人気ブログランキング |

タグ:Jリーグ ( 4 ) タグの人気記事

J2第17節・ファジアーノ岡山vモンテディオ山形

東北のチームがやって来て、いいタイミングで試合をする日程になっていたので、久しぶりにJ2の試合を見に行ってきた。会場にはスタジアムぐるめのテントが倍増していて、来場者が多くなったと感じる。レプリカ率も高く、最近はこんな雰囲気で試合が行われているのだと知った。長らくパラボラアンテナにもDAZNにも縁のない生活を続けていて、ここ数年はサッカーをあまり見ていないし、ろくに関心すら持っていなかったと思わされた。ルールが改正されていてキックオフを一人でできるようになったり、FKのときに審判がバニッシングスプレーを使っていたりと、斬新な場面をいくつも目にすることができた。山形ディオの応援歌を久しぶりに聞くと、たまには現場に足を運ばないといけないなと思う(笑)。

序盤から岡山が押し気味に試合を進めたが、そう長続きせず互角の展開になる。その後、ロングスローのスローインをクリアしたこぼれ球を岡山#25が押し込んで先制した。それまでは人を前にかけていなかった山形だったが、同点に追いつくべく反撃を始める。長い縦パスだけで攻めるのかとも思っていたが、わりと細かくパスをつないでDFを抜き去ることも多く、好感度の高いサッカーでゴールを目指す。某Y!社のスポーツ欄の戦評では山形がボールを“持たされた”と書かれているが、球際への寄せやボール保持のやり方を見る限り、その認識は浅はかというものだろう。1点差のままハーフタイムを迎えたとしても前半のサッカーの質は山形のほうが上回っていたが、終了間際にDFのクリアミスを拾ったFWがGKに倒されてPKを獲得した山形がこれを沈めて1-1の同点に追いついた。

はるばる遠征して岡山まで来ているゆえ、同点ならOKとして攻める理由のなくなったはずの山形だったが、後半開始からも攻勢に出る。今日は暑いので攻めても5分か10分だろうと思っていたが、その5分ほどの間に右サイドを崩して#11が勝ち越しゴールを奪う。本当にあっという間の出来事だった。今度は追う展開となった岡山だったが、攻撃の形やどうゴールに近づくのかといったイメージの湧かない攻めに終始する。サイドのスペースにボールを出す以外、起点も機転もなくて攻撃の手法が見当たらない。かといって、効果的な選手交代で流れを打開するというわけでもなく、山形がさらにボール支配を続けて相手ゴールに迫る。早い段階で山形が3点目を奪っていれば、そこで試合は完結してしまっていたことだろう。

今日は暑くて岡山のコンディションに問題があるのか(水を飲んでいる選手が多かった)、はたまた技術的な問題でボール保持力が落ちているのか、普段やっていることを見ているわけでもないし興味がないので、本当のところは分からないが。いずれにせよ、セットプレー一発で得点を挙げてあとは逃げ切りを目指すだけとかそんな感じで、創造性は二の次のサッカーでシーズン序盤に上位に立っていたのかなと思わされた。岡山の守備が固いように数字の上では見えてしまうが、今日の凡ミスからの失点を見ると、誰も守備が堅牢とは思わないだろうに。まぁサッカーと言うのはボールを圧倒的に支配していたら勝てる競技と言うわけではないが、この試合もご多分に漏れず、山形にしては勿体ない形で後半半ばに相手にCKを与えると、そのセットプレーから同点ゴールを許してしまった。山形としては失点したセットプレーよりも、CKになってしまったプレーが余計だった。

いったんはリードしたものの追いつかれた展開であることを考慮すれば、山形は無理に勝ち越しに固執する理由はないものとも思えたが、2人目と3人目の選手交代はいずれも前線の選手の入れ替えだった。特に岡山がまだ交代枠を一人残している同点の段階で、3人目の選手交代をしてFWを入れ替えたということは、この試合に関しては相手を凌駕できる自信があったのだろう。監督さんのこの選手交代の判断にはあっぱれである。別の言い方で表現すると、J2中位のビジターチームに勝ちを狙われる選手交代されているようでは、今後の岡山は上位を維持することも難しい試合が多くなるだろうね。

まぁ今日の試合は双方がそれぞれにリードする展開となったため、追う展開を強いられたときに両チームがどのようなサッカーするのかを観察することができ、興味深いものだった。山形が攻撃的に試合を進めて積極的に選手交代した影響もあり、2-2になって以降はボールが頻繁に往来する、素人目にも面白い展開になったので、たまに現場に来てみたらいい試合を見ることができてラッキーだったとは思う。しかしながら、相変わらずCKや好機のFKのときにスタンド全体で低俗なタオル回しが蔓延っている様子を見ると、こんな場所に息子や娘を連れてくるわけにはいかないものだと思わされる。高校野球でもサッカーでも、スポーツ界を挙げて品のないこの俗習を駆逐する動きは起こらないものだろうかと考えさせられることも多いが、これが私がサッカー観戦においてスタジアムから足が遠のいている要因の一つであることは間違いない。たまにはディオの応援には来たいと思うし、折りあらば東北ダービーを見たいとは思っているが。(観衆10397人、主審:清水修平)
e0092251_23522669.jpg

by akira-takeuchi | 2018-06-02 23:54 | サッカー

2017年からJリーグは1ステージ制に回帰

聞くところによると、リーグが10年で2100億円という放映権の契約を結ぶことができ、来年からは収入増が見込まれるので1ステージ制に戻すという。世界のサッカーの潮流を見れば、そんな当たり前のことができなかったこの2年間が異常なだけ。資金の工面ができないとリーグを1ステージで開催することができないなんてのは、存在基盤があまりにも脆弱と言うほかないだろう。ともかく、当たり前の姿に戻ることはうれしく思う。それにしても、優勝賞金が大幅に増えることはいいことだ。チャンピオンシップのスポンサーなどに支払う違約金(?)はどうなるのかな、とは思うが。いずれにせよ、優勝チームの決定方法があまりに複雑すぎる変テコな風習が撤廃されて万歳三唱だろう。
by akira-takeuchi | 2016-09-07 23:49 | サッカー

Jリーグチャンピオンシップ決勝第2戦・サンフレッチェ広島vガンバ大阪

気がつけば、一年以上このブログを更新していなかった。決して放置するつもりはなかったのだが、サッカーを見に行っていなかったので、更新しようにも書く内容がなかったのが実際のところなわけで。正直に言うと、今季からはじまった2ステージ制に私は反対であり、このため今年になってからは国内のサッカーをあまり積極的に見ようと思わなくなっていた。今季は最初から思っていた通りシーズン終盤になると順位表が2つ必要となり(年間総合勝ち点表と第2ステージだけの勝ち点表)、その段階で実質的にどのチームが上位なのかなどが、非常に分かりづらい状況になっていた。

しかも第2ステージ終了後におこなうチャンピオンシップのレギュレーションは、結局最後まで理解することができなかった。年間勝ち点1位チームがシードされて決勝戦から出場することは理解できたが、そこに到るまでの1回戦と準決勝は、どのようにして出場チームが決まり、執り行われるのかよく分からなかった(ざっと目を通したあとでもよく分からない)。たとえば準決勝の浦和vG大阪の試合は、90分を終えて同点の場合に延長戦をおこなうことを、事前に知っていて試合を見ていた人はどれほどいるのだろうか。いずれにせよ、リーグの優勝を決める方法がこれほど複雑であることが、ファンを多く獲得するために本当に求められるものであるかというと、それは甚だ疑問であると言わざるを得まい。

別件にはなるが、一連の国立競技場建て替え問題が勃発して以降、私は長年続けてきたtoto(サッカーくじ)を買うのもやめた。私の希望するような競技場が建設されないことがはっきりしている以上、売り上げの一部を新国立競技場の建設費用に充てるサッカーくじに賛同する気にはならない。この一年あまり、いろいろな意味において、私の中でサッカーに対する関心は薄らいでいく一方である。しかも国立競技場に関しては、今から建設を始めても2019年のラグビーW杯の開幕戦にはもはや間に合わないとか。同じことがラグビー王国であるニュージーランドやイングランドで起これば、暴動は避けられないであろう。

それはさておき、久しぶりにJリーグの優勝チームが決定する試合が近県でおこなわれることになったので、チャンピオンシップ(以下CS)決勝戦の第2戦を見に行くことにした。それにしても・・・、第1戦終了間際の劇的な展開は、いったい何だったんだろうと今でも思える。特にG大阪#15の最後のスローインは、まったく急ぐ必要のない状況だったのに、なぜあれほど急(せ)いていたのだろうか。G大阪としてはリードして終えるに越したことはなかっただろうが、一人少ない状況になってしまっていた以上、2-2がそれほど悪いスコアだとは思えなかった。にもかかわらず、圧力を増して攻撃に人数をかけてくる相手に、なぜ加担するようなプレーをしたのか甚だ疑問だ。1ステージ制でもCSありの2ステージ制だとしても、リーグの優勝がかかった試合であのような粗末なプレーが終盤に見受けられるようでは、必ずしもリーグ全体(日本のサッカー)のレベルが高いとは思えなくなってくる。そして第2戦を見に行くつもりでいた私としては、第1戦をビジターチームがリードして終えるという、いささかテンションの上がらない状況で第2戦を迎えなければならなくなったことが哀しかった。

そういえば、今回のCSで気になったのがチケットの値段。第2戦のSA指定席のチケットは6,000円だった。普段のリーグ戦と比べて高い値段設定になっていたが、G大阪のホームでおこなわれた第1戦のチケット価格は、リーグ戦と同じ値段設定だったように思う。主催(主管)する試合のチケット料金を決めるのはチームの自由なので文句を言うつもりなどないのだが、通常の試合が3,700円であることを知っているので、さすがに足元を見ているなぁと思う。ちなみに、たしか11年前におこなわれたCS第2戦(浦和v横浜FM)を見に埼玉スタジアムへ行ったが、チケット料金はバックスタンド2階席のSC指定席が2,500円でリーグ戦のときと同じ価格だったはず。当時はインターネットもなく、1時間20分ほど公衆電話からダイヤルしてチケットを予約したことを今でも覚えている。

チケット料金とあわせて気になったのが第1戦翌日の報道。“広島、先勝”とか“劇的逆転勝ち”などと見出しが躍っていた。2試合の合計で争うこの決勝戦においては、第1戦の90分をリードして終わっただけではまだ勝敗は決していないのに、先勝というのは違和感を禁じえない。第2戦に向けて優位に立ったとは言えるだろうが、(2試合の合計で)勝ったわけでもないのにまるでこの1試合で優勝が決まったかの錯覚を覚えさせるような活字を見せつけられると、日本のサッカーの報道はまだサッカーの本質を理解していないのではないかと思わされる。これは人それぞれの感じ方の違いなんだろうけど。

さて現場で第2戦を見たことについて書き綴ってみる。さすがに優勝決定の試合だけあって、現場には多くの報道関係者が記者席に来ていた。テレビで見たことのある方や、記事を読んだりしたことのあるライターの方も座っておられたようにお見受けしたが・・・、まぁ敢えてこの場にお名前を出さないことにしておこう。そしてこの日の私の席はメインスタンドの前から2列目。いつもと違って、いささか全体を見渡しにくい席からの観戦となった。しかし試合開始前からスタンドを埋めつくしていた両チームのサポーターが醸しだす雰囲気が素晴らしかった。

試合は2点差以上での勝利が必要となったG大阪が、前半開始から人数をかけて試合を支配する。#7や#39を見て浮かれたくもなるが、全体を幅広く見渡すと右サイドから#13がよく攻撃にからんでくる。序盤から押し込むG大阪にはたびたびセットプレーのチャンスが訪れ、そのたびに広島がはね返していたが、前半の25分過ぎに右CKを#15が右足でゴールに押し込んでG大阪が0-1とした。私が望んでいた唯一の展開となって2試合合計3-3、次のG大阪がゴールを挙げると逆転できる。G大阪はさらに前線に圧力をかけるが、さすがに攻め疲れもあって徐々に間延びが生じ、そこを突いて広島もカウンターから反撃する。カウンター気味に攻撃の機会を得た広島の放ったシュートがG大阪ゴールのサイドネットを揺らしたが、惜しくもゴールの外側。次のゴールを挙げたほうが有利になる展開のまま、前半は0-1で折り返した。

後半も開始からG大阪が攻め込む。連戦の疲れもあろうが、球際への一歩がG大阪のほうが少し早いと感じる。G大阪としてはこの勢いが持続するうちに次の1点を挙げてしまいたいところだったが、なかなかゴールに到らない。やがて時間の経過とともにG大阪の運動量が落ちてきたのか、広島が攻め込む機会も多くなる。ところが広島は相手ゴールまで迫っても、緊迫した展開の影響かやや攻めが消極的でシュートまで到らない。チーム全体がややナーバスになっていると感じた。しかし広島はぎこちない攻撃が何度かくりかえされた後、途中出場した選手を中心にして右サイドを攻め上がり、放り込まれたクロスを#28が頭で押し込んで1-1の同点に追いついた。

こうなると再び2点が必要となるG大阪は、前線へ長いボールを放り込みはじめる。正直なところ1-1となった段階で勝負の行方はほぼ決したと思ったし、サッカーの持つエンターテイメント性も失われるだろうと思った。残った時間、G大阪はひたすらボールを放り込み、余裕の出た広島がそのたびにはね返してタイムアップの笛を聞いた。年間を通して安定した強さを持っていた広島が、一発勝負で求められる勝負強さも持ちえていることを示したCSの2試合だった。年間勝ち点の値が結果にそのまま反映され、正義が守られたことに胸をなで下ろしたというのが正直な感想である。

それにしても、この試合のとある場面で、カウンター攻撃のときにダッシュをした主審のスピードは速かった。試合全体を見るとプレーを流していることが多いように感じたが、判定を下すときの主審の位置取りは素晴らしいと感じた。ナイスレフリーである。そして試合後に広島#11が語っていたようだが、このCSというシステムについての議論が必要だと思っている選手もいるようだ。この不自然かつ不完全なリーグ優勝の決定方式は、撤廃もしくは再構築が必要だと思う。(観衆36,609人、主審:西村雄一)

e0092251_2031697.jpg

by akira-takeuchi | 2015-12-07 20:22 | サッカー

J1第17節・ヴィッセル神戸vサンフレッチェ広島

サッカーは、時として試合の内容と最終的なスコアが乖離してしまう不条理な競技だ。今日はまさにそのような試合に立ちあった。個々の選手のクオリティやチームとしての戦術をはじめ、多くの点において優っていたのが広島であることは、誰の目にも明らかだった。しかし最終スコアは3-2、しかも勝ったのは神戸。どんな論理を持ってしても、この結末を説明することは私には不可能だ。広島の先制点につながる#10と#11のコンビネーションと、右サイドにいた#5から#10への2点目につながるクロスボールを見れただけで当日券の2500円の価値はあったと思うのだが、私の描くシナリオに唯一欠けていたのは広島の勝利という結末だった。

前半は試合のほとんどを広島が支配した。ボールの展開、スペースへの走り出し、ほとんどの局面において広島が優っていた。個人の速さや技術でDFを抜き去る場面も数多くあり、やりたい放題という印象だった。しかし後半になって、神戸は全体的に見違えるように動きがよくなった。神戸に勝因があるとするなら、この一点に尽きよう。後半の開始早々にFKで同点に追いつき、再度リードされても#7がGKと1対1になって同点ゴールを決めた。そして終了間際には#13の切り返しからPKの判定を頂戴し、これを#13が自ら決めて3-2と勝ち越し。その直後にタイムアップの笛。ヴィッセルをひいきに見ていた人には、これ以上ない劇的な展開の試合となった。しかし客観的に見ればサンフレッチェのサッカーのほうが優れており、広島侮れじという印象を強く受けた試合だった。観衆は10362人、少し蒸し暑いなかでの試合。

e0092251_1461851.jpg

by akira-takeuchi | 2007-06-23 21:07 | サッカー