。そういえば第6戦と第7戦のチケットに表示されていた座席が、まったく同じことにはちょっと驚いた。座席の販売枠がプレイガイドによって決まっているのだろうとは思うが、こんな偶然もあるんだね。日本ハムが優勝するためには第7戦までもつれる必要があると思うけど、果たしてどんな展開のシリーズになるのだろうか。ま、今年は手数料を課金するプレイガイドを利用せずにうまくチケットを確保できたのが収穫だね。
by akira-takeuchi | 2007-10-28 22:33 | スポーツその他

日本シリーズ・全体の印象

結婚してテレビを見る時間が激減したが、この数日、かろうじて日本シリーズをテレビ観戦している。昨年までの私なら、まず間違いなく現場へ出向いていたと思うのだが・・・(たとえそれが札幌でも)。すでに結果をご存じの人も多いと思うが、今日の第4戦を終わって日本ハムが3勝1敗と王手をかけた。テレビの解説では、中日は走者を出すがあと一本が出ないと何度もくり返し言っていた。たしかに私も同感である。最終スコアが3-0とロースコアであるのに、試合時間が4時間以上もかかっていることがその証である。中日は安打を放つものの、打線がつながらない。今日の試合でも、好機がなかったわけではなかった。今日の試合では7安打、昨日の試合では日本ハムを上回る9安打を放っていた。ということは、個々の選手の打撃が不調というよりも、単に打線のめぐりが悪く好機で打てないと考えるのが自然である。この2試合で1点しか取ることができず、連敗して王手をかけられた以上、ここは打順の組みかえをおこないたいところだ。ということになれば、まずはここまで安打を1本しか打っていない1番荒木をいじる必要がある。井端も打撃が好調とはいえないが、荒木よりはまだ状態が上と見る。明日の1番は井端。3・4・5は今日と同じでよかろう。5番指名打者の立浪は、今日の試合では無安打だったが打撃の状態が悪いわけではなさそうだ。とすると問題は、2番に誰を持ってくるかということになる。まことに申し訳ないが、これは監督さんに今夜一晩考えてもらうしかない。負けたらあとがない以上、明日の中日の先発投手は川上だろう。これまでの4試合と似た展開になると思われるが、3点以下の勝負になることは必至である。中日は川上の踏ん張りに期待して、打線の奮起を待ちたい。中日が先に2点以上リードする展開に持ち込めば、シリーズ全体の流れが変わる可能性はある。日本ハムの先発は、色気さえ出さなければダルビッシュだろう。日本ハムは連勝して3勝1敗とした以上、札幌ドームでおこなわれる第5戦で4勝目を取りにいくのがいちばん確実に優勝する方法だ。ここでダルビッシュを第6戦まで残すようなことを考えると、簡単に勝てるはずの勝負をややこしくしてしまう。明日はエースどうしの投げあいで、これまで以上に点の入りにくい試合になりそう。今日の第4戦では失策をはじめとするあからさまなミスがなかったが、明日の第5戦はこれまで以上にミスが命取りになる緊迫した展開が予想される。
なお、私は決して中日ファンでも日本ハムのファンでもないので念のため。今になって思えば、第3戦の1回表・中日の攻撃で1点を先制してなおも一死一塁となった場面で後続の4番5番が簡単に凡退したことが悔やまれる。
by akira-takeuchi | 2006-10-26 00:26 | プロ野球

チケット争奪戦・日本シリーズ2006編

明日から日本シリーズが始まる。今年もまた懲りることなくチケット争奪戦に参加した。今日の午前10時に一般発売がおこなわれて日本シリーズのチケット販売はすべてが終わったので、ここで争奪戦の結果報告をしておこう。

まずは先週、とあるチケット販売会社のコンビニ先行受け付けと、別のチケット販売会社のプレオーダーに参加してみた。10月13日午前10時から14日午後6時の間に申し込んで、申込者多数の場合は抽選がおこなわれる。私個人は岡山に住んでいるため、平日に札幌まで遠征することはできないのだが(週末の名古屋なら可能性はある)、とりあえず第2戦~第7戦まで応募してみようと思った。抽選になるから早い者勝ちではないのだが、夜になってもネットが全然つながらないのには驚いた。恐るべし、名古屋人と札幌人(笑)。結局、抽選に申し込むだけで夜中の3時までかかった。ちなみにそれ以外のチケット販売会社でも同じような先行抽選販売があったようだが、不覚にもその情報をチェックしておらず不戦敗という始末。

続いて10月18日午前10時からは、とあるチケット販売会社の会員向けに先行販売がおこなわれた。しかしこの時間に勤務中であった私は、発売開始から30分ほどたったころにモバイルで販売状況をチェックすることしかできなかった。ここの会社のサイトはなかなかつながりにくいのだが、開始から20分ほどで予定枚数終了になったのではなかろうか。

そして今日10月20日の午前10時から一斉に一般発売が開始された。これも売れ行きをモバイルで確認することしかできなかったが、第2戦のチケットは開始から40分後に予定枚数終了のメッセージが出ていた。やはり名古屋における中日熱は、我々地方に住む者の想像を超えたものがあるようだ。結局、昼休みにモバイルでチェックしたときには、7試合とも販売予定枚数を終了していた。

今年の日本シリーズは現場へ行くことができないため、チケット争奪戦に参加してもテンションが上がらなかった。しかしながら結果としては、コンビニ先行受け付けで第3戦・ライト側指定席2枚、とあるチケット販売会社のプレオーダーで第5戦・一塁側A指定席2枚、第7戦・レフト側指定席2枚をゲットという、まぁまぁの成績。
自分は見に行けないのにチケットをゲットしてしまっても、引き取り手がいないのではないかと不安にもなった。しかし幸いなことに札幌に友人が住んでおり、札幌ドームの試合はすべて引き取ってくれるとのこと。これまでに札幌では日本シリーズがおこなわれたことはないから、札幌の街はさぞや盛り上がっていることと思う。いやぁ~持つべきはやはり友達ですな。
そして第7戦のチケットは、大垣に住んでいる義兄に引き取ってもらうことで話がまとまった。やはり日本シリーズともなると、どなたも食いつきがよいようですな。ふだん野球にあまり興味のない人でも、日本シリーズのような注目される試合になると行ってみたくなるもののようで。それなら私もチケット争奪戦に参加した甲斐があったというものだ。

しかし・・・愚痴るわけではないのだが、今回はじめて利用したチケット販売会社の諸手数料がえらく高いのには閉口した。たかだか1枚2000円のチケットを2枚申し込んでゲットしただけなのに、チケット1枚につきサービス料が500円加算され、申し込み1回につきシステム利用料が300円かかる。しかもチケットをコンビニで受け取るときに、発券手数料を1枚あたり105円取られた。もとのチケット本体の値段だけなら4000円ですむところが、なんと5510円になってしまうとは・・・。それでもチケットをゲットできないよりはマシ、という消費者心理に付けこんだうまい商売をしているものだと、感心してしまったわ(汗)。

とりあえず結果報告はこんなところで。
by akira-takeuchi | 2006-10-21 02:03 | スポーツその他